一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。








   いつも訪問して頂きありがとうございます。

「食べ合わせ伝説」

...2018/07/22 09:12...

ここのところ、連日暑い日が続いております。
「本日は猛暑日となりました」 というニュースがここ数日、
各地から届きます。先週は、岐阜県では40 ℃ を超えたとか。

最近頻繁に耳にするので 「猛暑日」 という言葉は、
昔からあったと思っていたのですが、案外最近のことのようです。
気象庁は、水分をこまめに補給し、汗を多量にかいた場合は
塩分も補給したり、冷房を適切に利用したりするなど熱中症へ
の対策を十分にとるよう呼びかけていた。

各地で35度以上の猛暑日となり、1日で2600人以上が救急
搬送されて10人が死亡した。全国の学校では学校行事の最
中に熱中症の症状を訴える子どもが相次いだ。なのに、愛知
県の小学校で1年生の男児が熱射病 (熱中症の中で最も重
いもの) の疑いで,搬送先の病院で亡くなる痛ましい事故が
起こった。近くの公園で校外学習を行っていたという。校長は
「大事な大事な子どもの命がなくなってしまうということになっ
て、判断が甘かったなと痛感しています」 と話したという。

犠牲が出てからじゃ遅い。この地獄のような暑さで、連日気を
付けてと呼びかけていたのに、わざわざ校外学習を実行する。
子どもは強い日差しや地面からの照り返しの影響を強く受け、
放射熱も合わさり、体感温度を引き上げる原因になるのに、
引率の先生達は判断できなかったのかなぁ~。
親御さんの気持ちは計り知れない。涙が出る。ありえない。
守れたはずの幼い命。亡くなった男児の冥福を祈るとともに、
熱中症の危険をあらためて知るべきだろうと思います。

EE117528.jpg 
EE117519.jpg EE117558.jpg
さて、20日は土用の丑の日だった。会社に入社した頃、上司
がよく連れてきてくれた。ここでのうなぎは、当時の私にとって、
憧れのご馳走だった。勿論、今でも、とびきりのご馳走に違い
ないが、混雑しないうちにと家族で買い物の帰りに立ち寄った。
日本橋小網町の 「喜代川」。二階は、渡辺淳一原作の小説
「化身」 の舞台にもなったお店だ。明治7 年 (1874)) 創業。

熱いお茶を頂きながら待つこと約15分。
立派なお重が運ばれてきました。ふたを開けるとこうばしい匂
いが湯気と共に立ち上ります。箸を入れるとふっくら柔らかい。
しっかりと蒸され脂も落とされ,あっさりとした上品な味だ。タレは
やや辛めでスッキリとしています。硬めに炊かれたご飯もいい
塩梅です。ビールのおつまみに肝焼きも注文。やはりたまに
食べるうなぎは美味しい。会計時は女将さん、つり銭はパリッ
としたピン札。さすが、江戸うなぎをの伝統を引き継ぐ老舗です。

ウナギを食べたことだし、この夏も無事に過ごせそうです。
今日も真夏日のようで、きっと暑い一日となることでしょ。
皆さん、熱中症にはくれぐれも注意して、頑張ろう!!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「食べ合わせ伝説」

仕事がらみで、年に4~5 回、故郷の富山の
実家に帰る友人がいる。5 年前にリフォームした家には、
もはや思い出と重なる場所はないのだが、唯一、台所の
柱が、おばあちゃんの思い出として昔のままだという。

「火の用心」 の張り紙の下に 「食べ合わせ用心」 が、
縦に3 個、横に3 個、合計9 個の食べ合わせしてはいけない
食品が、子どもにもわかるようにように絵で描かれているのを、
先日、帰郷した時に見たという。

「鰻と梅干し」、「かき氷と天ぷら」、「カニと柿」、、「ナスと蕎麦」、
「酒とカラシ」、「ゴボウと鮎」、「大根と人参」、「マツタケとアサリ」、
「キュウリとコンニャク」。この張り紙、富山以外のところでも貼って
いるところがあるそうで、どうも昔々に富山の置き薬屋さんが
置いていったらしい。この食べ合わせでお腹を壊したら、うちの
薬を飲んで下さい、という宣伝シールだったかも知れないという。

言い伝えにはなにかしら意味があるようなものもあり、
無根拠のようなものもある。例えば 「ウナギと梅干し」。
これは鰻の脂と梅干の強い酸味が刺激し合い、消化不良を
起こすという説。でも、今では、「ウナギと梅干し」 は言い伝え
とは逆に、ウナギの良くない成分を梅干しが分解してくれるから
一緒に食べた方がいいのだという説もあるくらいだ。

「カニと柿」。蟹はビタミンB1 ・ B2 が多く、栄養の代謝を良くする
といった一面を持ちますが、傷みやすいといった面も持っています。
傷みやすい蟹と、消化の悪い柿の組み合わせ。蟹も柿も体を冷やす
ため、一緒に食べるとダブルパンチで身体を冷やす。山の幸と海の幸
の組み合わせでもある。昔は両方を一緒に食べようとすると、食材を
調達するまでに時間が要して、どちらかが傷んでしまうことが
あったため、食中毒になったという戒めでもあるそうです。

「酒とからし」。酒と同様に、辛子などの辛いものも血行を促すため、
高血圧、高コレステロールなどの生活習慣病を助長します。お~怖い。
対策としては、「きゅうり」 や 「トマト」、「セロリ」 など体を冷ます作用の
ある食べ物を一緒に摂ると吉とか。「大根と人参」。大根には、豊富な
ビタミンC が含まれているが、人参に含まれるアスコルビナーゼには、
ビタミンC を壊す作用があるという。ただし、アスコルビナーゼは熱と
酸に弱い。ですから、加熱するか酢やレモン汁などを混ぜると大丈夫。
よく、人参と大根を合わせて 「紅白なます」 を作りますが、
沢山のお酢を混ぜるので ビタミンC の破壊を防げる訳です。

「食べ合わせの悪い組み合わせ」 を 「合食禁 (がっしょくきん)」
ともいうそうです。一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いと
される言い伝えであり、一般に消化に害を来たすとされているようだ。

職場の年配の方などは、この話をすると子ども時分に、
この張り紙を見て育ったから、鰻屋のおしんこに柴漬けが入って
いるだけで、「これは梅のシソの葉で漬けたものだから、一緒に
食べたら大変、この鰻屋は何を考えているんだろう」 と思っていた
くらいだったという。「かき氷と天ぷら」 は、さすがに大人になって
から、水と油が腹の中で分解し、いかにも体に悪そうと思っていた。

ところが、水と油を混ぜる方法が開発されたという。
ある大学の研究で界面活性剤を使わずに、水と結びつきやすい
微粉子を加えることによって、水と油をまぜ長期間分離しない
技術 (三相乳化法) を開発。これを利用した新燃料を使うと、
大気汚染を招く窒素酸化物 (NOx) を大幅に削減でき、
地球の温暖化防止に役立つのだそうです。画期的なことです。
そうなると 「あの二人の仲、まるで水と油だね」 という
言い回しも通用しなくなるかもしれない。

世界各地の紛争も 「水と結びつきやすい微粉子」 のような
仲人が現れ 「二国乳化法」 技術で、戦争防止につながれば、
もう言うことないのだけれど・・・・・。「武士は食わねど高楊枝」
と言いますが、やはり 「腹が減っては戦は出来ぬ」。
どちらが正しいかは志次第、その時の気持ち次第。運次第。
連日の猛暑、食べ合わせもよいのだが、食あたりに注意したい。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「第72回 みたままつり」 靖国神社 2018

EE116365.jpg
今年、入社した後輩たちが 「みたままつり」 が見たいというので、
案内役をしながら、娘とかみさんは近所の方と夜店や盆踊りやら
楽しんで帰り、 私は同僚や後輩達と一通り見回ってから、例の
ごとく宴会です。 「みたままつり」 は、東京の夏の風物詩として
親しまれています。夜店や屋台の出店が中止されていましたが、
今年は4年ぶりに夜店の出店が再開されて楽しめました。

EE116499.jpg 
EE116448-1.jpg EE116353.jpg
まずは拝殿前に出向いて参拝をすませなければ・・・・・と、
やっと拝殿前に辿りつき、丁寧に二礼二拍一礼し英霊にご挨拶。
英霊への感謝と平和な世の実現、二度と戦争の悲劇を起こしては
ならないと誓います。拝殿の奥が本殿で、246万6千柱の神霊が
祀られております。本来の意味に立ち返って、心静かに手を合わ
せる人が多かったです。 合掌

「靖国神社」
靖国神社は、明治2年 (1869)、当時長州藩の医師であった大村
益次郎の案により、戊辰戦争での戦死者を慰霊することを目的に建
立された。東京招魂社が始まりで、明治12年 (1879) に 「靖国神社」
と改称されて今日に至っています。 靖国神社には現在、幕末の嘉永
6年 (1853) 以降、明治維新、戊辰の役 (戦争)、西南の役 (戦争)、
日清戦争、日露戦争、満洲事変、 支那事変、大東亜戦争などの国
難に際して、ひたすら 「国安かれ」 の一念のもと、国を守るために尊
い生命を捧げられた246万6千余柱 の方々の神霊が、身分や勲功、
男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊 (靖国の大神) とし
て斉しくお祀りされています。吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡
慎太郎など教科書に出てくる幕末志士も合祀されています。そして
太平洋戦争のA級戦犯も、 殉難者として祀られているので 「靖国
問題」 として政府閣僚が参拝したなどとマスコミが騒ぐわけです。

EE116566-1.jpg 
EE116556-1.jpg EE116564-1.jpg
東京は午後7時頃でもかなり明るいです。日本一の巨大な大鳥居
を進むとガランとしていました。(笑) そして境内の参道には、以前、
およそ200店舗の露店が軒 を連ね、 期間中は押すな、押すなと
参拝者でにぎわっていました。が、今年 も鳥居をくぐった先にある
景色はというと・・・・・見よ! この閑散と した風景を!! (下左)
露店がなくなり、神社の入り 口まで隙 間がないほどだった以前
とは様変わりです。 今年から露店も再開のはずが何もない!
スムーズに神門までたどり着き、振り返ったら結構な人出。(上)
絶え間なく人が湧き出る感じで人が増えていきました。

EE116503.jpg 
EE117438-1.jpg EE116506.jpg
「御神門」
この先は、第二鳥居 (下左) から神門 (上)、さらに奥の拝殿は聖
域の場所です。 内苑は飲食持ち込み禁止なのです。雰囲気も変
わり厳かになります。 外苑と違って、英霊を参拝する方達が一礼
してから厳かに進みます。祭りの雰囲気が一変する場所でもある
のです。

第二鳥居は、明治20年 (1887) に建てられた青銅製の鳥居 と
して は日本一の大きさを誇ります。「神門」 は昭和9年 (1934)
に建てら れたもので、高さ6メートルの檜作りの門です。神門の
奉納七夕飾り も立派なものです。七夕飾りも夜になると雰囲気
が変わります。七夕飾りは、宮城県護国神社から奉納された
もののようです。 (下右) 今ではすっかりお馴染みの光景です。
毎日、閉門の時間帯には飾りを取り外す様子も見られますよ。
「みたままつり」 終了後、飾られた七夕は地元 「仙台七夕まつり」
でも飾られるそうです。

EE116393-1.jpg EE116420-1.jpg 
EE116419.jpg 
近年では祭りに予想を超える人が集まり、露店で狭くなった参道は
危険性が増していること。また、祭りに集まった若者が遅くまで酒を
飲んで騒いだり喧嘩をしたり、周辺にごみを散らかすなど、若い女
性からは 「しつこくナンパされる」 といった声もあったという。 近隣
の住民から苦情も寄せられ、神社側も近年、警備員を増やすなど
対策を講じたが 「状況が改善しなかった」 ために、2015年から
すべての夜店 ・ 屋台の出店は中止となっていました。モラル低下
が招いた代償は大きかった。

みたままつりでは、露店の出店が見合わされていましたが、御創立
150年記念事業の外苑整備工事などの見通しが立ったため、外苑
の大村益次郎銅像周辺での出店が再開されました。参道の横の広
場付近なので、参道はスムーズでしたが、店の周りは人で大混雑。
子ども向けの露店など約50店舗が出店されていました。「祭り」 に
は露店が付き物です。以前の雰囲気が戻った感じです。が、若者
のモラルは・・・・・・果たして?

EE116373-1.jpg 
EE116371-1.jpg EE116378-2.jpg
「みたままつり」 期間中は、神輿振りや青森ねぶた、江戸芸かっ
ぽれといった奉納行事、盆踊りなどが行われます。この日は、参
道で 「青森ねぶた」 山車が奉納されて、「みたままつ り」 の一役
を担っていました。 人混みの中を練り歩く姿は、まさしく 夏祭り。
各地の郷土文化や芸能が集まり、戦地で苦しみなが ら亡くなっ
た戦死者を全国の人々が心を合わせて慰めるのです。 この日、
らっせーら! 大迫力の 「ねぶた」 が披露されました。 猛暑の中
での踊りは大変です。皆さん汗だくで踊っていました。この日は
特に暑かった~。見るのも踊るのも大変です。

EE116387-1.jpg 
EE116385-1.jpg EE116381-1.jpg
小休止した後、観客が囲んだところでも披露されましたが、何せ
暑いので、踊り子さんは、跳んだり跳ねたりする為に一分と持ち
ません。それでも頑張って踊ってくださいました。拍手喝采です

「青森ねぶた祭り」
毎年300万人が観覧に訪れる、日本を代表する夏祭りです。
豪華で勇壮な 「ねぶた」 を豪快に曳きまわす姿と、ラッセラー
の掛け声とともに乱舞する 「跳人 (はねと)」 の演舞は圧巻です。
掛け声のラッセラーの意味は 「酒やロウソクを、いっぱい出せ」
がなまって 「イッペーラセ」 となり 「イッペーラッセ」 の 「ラッセ」
だけが残ったものだといわれていますが、青森ねぶた祭りの
ときのラッセラーはなんとなく酒をもっとだせ (お祭りとお酒は
つきものですから) といっているように聞こえますね。(笑)
ぜひ本場で 「ねぶた祭り」 を見たいものです。

EE116554.jpg 
EE116548.jpg EE116518.jpg
やっと日も暮れて辺りは一変、おごそかな雰囲気と静けさが漂い
ます。 ここは独特の雰囲気に包まれています。 掃き清められた
境内は、張り詰めたような雰囲気が漂っていました。 明らかに威
圧感にも 似た 「とても強力な何かが存在する気配」 を感じるの
です。滅多に霊的な存在を感じることも無かった自分としては、
何とも落ち着かない、不思議な場所でもあるのです。

本殿では毎夜、英霊を慰める祭儀が執り行われます。
この靖國神社には、明治維新のさきがけとなって斃れた坂本竜馬、
吉田松陰、高杉晋作といった歴史的に著名な幕末の志士達をはじ
め、沖縄戦に動員された 「鉄血勤皇隊」 の男子学生や 「ひめゆり
部隊」 の女子学生、従軍看護婦なども含まれ、学童疎開船 「対馬
丸」 の死没者も合祀されているようです。さらには当時は日本国民
だった約5万人の台湾・朝鮮出身の軍人・軍属など、その他、境内
には戦争で使った軍馬や軍犬、軍鳩の慰霊塔もあります。

EE116605.jpg 
EE116623.jpg EE116686.jpg
「みたままつり」 は、昭和22年 (1947) に戦没者の慰霊を目的に
始 まり、今年で72回目。 東京のど真ん中で行われる夏祭りとして
多く の都民に親しまれており、多くのアイドルや若手芸能人が訪れ
ること でも知られています。 大小3万個を超える奉納提灯が彩られ、
参道 には例年、阿波踊りや神輿振り、青森ねぶた奉納がなされ、
約30万人が集う 東京の夏を代表する夏祭りの一つです。

EE116691.jpg
靖国神社の外苑参道沿いに約1万個の大型提灯と、内苑に約2万
個の小型提灯が掲げられ、境内が献灯 (みあかし) の黄金色の光
に包まれます。「みたままつり」 は、国のために尊い命を捧げられた
英霊を慰める行事として、靖国神社にて日本古来のお盆にあたる
期間に毎年行われている夏祭り。何かと目の敵にされる神社です
が、基本的には戦争で亡くなられた方々を祀った神聖な場所です。
すべてではありませんが、ここに祀られている方々のおかげで、今
の日本があるのだと思い、お参りさせていただきました。この神社
を賛成する人も反対する人もいるけど、ここに祀られることを信じ
て戦死した人もいるので、しずかにお参りするべきだと思います。

EE116570.jpg EE116571.jpg
EE116531.jpg EE116533.jpg
参道に入ってまず多くの人たちの目を引くのが黄色い提灯。参道
の両側に、ずらーーっと提灯が飾られていて圧巻です。靖国神社
の正面玄関にあたる大鳥居から拝殿までは、約700m の距離に
明るい黄橙色の提灯がずらりと装飾されています。靖国神社の夜
を彩っていて、なんとも幻想的です。 この付近の提灯には、著名
人の名前の入ったのも多くありました。元首相小泉純一郎氏や
息子さんの小泉進次郎さんの大型献灯もありました。 (下左)
毎年、ご遺族 ・ 戦友をはじめ、多くの崇敬者から奉納の 「みあ
かし (献灯)」 が境内いっぱいに掲げられ、光の祭典と呼ぶに
ふさわしい賑わいを見せます。

EE116578.jpg
明るい黄橙色の提灯がずらりと装飾されています。靖国神社の夜
を彩っていて、なんとも幻想的です。 靖國神社は6月29日に 「御
創立記念日」 を迎え、明治2年 (1869) に創建されて、今年で
149年目となりました。いよいよ来年、150年を迎えます。

日が落ちると、遺族らから献灯された提灯が 「英霊のためのみあ
かし」 として点灯され、青いサーチライトに照らされ境内は幻想的
な光に包まれます。提灯の数も半端じゃない。なにせ3万個です。
「昼みたいに明るい」 とまでは言えないが、オシャレなカフェバー
よりは明るい。(笑) 御霊よ安らかにの願いを込めた献灯の数々。 
普段とは異なる幻想的な雰囲気です。

EE117440-1.jpg 
EE116472-1.jpg EE116490-1.jpg
「小型献灯」
みたままつりのシンボル、宵闇に浮かぶ提灯。境内内苑に掲げられ
る約2万灯の 「小型献灯」 は、慰霊 ・ 鎮魂の行事として昭和35 年
(1960) に、遺族・戦友・崇敬者の方々のご奉納によってはじめられ、
今日まで毎年大切に続けられてきました。

御神門をくぐれば、おごそかな雰囲気と静けさが漂います。本殿前
に来ると違った種類の提灯がたくさん並んでいます。 「みたままつり」
の献灯は、英霊への感謝と平和な世の実現を 願って掲げられるもの
で、どなたでも申し込むことができます。 一般の方も献灯すれば、名
が記載されます。 ちなみに小型献灯 (1灯) は、3.000円からのよ
うです。 九段の夜空を美しく彩り、「光の祭典」 と呼ぶにふさわしい
佇まいを見せてくれます。

EE116467.jpg 
EE116460-1.jpg EE116476.jpg
夕刻になると、すべての提灯に明かりが灯り、境内は幻想的な光
に包まれます。数え切れないほどの提灯の明かりが幻想的で人々
は興奮気味。 境内中が光の波また波~、暖かな灯火に目を奪わ
れます。

「みたままつり」 は、戦没者というと重々しい雰囲気のようですが、
どちらかと言えば、昼は年配の方が英霊をお慰めし、夜は若者
たちで祭りを楽しむ。そういうごちゃ混ぜな感じが 「みたま祭」
なのです。堅苦しくなくにぎやかなお祭りなのです。それ と芸能
人の出没も多く、みたままつりと麻布十番祭りは芸能人の目撃
確率が高いようです。プライベートで遊びに来ている芸能人の
方 は、そっとして置いてあげて欲しい気持ち半分、めったに会
えない芸能人を一目みたい気持ち半分と複雑ですね。(笑)

EE116324.jpg 
EE116333.jpg EE116332.jpg
「懸ぼんぼり ・ 献句ぼんぼり」
みたま祭りと言えば、各界の名士達が書や絵を寄せるこの 「懸ぼ
ん ぼり」 という行燈も名物です。四角い紙製の行燈の外側に墨や
絵の具で書かれたものを内側から照らしだします。 400点ほどが
本殿 敷地内に掲げられて、今年も見ごたえたっぷりでした。著名
人の メッセージやイラスト入りの行燈は、眺めているだけでも面白
です。また著名人の献句・全国から献句され選ばれた預選句など
の 「献句ぼんぼり」 も掲げられています。

EE116331.jpg 
EE116259.jpg EE116261.jpg
みたままつりの 「みたま」 は漢字にすると 「御霊」 と書き ます。国の
ために殉された魂を弔うお祭りでもあるということが提灯 からもわか
りますが、お祭りの名前自体にもその思いが込められて いるのです。

「青木孝 (画家)」 (下左)
「七轉八起」。7回転んで、8回立ち上がる意から、何回失敗しても
くじけず、立ち直ってどこまでもやりぬくこと。多くの失敗にもめげず、
そのたびに奮起して立ち直る。 転じて、人生には浮き沈みが多い
ことの例えですね。失敗したり成功したり変転の激しいことですから
諦めない気持ちが大切なんですね。

「大林素子 (元バレーボール選手)」 (下右)
「人生一秒一日を重ねてきたことが、今のあなたを築いてきました。
今日からの一日が、また、新しいあなたをつくっていくのです。これ
からも、自分色の花を咲かせて下さいね」。大林さんは、小学校に
入ると身長がぐんぐん伸びて小学6年では170cmとなり、長身を
からかわれるなどコンプレックスとなっていったが、小学4年の時
にテレビアニメ 『アタックNo.1』 の再放送を見たのをきっかけに、
コンプレックスだった長身が武器になると、中学ではバレーボー
ル部に入部したようです。さすが、お盆の行事でもある祭に相応
しい 大林素子さんの御言葉。

EE116318.jpg 
EE116267.jpg EE116270.jpg
ぼんぼりを見るとお盆だなぁと思います。中の光から浮かび上がる
絵は何を訴えているのでしょうか。デヴィ夫人の絵もありました。(上)
デヴィ夫人の肩書き 「国際文化人」 に思わず苦笑い。でも結構、
人気で意外と絵も上手でした。 (笑) 

「市田ひろみ (服飾評論家)」 (下右)
「恩 わすれたら あかん」。以前、外国の方を禅に案内した時に、
住職がこんなことを話されていました。古来より、人は恩を知り (知
恩)、心より感じ (感恩)、それに報いなければいけない (報恩) と
いうのがあります。恩という 字 は 「因」 に 「心」 と書きます。恩を知
ることや、恩を感じることは、私たちの 「心に因る」 のです。ですか
ら、もし私たちが誰かに親切にされた時、素直な心を持っていれば、
その恩に感謝して自然とそれに伴った行動がわき起こってくるもの
なのです」。 「時報を知らせる、あの鐘はなぁ、ゴォーンと鳴るやろ? 
他人のご恩を思い出せということなんや。忘れたらあかんなぁ・・・」
と、鐘の鳴る音に意味があるんですね。

「伊東四朗さん (俳優)」 (下左)
「七十余年、この國が戦禍にまみえなかったのは 「平和憲法」 の
お蔭だけだったのでしょうか。世界は動いています。いつまでも
この國が 「日本」 であって欲しいですね」。毎回、心に響きます。
でも、忘れた人にも思い出させる浜木綿子さんのぼんぼりの言
葉が嬉しいです。『こころ荒れた日 花をみれば 花は静かに
咲く』 と記されていました。 其々のぼんぼりに感銘を受けます。

EE116326.jpg 
EE116290.jpg EE116269.jpg
数え切れないほどのぼんぼりの明かりが幻想的で人々は興奮気味。
境内中が光の波また波~、暖かな灯火に目を奪われます。そして、
そこに描かれた絵や言葉に心が奪われ癒されます。

「小泉純一郎 (元内閣総理大臣)」 (下左)  
「過則勿憚改」。過てば則ち改むるに憚ることなかれ、つまり過ちては
改むるに憚ること勿れとは、過ちを犯したことに気づいたら、体裁や
対面などにとらわれず、ただちに改めるべきだという戒めの言葉です。
人間、自分の犯した過ちを認めるのはなかなか難しいですし、さらに
それを改めるというのはなお困難なことだと思います。特に長い習慣
であるようなときなど。けれども、よくないと思ったらきっぱりと辞める
ことができる、そういう精神の強さを養っていきたいと思いますね。

「石坂浩二 (俳優)」  (下右)
「断而敢行、鬼神避之」。これは中国の歴史家、司馬遷 (しばせん)
がまとめた 『史記』 の (李斯伝) の中にある言葉ですよね。これは、
決意のもとに事を起こそうというとき、小さな心配事などせず、断固
たる意思で行動するということだ。強い氣持ちで事に望む姿からは、
迫力、真剣さ、本氣さが感じることが出来る。断固たる意思のもと、
言い換えれば 『信念』 のもと、起こす行動には、たとえ鬼神とて
それを避けてしまう。何よりも大切だと思うことは、ガオオーー!!
と吼える 『本氣さ』 が必要なのだ。高校の運動部などで、よく座右
の銘にしている処が多いですよね。「決意を持って敢行すれば、
困難なことでも必ず成功する」 ということです。

EE116546-1.jpg EE116537-1.jpg
EE116538.jpg EE116547-1.jpg
みたままつり期間中、毎年遊就館前では 「全国有名燈籠展」 が
開催されています。地元の懐かしいお祭をご覧戴こうと全国各地
から奉納された灯籠や提灯が展示されています。 (上左)

「福岡八女提灯 (福岡県)」 (上右)
典具帖紙に類似した薄紙を用いて仄か (ほの か) に内部が透ける
ようにし、これに山水・草木・花鳥等の幽邃 (ゆう すい) なる色彩文
画を描画した素朴なものです。 提灯は墓地等に 吊り下げて使用す
るほか、涼み提灯として盛夏の折節に軒下や 楼上等にかけて納
涼用として利用されるようです。
「弘前ねぷた (青森県)」  (下左)
弘前ねぷたまつりは、青森県弘前市で8月の初旬に行われるお祭り。
弘前ねぷたは、扇ねぷたが中心ですが、表の絵 (鏡絵) と裏の絵
(見送り絵) には違いがあります。この動と静の対比が弘前ねぷたの
魅力のひとつのようです。 ねぷたとは、夏場の農作業中のけだるい
睡魔を追い払い、病気や怪我などの厄災を水に流す 「眠り流し」 が
原型で、『眠り流し→ねむた流し→ねむた →ねぷた』 と変化した。
「秋田湯沢絵灯篭 (秋田県)」 (下右)
秋田藩佐竹南家に京都からおこし入れされた姫君が京への郷愁を
五色の短冊に託し青竹に飾りつけたのが始まりとされ、約300年の
歴史あるお祭り。浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろ
うが、夕やみの夜空を艶やかに彩ります。七夕にちなんで秋田県
湯沢市で毎年行われている祭のようです。

EE116617.jpg 
EE116603.jpg EE116675.jpg
昔、初めて ”みたままつり” を見に行った時、敬虔な気持ちでお参
りしに行ったのに、なんと境内は露店やお化け屋敷とかがあって、
すごく楽しい場所だったのが逆に新鮮で驚いた。「これが靖国神
社のフトコロの深さなのかなぁ」 と、逆に感動したものです。ジャー
ナリストの池上彰さんがテレビで 「靖国は昔はテーマパークみた
いだった」 と解説していたのを聞いて、なるほどそうなのかと感じ、
さらに靖国に親近感を感じたものです。でも・・・祖先を敬虔に敬う
気持ちと、楽しく遊ぶ気持ちは、こちら側のマナーと節度でバラン
スを保たないといけないものです。そこらへんのところが、これま
ではうまくバランスが保ててたけど、最近の不謹慎ぶりは目に余
るのでしょう。靖国神社も、苦渋の思いで屋台の中止を決断され
たのだと思いますよ。でも再開されて良かったです。マナーを守
って、あらためて、しめやかにお参りすることにしましょう!

EE116588.jpg
屋台はお祭りの大きな楽しみのひとつだが、そもそも 「みたま (御
霊) まつり」 は英霊 (祀られた戦死者) を慰める行事。本来の目
的を忘れないよう襟を正そうというわけですから、多くの若者が真
摯に参拝! その姿を拝借して涙が出そうになりました。若者が
自覚したのでしょう。今回、ある程度、暴走を食い止めることが出
来たかもしれません。

「みたま祭り」。華やかさと静寂。賑わいと厳粛さのコントラスト。
おごそかな雰囲気もあり、静けさが漂います。提灯の明かりが幻
想的で、九段の夜空を美しく彩り、静かに暮れゆきます。 この国
を守るために、尊い命を落とした人がいるからこそ今の平和な日
本があるのだと思います。お国のために命を捨てる時代が二度
と来ないように・・・・。 今年で73年目の終戦記念日です。

忘れたい 忘れたくない 終戦日





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
09 ⇔ 2018/10 ⇔ 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する