一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。






いつも訪問して頂きありがとうございます。

西郷どん 「愛の物語」

...2018/06/24 16:12...

日本チーム、勝利、おめでとう!
サッカー ・ ワールドカップの日本チームの初戦、
日本対コロンビア戦。絶対に、熱狂的なサッカー
ファンではない私ですが、それでもやはりこの結果
は嬉しいです。きっと、サッカーファンも、私同様に
この期間は、にわかサッカーファンとなっている大勢
の日本の方々も、ここは素直に喜んでおきましょう。
ただ、次の相手、セネガルが調子よさそうなのが・・・・、
ちょっと心配。日本、頑張ってグループリーグ突破
して下さいよ!!!

判で押したよう?
先週は、職場で健康診断がありました。
いろいろな検査の結果が出てくるのは先ですが、
測ったところで、すぐに数値の分かる身体測定の
結果を見て思ったのが、判で押したようというもの
でした。だって、身長も体重も去年と同じ。

身長なんてもう伸びるはずがない。ついでに、血圧
測定の結果もまったく同じ。トレーニングとか、結構
頑張ったので脂肪が減って、ちょっと体重も減って
いるかな・・・なんて密かに期待していたのですが、
そんなに簡単に結果は出てこないと言うことですね。
ガンバレ日本!、ガンバレ takasan! (笑)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

西郷どん 「愛の物語」

波乱の人生を送った西郷隆盛ですが、
5 年間、離島へ流罪になった時期があります。その中で、
3 年間を過ごしたのが奄美大島。さらに、奄美大島で
出会った島娘、愛加那と出会い結婚をします。本日は、
その愛加那と西郷どんの 「愛の物語」 を語っることにします。

安政の大獄で幕府の 「お尋ね者」 となった薩摩藩の
西郷隆盛は、藩命により奄美大島に名を菊池源吾と改め
身を潜めた。藩命は罪人としての 「遠島」 ではなく、
幕府の目から逃れるための 「潜居」 でした。

すべてに絶望し、かたくなに心を閉ざしてしまう西郷どん。
不遇な身の上の西郷を世話することになったのが愛加那。
一度逢ったら誰もが惹き込まれるという澄んだ瞳の娘でした。
「愛加那 (あいかな)」 の幼名は於戸間金 (おとまがね) と
いい、於と金は敬称なので、本名は 「とま、とうま」 でした。
やがて島民たちが薩摩からの搾取に苦しんでいること
を 「とうま」 から聞き、がくぜんとする菊池源吾でした。

弱い島民を虐める政治に義憤を感じて、島の役人と
掛け合いついには、搾取を止めさせることに成功します。
暮らしに馴染み、住民に学問を教えるようになります。
島での生活で、「とうま (愛加那)」 らの優しさに触れ、
お互いの文化の違いから当初は反発し合うが、やがて
愛し合うようになり、愛加那は西郷の 「島妻」 となります。

旦那様、私に名前ば付けて下さい。島の女は嫁に行くと
名前が変わります。島では名前の下に 「加那」 を付けて
呼びます。そんなら 「愛」 はどうじゃ。愛・・・加那? 
そう 「愛加那」。結婚したときに西郷が 「愛」 の名を与え、
とうまは、愛加那 (今風に愛ちゃん) と名を変えました。

愛加那は訪ねます。旦那様の本当の名前を教えて下さい。
わしか、西郷吉之助じゃ。もうその名を捨てた。
おいは菊池源吾として、この島で愛加那と生きる。
ありがとう、私の旦那様。島に来て2年。元気な男の子だよ。
吉之助と愛加那に長男の菊次郎が生まれます。
「海の向こうから来た夫」 と幸せな日々を過ごします。

やがて、藩主 ・ 島津久光から吉之助への召還命令が
下ります。井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されたのです。
藩主からの命令です。愛加那に別れを切り出せない吉之助。
当時、薩摩藩には島妻 (とうさい) 制度があり、島妻を
連れ帰ることは許されなかったのです。吉之助の苦しい
胸の内が目に見えるようではございませぬか。

薩摩へ帰りなさい。旦那さんの魂は薩摩に向いておる。
ここにいるのは愛加那の旦那様ではなくて、薩摩の
西郷吉之助じゃ。泣きながらそう叫ぶ愛加那には・・・・、
次の子が宿っていたのでした。何という事でしょう。クスン
愛加那と菊次郎は愛しい、しかし、旦那様にはそれ以上
に果たせねばならない勤めがある。愛加那にはそれが
分かったのでしょう。吉之助は、愛加那と最後の別れを
して薩摩に戻ります。

藩命で呼び戻された西郷であったが、大久保利通の讒言
によって島津久光の怒りを買い、命令違反で帰還からわずか
2 カ月後に捕縛され、今度は徳之島への 「遠島」 の藩命が
下ります。この頃、京都では寺田屋騒動が起こっています。
そして、「生麦事件」 が起きます。島津久光のいる大名行列
を横切ったイギリス人に腹を立てた薩摩藩士が、イギリス人
を斬ってしまったのです。絶えず揺れ動く政局は、いよいよ
西郷隆盛の存在が必要不可だと判断した薩摩藩でした。
藩主に翻弄されながらも再び藩命によって召喚命令されます。

西郷は、沖永良部島から薩摩に戻る途中、奄美大島に
立ち寄り数日間、愛加那と親子水入らずの日々を過ごします。
ひたすらに西郷どんと家族を愛した愛加那ですが、その同居
生活は2年程に過ぎなかったのです。これが愛加那の西郷
との永劫の別れでした。 西郷はその後、戊辰の役で勝利して
鹿児島に凱旋したあと、隠居するつもりであったが、薩摩藩主
・島津茂久(忠義) に請われ、藩の参与に就任します。
奄美大島に行くことができなくなったのです。

奄美大島での3年間は、激動の西郷どんの人生では、
例外的に長閑な時間でした。夫婦仲もよく、島の人々とも
打ち解けた西郷どんは、このままお呼びがないなら島に
骨を埋めようとも思っていたのです。あの島津斉彬も認めた
「すごい人」 西郷でさえ、どん底に落ち込んてしまった時には、
誰かの助けが必要だったのです。それが島民であり、愛加那
が傷心の西郷どんの心を癒していたのかもしれません。

一方、愛加那は生涯、奄美大島を出ることなく独り、浜昼顔の
ように、西郷が残した家に住み、田畑を耕しながら過ごします。
雨の降るなか一人で畑に行き、農作業の途中で倒れ、そのまま
息を引き取りました。西郷が西南戦争で自決してから25年が
たっていました。西郷にとって、奄美大島での家族水入らずの
3 年間は最も幸せな時期だったであろう。「島妻」 という悲しい
運命にありながらも西郷を愛し続けた愛加那。この稀代の英雄
西郷隆盛には,一人の女性 「愛加那」 が支えていたのでした。

                          ―― おしまい ――

------------------------------------------------------------------------------------------------------

  「西郷どん」  NHK大河ドラマ特別展
      東京藝術大学大学美術館

EE111054-1.jpg
2018年NHK大河ドラマ 「西郷どん」 の放送にあわせて、主人
公 ・ 西郷隆盛に関連した資料や文化財を通じ、ゆかりの地の歴
史や文化、歴史的な出来事を紹介する展覧会があるというので、
東京藝術大学へ行って来ました。芸術や音楽を学ぶ学生の作品
や音楽を聴きに文化祭にはよく行くのですが、展示会は滅多に
ありません。歴史好きとしては、胸躍る気持ちで・・・・イザ!

EE111061.jpg 
EE111064.jpg EE111066.jpg
「東京藝術大学 ・ 大学美術館」
国立博物館前の通りから谷中方面へ進むと、樹木の間から一際高
いコンクリートの建物が見える。 ここが藝大の美術館です。 目的が
無い限り、ほとんど訪れる機会はないのだが、道行く人は学生では
なく一般の方ばかり。 不安が見事に的中、皆さん藝大の美術館へ
吸い込まれていきました。なんと歴史好きの方が多いこと。

NHK大河ドラマ特別展 「西郷どん」
会期     2018年5月26日 (土)~7月16日 (月)
会場     東京藝術大学 ・ 大学美術館
開館時間   午前10 時から午後5時まで
入場料    一般1,500円  高校生 ・ 大学生1,000円

EE111060.jpg
明治維新から150年、本展覧会では、西郷隆盛や大久保利通の
ゆかりの品、篤姫愛用の着物や調度品など、「本物」 の美術品や
史料を多数展示。幕末から明治にかけての激動の時代をけん引
した西郷隆盛の魅力的な人物像を浮き彫りにし、歴史的な出来事
を紹介する展覧会です。

スタートして、はや半年を迎えようとしているNHK大河ドラマ 「西郷
どん」。これまであまりフィーチャーされてこなかった青年期や、愛
加那との出会いにより本物の愛を知る姿など、従来のイメージとは
異なる西郷隆盛の魅力にハマった方にお勧めしたいのが、東京藝
術大学美術館で開催中の大河ドラマ 「西郷どん」 の特別展です。

EE111058-1.jpg
「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」 と信じ、故
郷を愛し、民を愛し、国を愛し、 “見返りを求めない愛” を与え続
けた男を、人は親しみを込めて、『西郷どん (セゴドン)』 と呼んだ。

薩摩 (鹿児島県) の下級藩士の家に生まれた西郷隆盛 は、両親
を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働きます。やがて
薩摩藩主の島津斉彬に目を留められた西郷は、島津斉彬の密命
を担い江戸へ京へと奔走し、薩摩のキーパーソンとなっていきます。
多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士
に過ぎなかった素朴な男は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、
たぐいまれ 「勇気と実行力」 で、明治維新を成し遂げます。

「プロローグ」
最初に入口で出迎えてくれるのは、庄内藩士 ・ 石川静正が西郷
没後に描いた肖像画。また、薩摩藩独特の剣法を伝える 「示現
流秘伝書」 や薩摩武士の教養ともされた 「薩摩琵琶 (銘 木枯)」
等、ルーツとなる薩摩藩の風土を紹介。

      EE111036.jpg
      「西郷隆盛肖像画」 石川静正筆 個人蔵 
これがホントの西郷どん!? 地下2階の展示室で一番最初に出迎
えてくれるのが、庄内藩士・石川静正筆の「西郷隆盛肖像画」です。

西郷隆盛の実像に迫る必見の肖像画。生前の西郷隆盛に幾度も
接した庄内藩 (今でいう山形県鶴岡市、酒田市) の藩士 ・ 石川静
正が西郷没後に描いた肖像画だそうです。その出来を、西郷隆盛
を知る多くの人が称賛したことから、もっともよく風貌をとらえたもの
とされています。眉が太くて、目が大きく、恰幅よいというのは共通
していますが、こんなに有名人なのに、本当の顔がよくわからない
とは不思議なことだと思いますね。「命もいらず、名もいらず」。愛犬
を連れて狩りへ出かけ、温泉に浸るひとときをこよなく愛したという
西郷隆盛のイメージにピッタリな顔立ちだと私は思っています。

EE111026.jpg
「示現流秘伝書」  鹿児島県歴史資料センター黎明館
示現流 (じげんりゅう) とは、薩摩藩を中心に伝わった古流剣術の
こと。薩摩藩内では江戸後期に島津斉興より御流儀と称され、藩外
の者に伝授することを厳しく禁じられていたそうです。人間には 「無
我夢中になってしまうと左右の振り下ろし攻撃を交互に繰り返す」 と
いうクセがあり、もし実戦でそのような状態になってしまっても敵を倒
せるよう、袈裟斬り ・ 逆袈裟斬りを徹底的に練習するのだという。

第1章 「船出」
名君 ・ 島津斉彬に取り立てられ、志士として奔走する西郷隆盛。
島津家から徳川将軍家に嫁ぐ篤姫の婚礼担当も務めました。西郷が
生涯思慕の念を抱きつつけた斉彬ゆかりの品々の他、展覧会初公開
品を含む、篤姫所用の華麗な調度品や着物等が展示されています。

EE111042.jpg EE111041.jpg
篤姫 (天璋院) は、薩摩藩島津家の一門に生まれ、島津本家の
養女となり、五摂家筆頭近衛家の娘として徳川家に嫁ぎ、江戸幕
府第13代将軍徳川家定の御台所となった人物。渋谷の藩邸 (現
常陸宮邸) から江戸城までの輿入れは先頭が城内に到着しても
最後尾は依然、藩邸にいたという話が伝えられています。凄~い。

「天璋院所用 薩摩切子 藍色栓付酒瓶」  德川記念財団 (左)
薩摩藩が幕末から集成館事業 (洋式産業事業) の一環として生産
させた薩摩切子。このカットガラスは、篤姫の婚礼の際に島津斉彬
が持参させたものとされています。淡い藍色の地に、亀甲文様とス
トロベリー・ダイヤモンド文様が刻まれています。薩摩切子は、当時、
最先端の技術を駆使した故郷 ・ 薩摩の工芸品でした。
「天璋院所用 小袿」  公益財団法人德川記念財団 (右)
気品を放つ篤姫の着物 は、篤姫 (天璋院) の美意識を反映したす
っきりしたデザインが印象的。 平安時代は身分の高い方ほどくつろ
いだ衣装を着るため、中宮の装束は小袿 (こうちき) でした。小袿は、
表と裏の間に中陪という裂地が入って衿、袖口、裾がオメリとなって
三重になっているとか。また、篤姫所要の華麗な調度品等も展示。
大河ドラマの 「西郷どん」 では、西郷が篤姫の輿入れ道具を準備
する様子が放送されましたが、もしかしたらこの着物にも西郷が
関わっていたかもしれませんね。

EE111044.jpg EE111037.jpg
「伝島津斉彬所用 紫糸威鎧」 京都国立博物館蔵 (左)
西郷隆盛を取り立てて、飛躍のきっかけを与えた薩摩藩主・島津
斉彬所用と伝える大鎧です。大鎧とは平安時代から鎌倉時代に
かけて制作 ・ 使用された甲冑の形式のひとつです。本来騎馬武
者が着用するもので、歩兵戦に重きが置かれるようになると衰退
を余儀なくされましたが、江戸時代になると逆に復古調の鎧が好
まれました。処々に島津氏の家紋である轡 (くつわ) 十文字と
五七桐を配しています。鎧の美しさには目を見張ります。
「奥奉公出世双六」  東京都江戸東京博物館 (左)
奥務めの女性の出世を題材とした双六です。各マスには様々な奥
仕えの身分や役職が描かれています。双六とはいえ、大奥におけ
る役職や役目について、詳しく知ることのできる面白い資料です。
このような双六を 「出世双六」 と呼び、江戸時代から明治時代に
かけて多種多様な出世双六が刊行されたようです。江戸時代は
身分制社会です。「御三家」 の家に生まれないかぎり将軍になれ
ませんが、女性ならば武士の家に生まれなくとも将軍の母になる
可能性はあるかもしれないという、江戸時代の女性の夢物語を
描いているのかも知れません。他にも所用品が多数展示。

EE111053.jpg
素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。彼に出会ったものは皆、西郷が
好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも “笑いと愛と波乱”
が満ちていた。日本史上に残る 「革命家」 であり、誰にも愛された
「モテ男」 であり、また希代の英雄でありながら肖像写真一枚残さ
なかった、謎多き男 ・ 西郷隆盛。

第2章 「流転」
島津斉彬の死後、西郷は離島での日々を過ごすことになります。
奄美大島、沖永良部島での生活は実に5年に及びました。しかし、
この時代に西郷は、妻との愛を育み、思索にふけるなど、人格を
陶冶しました。妻に宛てた手紙、島での愛読書など西郷の人と
なりを伝える作品等が展示さえていました。孝明天皇の御宸筆
「忠誠」 は初めて近くで拝したが、やわらかに筆致ではあるが、
強さがにじみ出ていました。

EE111028.jpg EE111033.jpg
「薩英戦争絵巻」  鹿児島県歴史資料センター (左)
薩摩藩は、「生麦事件」 に伴うイギリスとの賠償問題が決裂、イギリ
ス艦隊と砲火を交えました。「薩英戦争」 は、日本が欧米先進国と
本格的に戦火を交えた初の戦いでもありました。薩英戦争という実
戦を通して、西洋諸国の強さを認識した薩摩藩は、なぜか戦争相
手のイギリスと仲良くなり、薩摩藩英国留学生へとつながります。
薩英戦争のわずか2年後のことなので、歴史は面白いですね。

「那波列翁 (ナポレオン) 伝」 鹿児島県歴史資料センター (右)
文久3年 (1863)、西郷隆盛は二度目の流罪となる、沖永良部島へ
向かっていました。島へと向かう荷物の中に、ある本が入っていたの
です。それが小関三英が命がけで翻訳した 『那波列翁伝』。一将校
から、フランス皇帝にまで出世し、ヨーロッパを征圧したナポレオン。
その立身出世は、遠く離れた日本においても、人々の心に火をつけ
るだけの力があったのです。吉田松陰はナポレオンに関する漢詩を
作り、西郷隆盛は自らとナポレオンを重ねるなど、幕末の志士たちは
国を変えることを目指し、大きな影響を及ぼしました。

EE111043.jpg EE111034.jpg
「伝西郷隆盛製作 薩摩烏賊餌木」 公益財団法人荘内南洲会
これは2 回目の遠島処分となった沖永良部島の座敷牢で西郷隆
盛が作ったと伝わる疑似餌 (ぎじえ)。イカ釣り用のもので、手先
が器用だった西郷が島の住人に作ってみせたといわれています。
正直、そんなものまで残っているのかと驚きました。擬似餌とは、
魚を釣る際に本来は魚が食べない物を餌として用いるものです。
波乱の人生を送った西郷どんですが、都合5年間離島に流罪に
なった時期があります。その中で、3年間を過ごしたのが奄美大
島でした。そこで出会った愛加那を島妻として娶る事になります。
二人は仲睦まじく、一男一女をもうけます。

EE111067.jpg
西郷は遠島となっていた沖永良部島から帰還して約1年後、薩摩
藩家老 ・ 小松帯刀 (たてわき) の媒酌で糸子と結婚します。坂本
龍馬が、薩摩藩に薩長同盟を説くため鹿児島滞在中、坂本龍馬
が西郷の上之園の借家に泊まったときに雨漏りがし、隣の部屋で
糸子が西郷に 「お客様に申し訳ないから屋根を修理しましょう」 と
言うと、西郷が 「今は国中の家が雨漏りをしている。うちだけ直す
わけにはいかない」 と叱るのを聞いて感心したという。このとき龍
馬29歳、西郷37歳、糸子21歳でした。そして 慶応2年 (1866)
坂本龍馬立ち会いのもと西郷隆盛と木戸孝允の間で薩長同盟が
結ばれるのです。

第3章 「飛翔」
政治の表舞台に復帰した西郷は、的確な判断力とたぐい稀な指
導力で、目まぐるしく変転する幕末の政局に巧みに対処。ついに
討幕をなし遂げます。薩長同盟関連資料、幕府瓦解のきっかけ
となった 「討幕の密勅」。幕末維新の重要史料など、新時代を切
り開く貴重な歴史資料に食い入りました。(笑) 会津の西郷頼母
と西郷隆盛が親交があったこと初めて知った。西郷隆盛は敵方
であった庄内藩士からも慕われていたんですね。

EE111032.jpg EE111039.jpg
「討幕の密勅」 鹿児島県歴史資料センター  (左)
武力討幕に向けて政治活動を行っていた西郷隆盛に呼応して、
岩倉具視の発案により正親町三条実愛から大久保利通に渡され
たもので、薩摩藩の島津久光、茂久 (忠義) 父子に対して、すみ
やかに幕府を討つべきことを命じたものです。 徳川家康が築き、
265年間も続いた江戸幕府終焉への道筋ができたのは、朝廷か
ら薩摩藩へ下されたこの密勅があったからなのです。たった一枚
の紙ですが歴史を大きく動かしました。

「御花畑絵図」  鹿児島県歴史資料センター (右)
近年発見された薩摩藩家老 ・ 小松帯刀の京都における居所 「御
花畑」 の詳しい場所や規模を示す絵図。大きな屋敷であったことが
明らかになり、これまで不明だった薩長同盟締結の場であった可能
性が高まった。絵図によって、詳しい場所や規模がほぼ判明しました。

      EE111024.jpg
       「江戸開城談判 下図」  明治神宮
江戸城の無血開城を決めた、西郷隆盛と勝海舟の会見の様子を
緊張感いっぱいに描いた 「江戸開城談判 下図」 の貴重な資料。

鳥羽 ・ 伏見の戦いの後、新政府は徳川慶喜を追討するため、江
戸へ向けて軍を進撃させます。旧幕府軍は応戦する姿勢をみせ、
江戸城攻防戦は避けがたい状況となりました。徹底抗戦が高まる
中、江戸を戦禍から守るため、新政府軍と交渉にあたったのが陸
軍総裁の勝海舟でした。勝は軍を指揮する西郷と旧知の仲でした。
剣豪で知られる山岡鉄舟を駿府城 (静岡) に陣を構える西郷の
もとへ派遣し、西郷との会見の場を設けることに成功。

会見は江戸の薩摩藩邸で行われました。勝は江戸を戦場にする
ことで多くの命が失われ、わが国の国力を削ぐことになると訴えま
した。 西郷は勝の訴えを聞き入れ、総攻撃の中止を命じました。
西郷の手腕なくして、突如前日に中止が決定されることはあり得
ませんでした。同じ日、奇しくも京都御所の紫宸殿では、明治天
皇が天神地祇にお誓いになられた「五箇條の御誓文」 が布告さ
れ、維新の基本方針が示されました。この日は、わが国にとって
歴史的な一日となったのです。

EE111082.jpg
印象に残った展示物は、西郷隆盛が大久保利通に送った手紙。
勝海舟がどれほどすごかったのかという長文の手紙で、2 m くらい、
もっとあったかな? 長い文章でものすごく達筆。達筆すぎて読め
ませんでした。(笑) 百何十年も前のものなのに、それがそのまま
今の時代に奇麗に残ってるのに驚きました。これは日本中の大河
ファンの人たちにはぜひ見ていただいて、実際に起きたことをドラ
マ化することの面白さ、そういったことを想像しながら楽しんでいた
だけたらなと思いました。

第4章 「英雄」
維新回転の大事業を達成した西郷は、盟友 ・ 大久保利通とともに
明治新政府に参画します。が、やがて袂を分かち、鹿児島に帰郷。
そして日本最後の内乱 ・ 西南戦争で命を散らすことになります。
巨大な体躯を包んだ軍服、西郷が好んで揮毫した 「敬天愛人」
など、英雄の晩年の日々を見つめます。

EE111027.jpg EE111025.jpg 
EE111029.jpg
こちらの展示室には大久保利通の肖像画をはじめ、ゆかりの品々
も展示されていました。大久保利通所用の懐中時計がすごく綺麗
で、大切に使っていたのだなぁ~と思いました。

「西郷隆盛所用 刀装具 目貫 (上左) 縁頭 (上左)」   個人蔵 
犬好きの西郷が地元鹿児島の住民から白い名犬ユキを借り受ける
代わりに渡したという逸話が残る刀装具。繊細な装飾が施された縁
頭と目貫で、明治天皇が下賜したものとされる。西郷がいかに犬を
大切にしていたかがわかる逸品です。

「西郷隆盛所用 太刀 額銘 雲次」  大阪歴史博物館  (下)
西郷隆盛が薩摩藩最後の藩主・島津忠義から拝領したとされる 「雲
次 (うんじ)」 の太刀。刀の何処を見て、その良さを見分けるかという
と、匂い口を見ることだといわれます。その状態が美しいものこそ完
成度が高いということであり、その完成度は武器としての価値でもあ
ります。日本刀の焼き刃と地の境を匂い口といいます。つまり匂 (刃
文) の状態のことをいい、ひいては刃文総体を指します。

EE111038.jpg
「敬天愛人 (西郷隆盛筆)」 鹿児島市立美術館
乞われて揮毫することの多かった西郷隆盛。中でも最も多く好ん
で書いた言葉が 「敬天愛人」。「人は天を敬い、素直に生きなけ
ればならない。全霊で人を愛することは天の心にかなう」 という
意味でしょうか。人に書いて与えただけでなく、西郷自身の座右
の銘としても心がけていたと考えられています。号の 「南洲」 は、
2度にわたり南の島へ遠島になったことに由来しており、西郷の
代名詞としても知られています。

EE111030.jpg EE111047.jpg
「西郷隆盛筆 武者絵」  鹿児島県歴史資料センター (左)
西郷隆盛と三番目の妻 (糸子) との間に生まれた三男の午次郎に
描き与えた鎮西八郎為朝の絵。現存する西郷の絵はこの1枚だけ
といわれています。午次郎は政治家・軍人ではなく、日本郵船の
社長秘書として企業人の道を選び平穏な人生を送ったようです。

「西郷隆盛軍服 (夏服上下)」 鹿児島県歴史資料センター (右)
3 階の展示室には、西郷が実際に着ていた軍服や狩羽織等が展示
されています。最初の陸軍大将に任ぜられた明治6 年 (1873) に
所用していたとされる西郷さんの軍服 (夏服上下) です。西郷の身
長は180 ㎝、体重は110キロであったと推定され、当時の大人の
身長と比べると、西郷さんの大きさがわかる軍服です。
 
エピローグ 「人々の中の西郷」
史上最も愛された英雄とも言われる西郷隆盛。死後も人々は敬愛の
念を募らせました。その象徴ともいえるのが銅像 「上野の西郷さん」
です。西郷隆盛の銅像制作過程の困難さを伝える写真も初公開。
また、上野に先んじて京都で計画された 「幻の銅像」 の資料も紹介
していました。

EE111040.jpg EE111045.jpg
「故西郷隆盛翁建碑広告」 石川 ・ 山鬼文庫  (左)
上野の 「西郷さん」 銅像建設の10 年前に、京都 ・ 清水坂に馬上
軍服姿の西郷銅像の建設計画があったことを示す広告なんだそう
です。明治22 年頃という。しかし、呼びかけ人の植田楽斎の急死
により、幻の計画に終わってしまったようです。

「西郷隆盛未成像幷面部」  東京藝術大学  (右)
西南戦争で西郷隆盛は敗れますが、亡くなった後も人々からの人気
は絶えず、明治31年(1898)に上野に銅像が建てられます。こちらは
銅像 「上野の西郷さん」 の制作過程の困難さを伝える写真が初公開
されていました。 この銅像は東京藝術大学の前身となる東京美術学
校の教授、高村光雲率いる制作チームが9 年もの歳月をかけて制作
したそうです。西郷さんと犬の顔面がのっぺらぼうになっており、写真
が残っていない西郷さんを、どう表現するか苦悩した痕跡が見えます。

EE111123.jpg 
EE111119.jpg EE111118.jpg
「上野公園 ・ 西郷隆盛像」
展示会後は、上野公園の入口にある 「上野の西郷さん像」 を見に
立ち寄って来ました。西郷さんの身長はおよそ180cm あったそう
ですが、銅像はその2倍以上もあるそうです。相変わらず観光客が
写真を撮っていました。当時、着流しで犬を連れている姿はとっても
斬新でした。西郷像の隣の犬は、ツンという名前だそうです。(下左)

着流しの銅像は一部の人に衝撃を与えました。特に、西郷夫人は、
除幕式で 「ウチの人はあんなではない」 と言ったそうです。これは、
旦那様は人前に着流しで現れるような不作法な人ではないという
意味があったという事です。日本で最も有名な銅像になりました。
上野公園は、幕末から明治維新期に繰り広げられた戊辰戦争の
激戦地。日本の新たな夜明けに尽力した西郷さんの銅像は、
150年以上経った今でも、上野のランドマークとして多くの人々
に愛されています。

EE111068.jpg
多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武
士に過ぎなかった素朴な男は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、
揺るぎなき 「革命家」 へと覚醒し、徳川幕府を転覆させる。類まれ
な 「勇気と実行力」 で、明治維新を成し遂げた西郷隆盛ですが、
最後は明治新政府と闘い、命を散らすことになります。

なんともいえない、人間味があふれる優しい顔立ちの西郷隆盛。
とても親しみが沸きます。 「命もいらず、名もいらず」、愛犬を連れ
て、狩りへ出かけ、温泉に浸るひとときをこよなく愛したという西郷
どん。イメージにピッタリな姿に、改めて好きになりました。入口の
ホールに、記念撮影出来るようにボードが設置されていました。

EE111114.jpg
多くの貴重な資料により、西郷隆盛の生涯、そして明治維新から
西南戦争までの歴史を学ぶことが出来ました。やはり日本国史上
西郷隆盛は、偉大なる人物であったと思います。薩摩人は凄い!
さて、NHK大河ドラマ 「西郷どん」 もいよいよ折り返し地点です。
「特別展」 を堪能し、西郷隆盛だけでなく、今後登場する人物たち
も、より一層身近に感じることができるかもしれません。楽しみです。
帰りは西郷隆盛になった気分の足取りでした。(笑)





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する