一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。






いつも訪問して頂きありがとうございます。

一年間、ありがとうございました。

...2017/12/26 20:30...

年の瀬。
年末になると年の瀬ともいいますが、年の終わり
ごろを表す言葉です。似た言葉に年末、歳末、
年の暮れも使われますすが、年の瀬には押し
迫った あわただしい感じが含まれています。

この瀬とは、川の浅い個所、流れが速い、急流、
激流個所の事で、船で通るのが困難な場所を
さしているといわれます。年末のたまった支払いを
行う困難さを、川の瀬に例えて表現されています。
たまった支払いをしなければ年を越せない、支払い
をすると食事代が無くなる、暖をとる薪代が無くなる、
寒くて年を越せないといった危機迫った状況を
表現しているとの事です。

今年もあと5日です。
かつては 「もういくつ寝ると」 の熱い想いで待ち兼ねた
お正月。「正月」 を頭に思い浮かべるだけで嬉しさが
こみ上げてきたものです。ご馳走、初詣、お年玉・・・・、
どれをとってもワクワクするような楽しみがあった。
とても幸せな気分に満たされていた子供のころの
初々しい感覚が薄れてもう何十年になるだろうか。

あの頃は、しかし子どもだけではなく大人も、
正月をやはり特別な思いで待ち受けていたように思う。
今では長めの連休があるだけ、といった感覚かもしれない。
それでも正月はやはり、どこか心弾む気分が生まれる。

四六時中ケータイやメールで連絡を取り合う今日、
季節、時間、人との付き合いにメリハリが薄れ、筋目が
見えなくなってきました。人々が正月や年賀の行事を
欠かさず、初詣に繰り出すのは、きちんとそうした筋目
や改まった人付き合いが、じつは強く求められている
からではないかと思えてきます。

足早に過ぎゆく一年の終わりに響く除夜の鐘の音は、
変わることなく私たちを律してくれる。迎える、新たな
年が家族の幸せと健康である事を切に祈りたい。

今年も皆様と、こころ暖まるふれ愛の時間が持てました。
この一年間、訪問して下さった皆様、ありがとうございました。
感謝の気持をいっぱいこめて、 ホットな想いを贈りたい。
日一日と寒さがつのる季節のなかを、 人それそれ笑顔、
ふれ愛が、来る年もまた出会いますようにと・・・願って。

   どうか、よろしく。
   今年、起きた、たくさんのこと。
   出会った、たくさんの人。
   どうか、よろしく。
   来年、実現しそうなたくさんの夢。
   かけている、たくさんの期待。
   どうか、よろしく。
   今年から来年へ・・・・贈ります。
   どうか、よろしく。

皆さま、ほんとうにありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する