一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。







いつも訪問して頂きありがとうございます。


「こんにちは赤ちゃん」

...2017/07/02 16:13...

7月 (文月)
文月は7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を
夜風に曝す風習があるからというのが定説となって
いるそうです。しかし、七夕の行事は奈良時代に
中国から伝わったので、元々日本にはないものです。
そこで、稲の穂が含む月であることから 「含み月」
「穂含み月」 の意であるとする説もあるようです。

さて、今日は東京都議会議員選挙の日だ。
久しぶりにかみさんと都議選の投票に出掛けた。
早めに済まそうと、早朝に出掛けたのだが、想い
は同じらしく、途中で知り合いの方と次々と出会う。
投票所に着いたら、知り合いばかりだった。(笑)

都議選の投票所で、一票を箱に落とす、そのかす
かな音に思う。自分の思いを政治に伝えるために、
命を賭して抗議を しなければならない国もあることを。
日本は平和だなと思った。 果たして都政に都民が
一票を投じて、本当に都政は変わるのだろうか。

東京オリンピック、豊洲問題、待機児童問題と並ぶ
高齢者問題。高齢者の急増で待機老人問題はより深刻に
なる。これへの対応を誤ると 「東京崩壊」 すら、危惧される。
高齢者の急増する社会に突入した東京、「老いる東京」
の問題解決は待ったなしだ。

この問題に正面から立ち向かうのが都政の役割だ。
127名の都議になる者は、これを語らずにはその資格はない。
選挙カーからボリュームいっぱいの 「お願い」 が聞こえて
きたが、 この東京の抱える問題を何とかしてくれと
「お願い」 したいのは、こちらの方である。

今週末は七夕だ。
子どもの頃、望遠鏡で天の川を見た感動は忘れられない。
天の川に隔てられた織姫と彦星が、年に一度だけ会う事が
出来るという七夕。会いたくても、会えない ・・・・・・。

色々な通信手段の発達した現代では、なかなか想像
しがたい事ではありますが、永遠に語り継がれていく、
この恋物語に一抹の切なさとロマンを感じますね。
恋と夢と希望を七夕の夜空で見つけてみたい。
そして短冊に願いを書く子供たちの夢も大事にしたい。

星の夜に 誰そや小川を 渡る音    正岡子規


------------------------------------------------------------------------------------------------------

「こんにちは赤ちゃん」

赤ちゃんの笑顔はすごい。
どんな不機嫌な大人も、ちょっと赤ちゃんが笑いかけると、
たちまちにっこりしてしまう。赤ちゃんは笑顔の達人だ。

帰宅したら娘が 「○○ちゃんとこで、赤ちゃんが
生まれたよ」 と言う。近所でまた赤ちゃんが誕生した。
我が家の近所は出産ラッシュである。(笑)
話によると旦那さんが出産に立ち会い、妊婦に 「がんばれ!」
と励ましたつもりが、逆に 「がんばってるわよ」 と居直られたという。
微笑ましい夫婦に喜びが、いっそう華やいだものだったという。
母子共に健やかというのが何よりだ。

「生まれるっていいことなの?」 「ああ、おもしろいよ」
「地上ってとってもきれいなんだってね」 「ああ、悪くないよ。
鳥もいれば、お菓子やおもちゃもあるんだよ」 「お母さんて、
いい人って本当?」 「そりゃお母さんて、なによりすばらしいよ」

メーテルリンクの 「青い鳥」 で、主人公がチルチルと、これから
生まれる子どもの会話だ。柱の下で眠る子を見てチルチルが聞く。
「あの子はどうしたの?」。 「あの子は地球に純粋な喜びを持って
いくんだよ」 。 「どうやって?」 。 「これまで誰も知らなかったような
考えでさ」。 地上に喜びをもたらしてくれる赤ちゃんは幸いである。
その誕生が多くの人の心を、幸せな気分で包んでくれる
赤ちゃんはなおさらだ。

一昨年、結婚した近所の方が、姑さんといっしょに赤ちゃんを
連れてあいさつに来られた。赤ちゃん誕生の御披露目である。
ただただ 「無事に産まれて来て欲しい」 そんな思いだったの
だろうと、親御さんの話から伺えた。時々声を出し始めた赤ちゃん
に、娘は興味を示し手を握ってあやし始めた。「可愛いね。
お手々があったかいね」。「そうだね。これが命なんだね。
だから幼い人には、やさしく大事にしてあげるんだよ」。 「うん」。

そういえば、横断歩道で転びそうになって、支えた時の
近所のおばあちゃんの手も温かかった。生まれたての
赤ちゃんの手も、私たち、そして若者たちの手も
温かいのは生きてる証し。どれもみな大切な命だ。

気がめいる昨今の出来事や日々の中で、ジーンと染みる
言葉を思い出した。「今まで生きてきた中で5番目にうれしい。
子供が4人いるから (その生まれた子どもの感動の四つが
第一位)」 。2008年北京パラリンピック、男子八百㍍ (車いす)
の伊藤智也選手が、金メダルを手にした時の喜びの言葉だ。
ハンディを背負い、過酷な練習に耐えて手にした金メダルも
嬉しいには嬉しいが、それ以上に子どもの誕生が嬉しかった。

「生まれてくるっていいことなの?」。 「ああ、おもしろいよ」。
お母さんて、いい人って本当?」 。
「そりゃあ、おかあさんって、何よりすばらしいんだよ」 。
どんな時代でも大人は、そう笑って子供らをこの世に迎え入れ
てきた。生命から生命へと受け渡される喜びの素晴らしさを
心に焼き付け、近所の赤ちゃんの誕生を喜びたい。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

特別展 「没後150年 坂本龍馬」 2017

EE55676.jpg
両国にぎわい祭りに出掛けた時、帰りに江戸東京博物館に立ち
寄ろうと思っていながらすっかり忘れ、そのまま帰宅してしまった。
実は 「没後150年 坂本龍馬」 展が開催されていました。もう閉展
間際の日になって、慌ててまた両国へ出かけました。坂本龍馬は
浪士の立場ながら薩長同盟を仲介し、大政奉還を推進するなど、
近代日本の創設に尽力します。龍馬が亡くなってから150年。
これを機会に改めて龍馬の人間的な魅力を知ろうと、秋葉原から
総武線で隅田川を渡って相撲の街である両国へ。

EE55677.jpg 
EE55679.jpg EE55678.jpg
「江戸東京博物館」 (3階の屋外ひろば) (上) 

高床式の倉をモチーフとするユニークな外観。
失われていく江戸、東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、
展示することを目的に、「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」
として平成5年(1993) に開館しました。地上7 階、地下1階の鉄骨
造構造。地上部分の高さは約62 mで、江戸城の天守閣とほぼ同じ
のようです。隣接する国技館との調和を考え、高床式のユニークな
構造の建物になっているが、東京下町の景観を損ねているとの批
判もあるようです。タイムスリップ感覚で楽しみながら江戸から東京
の歴史をたどることができます。特別展示 (下左) は1階なのです
が、久しぶりだったこともあり、3 階のチケット売り場 (下右) の方に
行ってしまいました。(笑)

EE55691.jpg 
EE55681.jpg EE55693.jpg
「特別展示室受付」 (上)
特別展示室のある一階に行くと、以外にも閑散としていました。(下)
坂本龍馬に関する展示ということもあって、混雑を覚悟していたの
ですが、嬉しい期待外れに思わずホッ。 閉展日まじかですからね。
これなら、ゆっくり、じっくり観賞できるな~と・・・・・思ったのですが。

特別展 「没後150年 坂本龍馬」
開催期間 : 4月29日(土)~6月18日(日)
会場    : 東京都江戸東京博物館
時間    : 9時30分9~17時30分
料金    : 一般1,350円、大学・専門学生1,080円、
          小学生 ・ 中学生 ・ 高校生 ・ 65歳以上680円

EE55683-1.jpg
「坂本龍馬」
会場入り口前には巨大な龍馬像が威風堂々と構えていました。
龍馬像というと高知 ・ 桂浜の像がよく知られていますが、こちら
の像は長崎 ・ 風頭公園に立つ龍馬像の原型となったもので、
今回のために長崎の博物館から運ばれたようです。間近まで
近づけるため、恰好の記念撮影スポットになっていました。

幕末の志士、坂本龍馬の没後150年を記念した特別展覧会が、
東京都江戸東京博物館で開催されます。龍馬の自由奔放な生
き様や家族への愛情が伝わってくる龍馬直筆の手紙を中心に、
近江屋事件の際、龍馬が携えていたとされる刀 「銘吉行 坂本
龍馬佩用」 や、龍馬の血が飛んだ 「梅椿図 (血染掛軸)」 など、
ゆかりの品々を紹介する龍馬ファン歓喜の展示会です。

第一章   龍馬の生まれ育った時代
1853年、龍馬は江戸に剣術などの修行に旅立ちます。米国の
ペリー率いる黒船艦隊が江戸に近い相模の浦賀沖に現れた年
です。異国船図、ペリー来航図巻を見ると日本が変動期に入っ
た実感が湧いてきます。その中で龍馬がどういう家に生まれ育ち、
どう活躍していくかを、うかがい知ることができます。

EE55640.jpg EE55641.jpg 
EE55642.jpg
「大日本沿海輿地全図 (伊能中図) のうち関東」 (上左)
十九世紀はじめには日本近海に西洋の船が出没するようになり、
外国との交渉を長崎などに限っていた時代が終わろうとしていま
した。文化文政年間には伊能忠敬が日本の沿岸を測量して日本
地図を作っています。 この伊能図から当時の測量技術の水準、
「日本の国土」 という概念が生まれつつあったことを精密な測量
図から感じることができます。京都 ・ 日本写真印刷株式会社蔵
「ペリー来航図巻 (甲寅記事画巻) (部分)」 (上右)
嘉永六年 (1853) 六月にペリーが率いる米国艦隊が浦賀沖に
現れ、そこから日本史は幕末という時代に入りました。この図は
安政元年の二度目の来航の様子の一部です。この絵巻には船
上の詳細な様子、ペリー提督や乗組員らの様子、米国から日本
へ贈られた器物などが描かれていました。ペリー来航は龍馬の
江戸修行中の出来事であり、強い影響を受けたとされています。
「北辰一刀流長刀兵法目録」 (下) 龍馬歴史館蔵
江戸遊学を許された竜馬は、江戸の名門・北辰一刀流の 「千葉
道場」 で剣術修行を受け、主の千葉定吉から安政五年に発行さ
れた長刀の目録です。いわゆる免許皆伝を伝授された優れた剣
術家であったわけです。 巻末に千葉定吉、重太郎、また龍馬の
恋人といわれた千葉佐那らの名前など千葉家の名前が連なって
います。龍馬が江戸で剣の修行を示す貴重な資料。幼いころは
泣き虫で、漢学の楠山塾に入学したもののすぐに退塾させられ、
姉・乙女が武術と学問を教えたという。 そんな竜馬ですが、成長
と共に逞しくなり、若き日の龍馬の修行成果がうかがえます。

EE55643.jpg EE55644.jpg
第二章  土佐脱藩と海軍修行
ペリー来航で日本は、攘夷か開国かをめぐって大きく揺れ動き始め、
龍馬はしだいに世界を意識し始めます。しかし、身分制度の厳しい
土佐藩では、下級武士に活躍の場はありません。坂本龍馬は土佐
藩を脱藩して江戸に向かい、幕府旗本 ・ 勝海舟と出会い弟子にな
り、神戸海軍操練所の創設に関わります。そのころ尊王攘夷派 (幕
府より天皇を尊敬しようとする考え方) の公家として知られた三条実
美がクーデターによって朝廷を追われ、幕末の激流に翻弄されます。

「海上安全万代寿」 河鍋暁斎画 文久3 年 (1863) (左) 
3枚続きの大判錦絵で、幕府がイギリスから購入し、輸送船として
使用した順動丸を描いた絵。勝海舟は4代将軍徳川家茂の京都
から江戸への帰還の時に順動丸に乗せて航海し、坂本龍馬も乗
せたことがあります。 戊辰戦争時には旧幕府海軍の船として箱館
から新潟港に物資を運びましたが、慶応4年 (1868) に寺泊で新
政府軍の攻撃を受け自沈しています。香川・琴平海洋博物館蔵
「梨堂公絵巻 5巻のうち第3巻 (部分)」 田中光美筆 (右)
坂本龍馬が勝海舟に弟子入りし、神戸海軍操練所の創設に力を
注ぐ時期、尊王運動があがり、政変によって京都から長州へ逃れ
る七卿落の有名な場面。(7人の公家が京都から追放された事件)。
長州藩兵が妙法院の外側に集結し緊迫している場面を描いてい
ます。 のちに長州藩による京都回復活動が幕末の戦乱を引き起
こすことになります。京都 ・ 梨木神社蔵

EE55701.jpg EE55703.jpg
EE55704.jpg EE55702.jpg EE55705.jpg
このコーナーは、江戸東京博物館が所蔵する幕末の海軍船 「第
二長崎丸」 で使われた食器や調度品のほか、勝海舟の日記など
が展示。「幕府軍艦第二長崎丸関係資料」 は撮影可能でした。
素通りする人が多く、私だけパシャ、パシャ。(笑)

「幕府軍艦第二長崎丸関係資料」 江戸東京博物館蔵
江戸東京博物館が所蔵する 「幕府軍艦第二長崎丸関係資料」 を
一堂に会して展示し、龍馬を語る際に外せない、当時の海軍の様
子、幕府洋式船の実態を今に伝える貴重な資料です。第二長崎丸
は、戊辰戦争時に新政府に抗して旧幕府艦隊を率いて脱走した榎
本武揚の指示により庄内藩の支援のため派遣されますが、秋田沖
の飛島勝浦港で座礁沈没しています。沈没前に持ち出された望遠
鏡や砂時計、バロメーターなどです。日の丸は嘉永7 年 (1854) に
幕府により日本船であることを表す船舶旗として採用されています。

EE55688.jpg
<坂本竜馬>
天保6年 (1836) 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩
した後は志士として活動。貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社
中 (後の海援隊) を結成しました。 薩長同盟の斡旋、大政奉還
の成立に尽力するなど、倒幕および明治維新に大きな影響を与
えました。そして大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺
されます。 慶応3年 (1867) 12月10日 (新暦) のことでした。
今年が坂本龍馬没後150年の節目の年になるわけです。

第三章   龍馬の手紙を読む
龍馬の手紙は、現在140通くらいあるようです。今回も60以上の
龍馬の手紙が展示されていて、その中でも乙女姉さんに宛てた手
紙は、ユーモアに富んでいて面白く仲の良さが伺えます。龍馬の
人柄が歴史小説やドラマよりも一層リアルに伝わってきます。坂本
龍馬ってほんと筆まめだったんだなぁと思いました。結構クセのあ
る思い切った字なんだけど、途中で書ききれないかも?って思った
のか、字が小さく細かく書かれたりしてる箇所もあって面白かった。

EE55646.jpg EE55645.jpg 
「龍馬書簡 坂本権平宛 慶応三年十月九日」 (左)
大政奉還間近の京都に着いた龍馬が土佐の兄へ無事を知らせる
手紙です。手紙の下段に見える汚れのような墨跡は巻紙を透過し
た墨移りです。龍馬が巻紙を左手で握ったまま、右手に持った筆で
書いた様子で、龍馬はこの手紙を立ったまま急いで書いたのであり、
とても慌ただしい状況であったことが想像されます。大政奉還直前
の緊迫感を伝える手紙です。京都国立博物館蔵 重要文化財
「龍馬書簡 文久三年三月二十日 坂本乙女宛」 (右)
文久二年 (1862) の三月、土佐を出た龍馬は諸国を経たのち江戸
で勝海舟の弟子となり海軍の修業を行うこととなります。 この手紙は
土佐の姉 ・ 乙女に出したもので、ひたすら前向きの内容が掛かれて
います。「勝憐太郎殿の弟子になった。 国のため天下のために力を
尽くしたいので40 歳までは故郷に帰るつもりはありません」・・・(略) 
すこしエヘン (略) エヘンエヘン」。勝海舟の海軍で学んでることを
誇らしく思い、エヘンと得意げに自慢しています。龍馬のユーモア
に満ちた人柄がうかがえます。 京都国立博物館蔵 重要文化財

EE55647.jpg 
EE55710.jpg
「龍馬書簡 慶応二年十二月四日坂本乙女宛」  (上)
慶応二年、伏見寺田屋で襲われた龍馬は、西郷らの勧めで鹿児島
へ向かい霧島山麓で湯治を行ないます。 この手紙はその際に妻の
おりょうと登った高千穂峰の様子を描いたもの。山登りの経路を朱線
で示し、その経路の状況を細かく文書で描写しています。 山頂には
「天の逆鉾」 まで描かれ、大胆にも引き抜いて見せたというエピソー
ドがあります。 この旅行が龍馬にとって束の間の楽しい休息だった
ことが読み取れ、また日本初の新婚旅行ともいわれています。イラ
スト入りの手紙というのがいかにも龍馬らしいお茶目な手紙ですね。
京都国立博物館蔵 重要文化財
「龍馬書簡 文久三年六月二十九日 (一部分)」 姉 ・ 坂本乙女宛 
(下)  重要文化財  京都国立博物館蔵
文久3 年 (1863) に、長州藩の下関での外国艦隊砲撃事件などに
ついて書いてあり、「この手紙はうんと大事な事を書いちゅうきに、決
してべちゃくちゃしゃべったり、ホオウホオウいやぁいうて決して見せ
たらいかんぞよ」 と、彼独自の擬声語を使いながら、乙女姉さんに出
した手紙です。外国艦隊が下関を砲撃した際のからくりを暴き、腐っ
た役人どもを一掃し、「日本を今一度せんたくいたし申候」 と記して
います。「日本を今一度せんたくいたし申候」 の文言が3 行目、4行
目に見えます。 またよく見ると片仮名で 「ニッポン」 とルビが振って
あります。「日本を洗い直し、変えたい」 と政治的野望を抱いた龍馬
の志あふれる手紙を間近で見ることができ感激しました。

EE55709.jpg
「龍馬書簡 慶応三年十一月十日 中根雪江宛」  個人蔵
坂本龍馬が 「新国家 」 という言葉を使い、新政府の樹立に専心
していたことを示す新発見の手紙のようです。今回は期間限定出
品で、高知県以外での一般公開は初めてのようです。

慶応3年10月末に龍馬は越前福井を訪ねて旧知の三岡八郎に
面会し新政府の財政問題を聴きました。この手紙は帰京後、上京
してきた越前藩重役の中根雪江に出したもので、福井藩の財政を
立て直した三岡八郎 (後の由利公正) を新政府の財政担当者に
するよう同藩重臣の中根雪江に懇願した内容のようです。中根雪
江は松平春嶽の側近であり、龍馬との関わりも深いといわれます。
新たな国づくりに情熱を傾けた彼の様子が窺えます。
この手紙の5日後に龍馬は京都近江屋で暗殺されるのです。

第四章  龍馬の遺品
坂本龍馬は京都の近江屋で暗殺され、31年の短い生涯を閉じます。
龍馬襲撃の現場となった近江屋の屏風や掛け軸など、血痕が生々し
く、激しい襲撃を思わせる物から所用し、かつ実際に使用していた物
などが展示してあります。遺品には期間限定展示もありました。

EE55672.jpg EE55652.jpg 
EE55650.jpg
「三徳 龍馬使用」 重要文化財  (上左) 京都国立博物館蔵
お洒落な龍馬の西陣織製の紙入れとして使用していた綴織の
三徳。牡丹と菊の紋様があり、金具には二羽の蝶がデザインさ
れています。背面にも蝶が二羽配されているようです。これは鼻
紙や書付、楊枝などを入れて持ち歩いた小物で、江戸時代に
流行していたようです。
「書画貼交屏風 (血染屏風)」  (上右) 京都国立博物館蔵
龍馬が中岡慎太郎とともに暗殺された京都の近江屋の座敷にあ
った屏風です。左下の猫の絵の辺りに、染みが残っていて、遭難
した時の血痕といわれています。大事件に立ち会っていたという
ことで、重要文化財に指定されています。
「刀 銘吉行 坂本龍馬佩用」 (下) 京都国立博物館蔵
坂本龍馬が脱藩に際して、兄の権平から貰い受けた刀で、龍馬が
近江屋で暗殺された時にも所持していたと言われています。 単に
龍馬が持っていた刀という認識から、最期、必死に敵と応戦した刀
であるとされると、その龍馬の思い、無念さ惨さはよりリアルに感じ、
少し切なくもありますね・・・・。反りがほとんど無く、刃紋も真っ直ぐ
です。これは大正時代に火災に遭い、反りを失って研ぎ直しにより
刃紋も変わったものであることが最近の調査で分かったようです。

       EE55655.jpg 
「梅椿図 (血染掛軸)」  板倉槐堂筆 慶応3年 (1867)
京都国立博物館蔵  重要文化財

慶応3年 (1867) 12月10日、龍馬は京都の近江屋2階で中岡慎
太郎と談論中に乱入してきた数名の刺客によって斬殺されました。
「血染掛軸」 とも呼ばれるこの掛け軸は、部屋の床の間に掛けられ
ていたもので、軸の下部に飛び散った血痕が付着しています。暗
殺や処刑など、血なまぐさい事件の絶えなかった幕末の空気を今
に伝えています。上に書かれている文は、暗殺事件後に、海援隊
士の長岡謙吉による追悼文が記されています。気になるのがこの
「自然堂直柔先生」 と書き残しいる冒頭文です。龍馬は下関で住
んだ一室を 「自然堂 (じねんどう)」 と名づけていました。 龍馬が
雅号として手紙などで、自分のことを 「自然堂」 として使っていた
ようです。これはペンネームのようなものです。直柔とは、龍馬の
正式な名前 (本名) のことです。

【豆知識】
当時の武家社会では、「苗字」 ・ 「字 (あざな) 」 ・「諱 (いみな) 」
で一つの名でした。龍馬でいえば、坂本 (苗字) ・ 龍馬 (字) ・ 直
柔 (諱) となります。普通これに幼名や号といって文人や学者が付
けた名、死後に付けられる謚 (おくり名) などがありました。龍馬の
場合は、「坂本龍馬直柔」 ということになります。通常、諱で呼びか
けることは、親か主君以外には許されず、口に出すことは憚られる
ものとの意味もありました。ですから、人を呼ぶ時には、普通は 「字」
が使われたのです。つまり、「龍馬! 龍馬!」 と呼ばれていたわけ
です。

EE55694.jpg
展覧会では龍馬が生きた時代の出来事に合わせた時系列で資
料が展示され、その時々の出来事も合わせて紹介されています。
幕末の歴史に興味のある人にとっては、外せない展覧会でした。
資料はガラスケース内に展示されているのが多く、手紙などは最
初から端までゆっくり詠む人がいて、なかなか前に進みません。
そのため通常の倍の時間が掛かってしまい、頼むから流し読み
で前に進んでよ~と、叫んでしまいたくなりました。(笑) 歴史好
きなのでしょうが、後に控える人のことも考えて欲しいと思います。

坂本龍馬は筆まめな人で、多くの手紙を残しています。特に乙女
姉さんに宛てた 「日本を今一度せんたくいたし申候」 文言の手紙
は興味深々でした。私は仕官するつもりは無く、私に声がかかる
など天下に人物がいないことを知り、嘆かわしいことです。姉への
私信的な部分では、「この浮き世なんて大したもんじゃねぇ、ブンと
屁でも鳴らすぐらいにやってみろよ。死んだら野辺の白骨 ・ 路傍
の石になるばかりよ。チリリンチリリン」 というくだけた文章。表現し
にくいですが、飛び跳ねる感じ、この部分だけでもまるで 「跳ね馬」
のようです。さすがに 「馬」 だけはある。(笑) こうした一通の手紙
からも、龍馬の性格や才能が浮かび上がってきます。世上と言わ
れるように、龍馬が魅力的な人物であったことは間違いないです。

      EE55670.jpg
「坂本龍馬湿板写真」 慶応2年または3年頃 (1866~1867) 
高知県立歴史民俗資料館蔵

日本史の教科書で、坂本龍馬が台に寄りかかった写真を見た
ことがあると思います。この紋付羽織にブーツの斬新なファッシ
ョンに身を包んだ坂本龍馬の湿板写真はあまりにも有名です。
名刺ほどの小さなセピア色のガラス板の中に、いかにも龍馬ら
しい立姿が浮かんで見えました。幕末の頃の写真は時間がか
かったため同じ姿勢を保つのは大変でした。 よく見れば脇に
台があり、それに寄りかかっています。姿勢を保つのが大変
なため、寄りかかって撮影したといわれています。

【豆知識】 湿板写真
湿板写真とは、ネガとなるガラス板に感光性のある薬品を撮影
直前に塗布。これがフイルムになりその溶液が乾く前に撮影を
行う技法。感度が低いため晴天下でも数秒から数十秒間の露
光時間が必要で、撮影後はすぐに現像する必要があったそう
です。龍馬のような新しもの好きには、ハイカラな最新技術とし
て歓迎されたが、一般庶民にとっては 「魂が抜き取られ、寿命
が縮まる」 という噂が出るほどの存在だったようです。 幕末は
写真技術が日本に伝来した写真文化の幕開けの時代でした。

EE55658.jpg EE55660.jpg 
EE55661.jpg
「肥前長崎丸山廓中之風景 歌川貞秀画」 (上左)
鳥瞮図風に長崎の沿岸と丸山遊郭の一部を描いた錦絵。歌川貞
秀が実際に長崎を訪れて描き、長崎の地形や丸山遊郭の賑わい
ぶり等の特色をよくとらえています。洋装の外国人との宴会。格子
の向こうの遊女を覗く男たちなど、多くの人が訪れ交流した幕末 ・
長崎の活気ある様子が伺えます。 長崎歴史文化博物館蔵
「寺田屋登勢書簡 ・ おりょう宛 慶応4年」 (上右)
此一品ハきみへにおつかハし被成度、で始まる 「きみえ」 とは、おり
ょうの妹で、「今はどこにいますか? 気になります。下関につれてこ
ようと思ったのに、また長崎に帰る事になりました。やれやれ」 などと
記しています。 姉のおりょうの所に妹をつれて帰ろうとしたが、「いろ
は丸」 が輛浦沖で沈んだため、上京を通知していた龍馬が、取り敢
えず行けなくなったことを知らせている手紙です。 最後の梅よりとは、
龍馬の変名の才谷梅太郎のことです。京都国立博物館所蔵
「近世珍話 ・ 前川五嶺筆 (三巻のうち下巻)」  (下)
坂本龍馬が亡くなったのは新暦の慶応三年十二月十日。当時の京
都ではこのような 「ええじゃないか」 の乱舞が流行していたようです。
天から神仏のお札が降って来たことをきっかけに、一般民衆による
変装乱舞が始まったとされる。この絵は同時代の人がスケッチした
「ええじゃないか」 の様子として貴重なそうです。当時の混沌とした
世情がみられます。京都国立博物館

第六章  瓦版・錦絵からみた幕末維新
ペリー来航に関わる瓦版や桜田門外の変の錦絵、長州藩と幕府と
の戦争の瓦版、戊辰戦争での各地の戦闘を表したカラフルな錦絵
などの臨場感あふれる画面からは、時代の空気が迫ってくるような
感じです。 この章ではよりビジュアルで解り易い瓦版や色鮮やかな
錦絵が展示されていました。

       EE55663.jpg
「教導立志基 徳川慶喜 小林清親画」 明治19年(1886) 個人蔵
歴史上の著名な人物たちを取り上げた、複数の絵師による連作の
うち、徳川幕府最後の15代将軍である、徳川慶喜を描いた一図。
座敷には、西洋の机に洋装本やランプ、床には置時計や書、そし
て画面右の棚上には、春蘭のいけばなや石付の石菖鉢などが配
されています。教導立志基は、明治16年 (1883) から明治22年
(1889) にわたって刊行された歴史教訓的シリーズ (教訓絵) で、
小林清親、月岡芳年、水野年方、井上安治等が筆を執っています。

「慶喜の決断が正しかったかったからこそ、今の日本がある」 との
考えを述べている。「国のため 民のためとて しばし身を 忍ぶ
岡に スミぞめの袖」 という歌も書き入れられています。

EE55699.jpg
坂本龍馬の正確な身長は、分かっていないが大男だったという。
「写真」 と 「当時、着用していた紋付のサイズ」 を元に、 研究者
が計算したところ、坂本龍馬の身長は 「180cm」 であったろうと
思われます。いずれにしても当時の平均的な身長は、150cm台
であったため、坂本龍馬は大男であったと言えます。その大男が
明日の日本を語るのだから、実に頼もしかったに違いない。
ちなみに龍馬の姉の乙女も、約174 cmと大柄であったようです。

坂本龍馬も初めからこれほど有名な訳ではなく、以前は、明治維新
の英雄といえば、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允あたりだったと
のことです。やがて、坂本龍馬にも脚光が当てられますが、人気を
決定的にしたのは、司馬遼太郎の 「竜馬がゆく」 です。私たちの持
つ坂本龍馬のイメージは、この小説に依っていると言えます。西郷
や、性格の暗そうな大久保、木戸に比べると、坂本龍馬の明るさは
際立っています。閉塞感のある今の時代に龍馬人気が高いという
ことは、坂本龍馬は過去に居た人ではなく、今に需められている人
ということなのでしょうか。

第七章  美術工芸からみた幕末維新─近世絵画・刀・甲冑─
文化の爛熟期をむかえた江戸時代。新旧様々な絵画様式が入り
混じり、統合されていくのも、この時代の特徴です。ここでは、幕末
期の絵画作品をはじめ、薩摩藩主であった島津斉彬所用と伝える
甲冑や、龍馬にかかわる人々がたずさえた刀などの展示でした。

EE55665.jpg EE55669.jpg 
EE55666.jpg
EE55667.jpg
「紫糸威鎧 島津斉彬所用」 (上左) 京都国立博物館蔵
薩摩藩主であった島津斉彬所用と伝える甲冑。古典的な大鎧の形
をした見事な鎧で、丸に十の字の島津家家紋と替紋の五三桐の金
具が付き、前立てには島津家が崇敬した稲荷神を表す狐が据えら
れています。戦うために着用する甲冑ではなく、権威を示すための
ものといわれています。徳川将軍家と深い縁戚関係にありながら、
薩長同盟を結び明治維新には主導的役割をはたし、近代国家の
礎を築きました。
「白羅紗葵紋付陣羽織 徳川慶喜所用」  (上右)
江戸時代末期~明治初期  東京都江戸東京博物館蔵 
この陣羽織、立派で手が込んでいて見事です。徳川15代将軍・慶喜
が所用していた陣羽織です。渋沢栄一が編纂した書籍に写真が載っ
ていましたが、長らく所在が不明でした。陣笠もあり実はこのふたつは、
お揃いの品のようです。陣羽織は慶喜の名代としてパリ万博に派遣さ
れた徳川昭武 (慶喜の弟) が持っていったものと対をなしており、
陣笠は慶喜が久能山東照宮に奉納したものと瓜二つのようです。
「「刀」 無銘 中井弘佩用」 京都国立博物館  (中)
「「刀」 銘兼元 林田貞堅佩用」 京都 ・ 霊明神社  (下)
この刀は、ともに刃こぼれがみてとれます。これは慶応4年 (1868)
に京都祇園縄手通で起きた英国公使パークス襲撃事件で、攘夷派
の林田貞堅らがパークスを襲った際に、林田と外国事務応接掛の
中井弘が対戦したときに出来た刃こぼれです。火花を散らして
対戦したことが想像されます。

EE55682.jpg
竜馬の活躍は史実として多くが伝えられていますが、勝海舟との
交流は有名です。実は最初の出会いは、千葉道場の千葉重太郎
とともに、開国論者の海舟を斬るために訪れましたが、逆に世界情
勢と海軍の必要性を説かれた龍馬が、大いに感服し己の固陋を恥
じて、その場で海舟の弟子になったという話が残っています。これ
が、のちに海援隊へとつながり、大政奉還へと発展する竜馬の
活躍の始まりであったかもしれません。

剣術が強くて、正義感があり、時代の先を読む力も構想力もあって、
行動力が素晴らしく、商才にたけ精神は自由にして闊達、気遣いも
細やかで女性にも男性にもモテる。彼の自由な発想や先見性、行
動力、交友の広さ、あらゆる事柄から虚心に学び、しなやかに発想
するなかで、西欧列強によって幕藩体制が揺れる中、江戸幕府が
徳川270年の政治体制を朝廷に返上するという大政奉還をやって
のけた。竜馬の活躍をすべて語ったら、とても簡単にはいきません。
が、竜馬が表舞台で活躍したのは彼の人生の後半の後半、わずか
5年ほどとも言われています。その間に竜馬は京都と江戸を走り回り、
多くの人と触れ、恋もし、家族を愛し、志士として、人間としての魅力
をあわせ持った坂本龍馬が、居たからこそ今の日本があるのです。

EE55697.jpg
龍馬が亡くなって150年も経つんですね・・・。はるか遠い時代の人
ですが、こういう展示会を見ることで、彼の感じた世の中を再発見し
た感じです。坂本龍馬は、江戸幕府を倒すために仲の悪かった薩
摩藩と長州藩の同盟を築いた人なんだよ。この2つの藩は大きな
力を持っていたから、力を合わせれば幕府と対抗できると考えたん
だね。日本を守るためのその発想に驚くばかりです。目上のひとに
はごく常識的に手紙を書き、姉や妻には様々な言い回しで、文字だ
けではなく絵を交えて書くこともあった。その内容から、とてもユー
モアがある人だということもわかりました。人間味溢れ、150年も
前の人なのになんだか身近な存在に感じました。

歴史上の好きな人物として上位に必ず挙がる坂本龍馬は、高知、
江戸、京都、長崎などゆかりの場所は各地に点在します。特に、京都
は没した地でもありますので、聖地という感じもあります。龍馬は京都
の東、霊山護国神社で永遠の眠りについておられます。今の日本を
見たら彼はきっとまた 「日本を今一度せんたくいたし申候」 と言うに
違いありません。まことに小さな国が、開花期をむかえている。
そんな風に感じて東京江戸博物館を後にしました。





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
10 ⇔ 2017/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する