一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。






いつも訪問して頂きありがとうございます。


「己を知れ」

...2016/10/23 08:20...

時折、夏日が顔を覗かせる日もありますが、
視覚的にも秋を感じられるようになってまいりました。
時には 「葉色」 で感じることもあると思います。
秋の訪れと同時に、小さい頃の通学路にあった
銀杏もなにかを思い出してほっこりします。

秋は秋で好きという声もよく聞きます。
わたしも例外にもれずなのですが、万葉集の和歌に
書かれている季節を分類すると、ダントツで秋を詠んだ
歌が多いです。古今を問わず、秋は物思いに耽りやすい
季節なのでしょうか。そして、秋の運動会や遠足、学園祭
やら何かとダウンしている暇がないのが学生さんです。
我々も学生さんに負けずに頑張りたいものです。

月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ 
      わが身ひとつの 秋にはあらねど    大江千里

月を眺めているとあれこれと悲しく思われる、私一人のために
来た秋ではないのだけれど、と孤独な気持ちにもなります。
しかし、秋の自然はとりわけ変化に富んでいて、過ぎゆく時の
はかなさを強く感じさせられます。私一人のために来た、
それぞれの秋がある、のかもしれません。
すてきな秋を探してみてはいかがでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

「己を知れ」


「智者」 という言葉を聞いて、
どんな人を思い浮かべるでしょうか? 知識が豊富な人。
弁が立つ人。献身的な人。・・・・老子によれば、「智者」
とは他人を理解できる人。他人の能力や適性を含めて
見極めることができ、なおかつ他人を思いやることが
できる人が 「智者」 だとされています。
しかし、老子の思想には、「智者」 のさらに上をいく存在
があります。それが、「明智の人」。どういう人を意味する
かと言うと、簡単に言うと、「己=自分」 のことをよく知って
いる人のことです。

冒頭から 「こんな気難しい話をするなよ」 と
言われそうですが、居酒屋で同僚と飲んでいた時、
隣席の年配の方たちが、「智者」 とか 「明智の人」 と
いう言葉が盛んに使われていて気になったのです。

古代ギリシャのデルフォイの神託で 「己を知れ」 と
いわれ、その言葉は人類にとって難問中の難問になりました。
なぜならば、外的な対象ならば目で見たり手で触れたりすれば、
それが何であるかは知ることができますが、自分というのは
中身のない空虚な対象にしか過ぎず、それが何であるか
直ちには知ることができないからです。 自分をいつまでも見つ
めていても、それで自分というものが分かるものでもありません。
「自己は自己である」 といったって、何も分かった
わけではなく、空虚この上もありません。

自分のことをどれだけ知っているでしょうか?
本当の己 (自分) について100 % 理解していると
言い切れるでしょうか。力があれば、他人には勝てます。
しかし、自分の欲望や弱さを克服するには、強い意志が必要。
己の弱さを含めて全てを受け入れ、それを操れる
コントロール力がなければ、己を律することはできません。

禁煙ひとつとってみても、「なかなか成功しない」
という人は、結局は己の “ 弱さ ” の根源にある
ものを理解できていないのではないでしょうか。
なぜ、自分はタバコを止められないのか。
タバコにすがらざるを得ないのは、そこに何らかの “ 甘え ”
があるからです。甘えずにいられない “ 弱さ ” が何に
起因しているのか、己の “ 根本 ” にあるものを理解して
克服できない限り、禁煙は成功しないかもしれません。

それだけ、 “ 己 ” を知ることは難しいことであり、
ましてそれをコントロールすることは、相当の意志の
強さがなければ実現できないでしょう。
己を知り、己の弱さや愚かさを全て受け入れた上で己を
コントロールする。それができれば、人生はもっとラクに、
楽しく生きられるのかもしれません。

老子によれば、他人のことを知るだけではせいぜい 「智」
にとどまるのであって、己を知る者こそが 「明智の人」 だ
というわけです。 ここで言う 「明智」 とは、文字通り、
明らかに智る (さとる) こと。これは、人を知ること以上に
難しいことです。他人のことが分かるのは智者と言えるが、
真の自分 (己) を知る者こそ明智の人であるというわけです。

  「知人者智、自知者明」
(人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり)



----------------------------------------------------------------------------------------------------------


  特別祭典 ~ダリア綾なす秋の園~
           上野東照宮ぼたん苑     

EE271.jpg
芸術の秋。 上野公園内では様々な美術館の展示会があり、
美術館賞をした後、上野東照宮にお参りして帰ろうと立ち寄った
ら牡丹苑でダリア展が開催していました。珍しさもあってチト寄っ
てみました。艶やかなダリアに目を奪われる展示となっていました。
上野東照宮では、初めてのダリア展だそうなので、そうしたところも
見どころなのかもしれません。ダリアの花々をお楽しみ下さい。

EE269.jpg 
EE260.jpg EE385.jpg
「ぼたん苑」
徳川家康公をお祀りする東照宮は、日光をはじめ全国各地にあ
るけれど、上野公園の上野東照宮は 「ぼたん」 の名所があること
でも知られるスポットです。この 「ぼたん苑」 は、昭和55年 (1980)
に日中友好を記念して開苑致しました。園内は回遊式の日本庭園
で、日本のぼたんと、中国政府から友好記念として贈呈された希少
な中国のぼたん等が植えられ例年 「ぼたん祭」 が開催されます。

上野東照宮ぼたん苑 特別祭典~ダリア綾なす秋の園~
開苑期間  :  2016年9月17日(土)~10月30日(日)
開苑時間  :  午前9時30分~午後4時30分
入苑料   :  大人(中学生以上) 500円 小学生以下無料

EE345.jpg
ぼたん苑でダリア展 ?!
たまたま見かけた案内板に首をかしげたが、行ってみて納得。
ダリアは和名を天竺牡丹 (てんじくぼたん) ということを知った。
上野東照宮ぼたん苑でダリア展を開催するのは初めてとのこと。
一堂に、これだけ多種多彩なダリアを観たのは初めてです。この
夏から続く悪天候で、さぞや花をお世話する方たちはご苦労が耐
えなかったことだろう。そう思いつつ観て歩けば、ひときわ花の美
しさに心ひかれた。130 種300 株の艶やかな花々を秋の上野
東照宮で楽しめるようです。

EE372.jpg 
EE371.jpg EE329.jpg
牡丹とは少し表情が変わり、ダリアが咲き乱れ苑内に彩りを添えます。

ダリアの起源は古く、15世紀頃のアステカ帝国 (現在のメキシコ)
で神聖な花として栽培されていました。その後ヨーロッパに種が渡
り、スペインのマドリード植物園で栽培がはじまった後、天保13 年
にオランダから長崎に渡来したのが始まりとされ、独自の改良が加
えられて、夏の花として親しまれています。ダリアの名前は、スウェ
ーデンの植物学者のアンデシュ ・ ダール氏の 「ダール」 の部分を
あらためて 「ダリア」 としたことが由来になっているようです。天竺
牡丹 (テンジクボタン) という和名の由来は、インドを経由して日本
に持ち込まれたことと、花の形がボタン (牡丹) に似ているからだ
と言われています。

EE381.jpg EE384.jpg
EE382.jpg EE383.jpg EE376.jpg
EE378.jpg EE379.jpg
ダリアとは、キク科・ダリア属に分類される多年草の総称です。
メキシコが原産で、高温で乾燥した環境を好みます。草丈は1~5
mほどまでと種類によって様々で、現在に至ってはダリアの品種改
良が盛んに行われてきた経緯から 「赤色」 や 「ピンク色」、「黄色」
と言った様々な色の花弁を見せてくれます。夏から秋にかけて、5
~30cmほどの花を咲かせます。ダリアの大きな特徴として、花弁
の中央 (柱頭) の部分から放射状に花弁が幾重にも付き、大きく
色鮮やかな大輪の花弁を開花させ花色、花型、花の大きさ、草丈、
葉型などに無限の変化が見れることです。

EE366.jpg EE367.jpg
EE391.jpg EE368.jpg
ダリアは花形が豊富な植物なので、開花時の咲き方、花びらの大
きさ、茎の高さによって種類が分けられます。 「花びらの大きさ」
「咲き方」 「草丈」 3 つに分類されるようです。それぞれにバリエ
ーションが加わって、多彩な花型を作り出します。

「ボール咲き」  (上左)
ボール咲きは、花全体が直径約5 cm 以上のボール (球形) のよう
になる咲き方です。八重咲きで、花びらの先端が丸く、縁が内側に
巻いているのが特徴です。 5 cm以上をボール咲き、5 cm 以下を
ポンポン咲きと呼ぶようです。
「睡蓮咲き」  (上右)
睡蓮咲きは、見た目が睡蓮に似た花を咲かせるタイプです。幅の広
い花びらが八重咲きになり、花びらは、丸みを帯びています。丸みを
帯びた花弁が広がった様は女性的な美しさと神秘さをたたえています。
「インフォーマルデコラティブ咲き」  (下左)
ダリアの代名詞とも言われ、もっともポピュラーなダリアの花型です。
完全八重咲で、平たく幅広い舌状花が中心まで重なるのがデコラティ
ブ咲で、その中で舌状花の先端がねじれたり、反転したり、尖ったりし
て配列が不規則なのでインフォーマル・デコラティブ咲と呼ばれます。
「コラレット咲き」  (下左)
コラレット咲きは、八つの花弁からなる一重咲きですが、内側に副弁が
あるのが特徴です。花弁と内側に小さな副弁が互いに違う色、模様で
引き立て合う中に華やかさがあります。

EE351.jpg 
EE340.jpg EE346.jpg
江戸の風情を今に残す回遊式牡丹庭苑にダリアが苑内に彩り を
添えます。苑内には休憩所が設置されていて、座ったところか ら
眺めるのもいいです。 庭で輝く宝石のような花時が育み、長い間
大切に育てると ・・・・ 庭が楽園になります。ダリアと聞いて、ゴー
ジャスな花のイメージばかりでしたが、和の雰囲気にも溶け込む
ような佇まいの花でもあります。いろんなダリアがあることも見て
いて楽しいですし、色の種類も豊富で賑やかです。昔はポンポン
ダリアとかパッとした色も無かった様に覚えてますが、 随分改良
されているようで目を楽しませてくれます。

EE289.jpg 
EE313.jpg EE321.jpg
「ミッチャン」  (上)
ふくよかに整ったボール咲きの花形に、濃いピンク単色で、名前は
「ミッチャン」 といいます。なんて覚えやすい名前。「なんでミッチャ
ンってつけたのかなあ」 と思いませんか? 私も思いました。生産者
の愛妻、愛娘さん?  お花屋さんに聞くと、なになに・・・・「農協のお
ばちゃんの名前」 からつけたらしい。それが本当なら、なんと素朴で
飾らないことか。ミッチャンという花の華やかさと、名前の由来のギャ
ップに、さらに素敵に見える不思議。 とってもほんわかしますね。
「ダナムミーチャー」  (下左)
花弁一枚一枚が緻密に描かれた太陽が燃えるようなグラデーション
を見せ、日の出前だけれど、庭には既に太陽が上がったような、花
そのものが太陽のように咲き誇ってる感じです。この艶やかな赤の
グラデーションは絶妙で美しいですが日々変化するようです。太陽
の光に照らされて、鮮やかな赤がさらに輝いていました。赤の花っ
て、びっくりするくらいパワーを貰えますよね。
「マルコムズホワイト」  (下右)
雪のように真っ白な巨大ダリア 「マルコムズホワイト」 は、花径30セ
ンチ以上の巨大輪インフォーマルデコラ咲きです。素晴らしい純白
の美しい花姿は常に品評会で入賞するようです。 大きくて、真っ白
で、どっしりとした存在感を感じますが、純白というと花嫁のドレス姿
を思い浮かべます。なのでブライダルブーケにも良く使われるとか。
純白の花びらが、まさに愛を表現していますよね。

EE300.jpg EE301.jpg 
EE285.jpg EE284.jpg
「影ぼうし」  (上)
深い紅色に深爪白の花弁で優雅な花姿をしているのは、インフォ
ーマルデコラ咲きの影ぼうしもやっぱり綺麗です。厚く盛り上がる豊
満な花容は見事で、頑丈なステムに露芯せず花持ちが良いのも特
徴のようです。 上に向かって反り上がる花弁に、白から明桃色の流
れるようなグラデーションが美しいですよね。 ダリアはほとんど香ら
ないので、花がいっぱいあっても、あ~香りがしないなぁと不思議な
気分になります。バラの 花ならすごい強いバラの香りに包まれるん
でしょうけど、ダリアは不思議です。

「小さな恋の物語」  (下)
小さく可憐な花を次々と開花させ楽しませてくれる。小輪の多花性
品種で、桃色の花びらをした 「小さな恋の物語」。「小さな恋の物語」
とはロマンチックな名前が付いていますね。背が低いことを気にして
いる女の子チッチと、背が高くハンサムなサリーがモテてチッチがや
きもちを焼く。そんな乙女心が理解されずに、届かない淡くせつない
恋心を描いた純愛学園ストーリー。二人の純粋な片思いの物語は、
青春の甘く切ない思い出として多くの人の共感を呼び不朽の名作
です。何より誰もが心の中で眠らせている初恋、片思いだった純粋
だった頃の思い出、胸キュンの切ない気持ちを起こさせてくれる
「小さな恋の物語」。作出者は苦い初恋だったのでしょうかね。(笑)

EE349.jpg 
EE357.jpg EE365.jpg
ダリアは豪華で力強く咲く大輪種から、優雅な中輪種や可憐な小
輪種、シンプルな一重咲きや変化咲きなど品種が非常に多く、大
小さまざまで用途も広く、古くから親しまれてきた花です。存在感
あふれるダリアは、アレンジメントや花束でよく使われる花の1 つ
です。鮮やかな色や印象強いダークな色まで多彩な花びらをもち、
ガーデニングでも人気があるようです。ゆっくりダリアを眺 める時
間はとても心地よく幸せを感じる時です。ネーミングのチカラかも
知れないが、それぞれが持つ、「母」 の偉大なチカラを感じとって、
「母とは何ぞや・・・」 と哲学的世界に思考を及ばせている人もい
るかも知れない。いずれにしても、癒されたり、元気を与えられた
りしていると思う。花は 「まあ~、奇麗! 素敵! ほほほっ・・・・」
だけではないのだろうと思います。

EE295.jpg EE292.jpg 
EE305.jpg EE303.jpg
「砂漠」  (上)
ダリアの名前って、素敵なゴージャスな名前が多いのですが、でも、
なぜ 「砂漠」。不思議で美しい世界 「砂漠」。砂漠というと 「サハラ
砂漠」 を連想する。そのなかで童謡 「月の砂漠」 の歌詞のように夕
日が沈みかかったロマンチックな世界。ラクダの背に揺られ、お姫
さまか王子様になったような気分を味わえる 「メルズーカの砂丘」
があるらしい。薄いピンクの花びらにエンジ色の斑が美しく配された
インフォーマルデコラ咲きのダリアさま。いつのまにか、私はラクダ
の背に乗り遠い国、メルズーカの砂丘にたどり着いたようです。
あ~また、今日も机上の夢のなか・・・。印象に残るダリアでした。

「大銀河」  (下)
大銀河という壮大な名前です。まぶしいくらい鮮やかな黄色と迫力
満点の大きさが見に来た人をひきつけます。直径30センチ前後と、
ダリアの中では最も大きい花を咲かせます。 太陽がくれた季節。
その名の通り、神々しいほどの光を放ち、太陽のような堂々とした
存在感。秋の花が青空に・・・微笑みかけます。心の海原で流した
この涙は、あなたの大きな太陽で乾かせてくれたならとても幸せ
です。 微笑みが落ちてたら拾ってあげてください。フォーマルデ
コラ咲きの微笑んでいるような黄色いダリア。でも、二面性を秘め
た美しい女性の危険な微笑みかも知れませんよ。

EE320.jpg EE319.jpg
EE323.jpg EE312.jpg
「サンタクロース」  (上左)
緋紅色に深爪白、派手な色彩と細弁は陽気なムードをかもしだす
艶やかな花。特に 「サンタクロース」 という名前の品種は、ダリアの
中でも和の趣きがあり、赤と白色のコントラストの強さが魅力ですが、
縁にいくほど白くなる、美しい爪のような模様が人気のようです。
季節的にちょっと早めだと思いますが、そろそろちょうどいい時期
になってきた 「サンタクロース」。赤い服と雪のイメージでしょうか。
「雄和小町」  (上右)
これはダリアらしくないダリア。知らぬ人が見たら、コスモスあたりと
間違えそう。それくらいダリアにも種類があるということですね。花の
直径3センチの極小輪で世界最小のダリアだそうです。秋田の雄和
で改良された花でしょうか。小町の名がついてとっても可愛い花です。
「初化粧」  (下左)
花びらのふちが淡い薄紫色に染まったダリアの名前は 「初化粧」。
初々しい感じが、なるほどなぁと思わせますが、むしろ初めて化粧
をした後の頬が恥じらいで赤く染まった感じにも見受けられます。
桃底白の水蓮咲き。早生品種で、優しく柔らかな花を次々と開花
させるようです。透けるようなピンクが気持ち良く可愛らしいです。
「ポートライトペアビューティ」  (下右)
ポートライトペアビューティーは、長野県で開発された品種です。
オレンジと白色の花びらで、中輪サイズに育つようです。花の縁が
白く美しい爪のように見えるフォーマル・デコラティブ咲きで、切り
花としても利用できるようです。薄いオレンジ色と白の2色咲きが
花容の美しさがより引きたたせます。 これ好きかも・・・・。

EE280.jpg
ダリアは、「華麗」 「優雅」 といったポジティブな花言葉と、「移り気」
「裏切り」 といったネガティブな花言葉をもっています。その優雅な
花姿から、「華麗」 「優美」 といった美しい女性を表す花として親し
まれた反面、フランス革命にまつわる逸話からネガティブな花言葉
がつけられました。ネガティブな意味の花言葉は、ナポレオン1 世
の妻ジョセフィーヌが裏切りにあったことに由来するといわれます。

ジョセフィーヌの庭だけで育てていたダリアの花がとある貴族の女
性に盗まれ、女性は自身の庭でダリアの花を咲かせました。それ
を知ったジョセフィーヌは、それまで愛していたダリアへの興味を
失ってしまったそうです。この話に由来して 「移り気」 や 「裏切り」
という花言葉がつけられました。また、ダリアが流行りはじめた当
時、フランス革命後で情勢の不安な時代だったことから 「不安」
という花言葉が生まれたとされています。

EE296.jpg EE298.jpg
EE308.jpg EE306.jpg
「浮気心」  (上)
この白い花弁が一枚入った品種の名前は 「浮気心」。まず種名を
聞いてドッキリし、花を見てびっくりします。大きな花で白い舌状花
がのぞき、赤と白のコントラストが鮮烈です。(上左) 真っ赤なウソ
の中から白い本心がのぞいている ・・・・ そんな浮気心をこの花に
見立てた命名のセンスに脱帽です。 作出者に拍手を送りたい。
やはり後ろめたさを感じて遠慮して咲いたのだろうか? 一緒に見
ていた老夫婦と浮気話で大笑いして盛り上がりました。今年は浮
気とか不倫の話題ばっかだもんね。「浮気心」 気を付けます。(笑)

「浮気な雨」  (下)
淡い橙色に花弁には赤の絞り模様が入る個性的な大輪咲きの
「浮気な雨」 は、とても魅惑的なダリアです。名前が面白いし綺麗
でしょ。浮気・・・? 雨・・・? どういう事ですか? 浮気性な雨です
か、あっち行ったりこっち行ったり。「今度は向こうで降ってみよう
かな」 みたいな。 名付けた方にお聞きしてみたいです。 しかし、
眺めていて草丈は低めにまとまり、草姿のバランスがとても良い
実に気持ちがよいダリアです。たいそう気に入ってしまいました。

EE311.jpg 
EE318.jpg EE324.jpg
「ポートオータム」  (上)
可愛らしい色味と、丸みを帯びた花びらが何とも可愛いダリアです。
花弁の色味もグラデーションになっていて、カール具合が何とも可
愛くそれでいて儚く、思わず目を奪われてしまいます。美しいフォー
マルデコラを淡いサーモンピンクに染める。色々なダリアを見てきま
したが、私の1 番のお気に入りのダリアになりました。 気付いたら、
こればかり写真を撮っていました。(笑) 間違いなく好きなダリア。
「夢睡蓮」  (下左)
夢見る様な美しさ。夢睡蓮とはよく言ったものです。よく見るとスイレ
ンの花のようです。ピンクから中心の黄色へのグラデーションがきれ
いだわ~と、夢見る様な美しさから名付けられたそうです。 納得の
ネーミングですね。見ている人の心を癒やしてくれる力があります。
このダリアはあまり増えないんだそうです。少し暑さに弱いようです。 
背の高さもあまり伸びない。美人さんはやはり気難しそうですね。 
「アルペンダイヤモンド」  (下右)
秋桜のようなアルペンダイアモンド。名前にふさわしいぴかいちのダ
リアです。すごいね~~~、ほんと光っていて、ダイヤモンドみたい
だワン。コラレット咲きの極小輪で、周辺がピンク、中心に白の小花
弁があります。たくさんのダリアが咲く中、次から次に写真を撮って
いましたが、アルペンダイヤモンドの前で、しばらく留まってしまい
ました。この色合い好みです。ダリアって子供の頃のイメージと変わ
りました。小さくて素晴らしく可愛い、一本すっと咲いていました。

EE352.jpg
冬牡丹のように番傘の下に咲くダリアも風情があって、可愛らしか
ったり、花の形や色ごとの変化も楽しめます。最近のダリアは随分
進化しているのですね。大きさは勿論、咲き方も様々で、ビックリし
ました。その中でも、「浮気心」 とか 「浮気な雨」 はとても目立って
いました。鮮やかな花々を見て楽しみ、名前に込められた物語に
思いを馳せてみるのも楽しいものです。

北原白秋が発表した初の歌集 『桐の花』 に、恋愛中に詠んだ歌
があります。隣家の年上の人妻 ・ 木下俊子と恋に落ちたのでしだ。

君と見て 一期いちごの 別れする時も
   ダリヤは紅し ダリヤは紅し

もう二度と逢うのをやめようと最後の別れ話をしたとき、心の中は
暗く沈鬱なモノクロームの世界のようだったが、外で咲いている
ダリヤの花はその紅さが印象的で、ふたりの恋の焔 (ほむら)
そのままだった、というような情景でしょうか。白秋の歌は、大人
の苦しい恋の歌。 如何にもダリアがぴったりですね。
さすが北原白秋。すごい歌だなあと思います。

EE264.jpg 
EE268.jpg EE266.jpg
苑内には、掲示板が設置されていて、紙と ペンが用意されていて
アンケートの他に、感想を書いたメッセージが貼り出されていました。
(下) それぞれのダイアに対する思いが綴られていました。(下左)
よく見ると外国の方の書き添えが多く見受けられ驚きました。「美しく
咲かせる為に、多くの手間と気持ちが込められていると感じました。
ふらっと立ち寄ったのですが、心が満たされました。ありがとう。」 
花を愛する人には悪人がいないといいますが、優しい心使いが
伝わってきますね。「あなたが好きだったダリアですよ」 一言の
文もありました。なんだか素敵な物語が背景にありそうですね。
ダリアに魅了されて、そこに書かれたメッセージには、心に残る
人生の節目や、思い出、想いがいっぱい詰まっているんですね。

EE263.jpg 
EE388.jpg EE270.jpg
上野東照宮の「大石鳥居」の先に進むと、石灯籠が整然と連なって
います。(下左) その数、なんと200基。すべて国指定重要文化財
です。これらは全国の諸大名が奉納したもので、徳川家康の13 回
忌である寛永5 年 (1628) に藤堂高虎が奉納したものが最も古く、
その他は、東照宮の社殿が完成した慶安4 年 (1651) に奉納され
ています。まるで大名たちが、社殿に向かって整列しているかの
ような印象を受けます。

この石灯篭で特に注目を集めるのは参道のぼたん苑入口左右の
二基の燈籠です。(上) HNK大河ドラマで放映中の 「真田丸」 の
主人公真田信繁の兄、真田信之から寄進されたもので 「真田伊豆
守滋野朝臣信之」 の刻がはっきりと残っています。(下右) 艶や
かなダリアに目を奪われがちですが、風雨に晒され、コケが生えて
いる様子から、時の流れを感じることができ、刻まれている諸大名
を確認していくのも歴史好きには堪らない楽しみのひとつです。

EE332.jpg 
EE338.jpg EE343.jpg
苔むしたところに配置されたダリアも、色や花の様子がさらに強調さ
れるような感じがして素敵でした。(下左) 上野東照宮と聞くと、春と
冬の牡丹の花の展示が開催されるイメージがありましたが、ダリアも
素敵な展示となっていました。私がダリアに恋するのは、花びらが精
巧に並ぶ姿もさることながら、赤や黄やピンクなど鮮やかで艶やかな
色合いです。中には暗赤色のダリアもあるんですね。初めて黒蝶とい
うダリアを見た時は衝撃的でした。輝きのある濃い黒赤色の大輪花で、
相反する黒赤の妖艶な雰囲気もたまらなく、不思議な魅力を放ってい
ました。残念ながら黒蝶にはお目にかからなかったのですが、ダリア
の世界にも目を見張るものがあります。また訪れてみたいと思います。

EE362.jpg
塀の外には五重塔が聳え、さらにぼたん苑に美しさを添えてくれ
ています。 五重塔を背景 に眺めるダリアも絵になります。ダリア
はその色 ・ 形、品種の豊富さにいつも驚かされますが、同時に
それぞれの花に付けられた名前がまた興味深いです。 「なるほど
~」 と納得する名もあれば、「どうして、こんなネーミング!」 と思
える名前もあって、なかなか面白かったです。 でも、どのダリア
も色鮮やかで、本当に美しかったです!

まわりのロマンチックなネーミングに引つぱられた感があります
が、自分なりにダリアに名前を付けながら鑑賞すると、この花の
親御さんになったような不思議な気分になり、特別な気持が湧
いてきます。ほんの少しですが、親が子どもに名前を付ける気
分を味わったような・・・・・神聖な感覚を味わい楽しかったです。





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
08 ⇔ 2017/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する