一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。






いつも訪問して頂きありがとうございます。


「最初のペンギン」

...2016/01/24 08:55...

2016年、新しい年が明けた。
「何となく、今年はよい事あるごとし、元日の朝、
晴れて風なし」。 新年の穏やかな空に、石川啄木の
この歌はよく似合う。借金と病気に苦しんだ啄木だった
が、それだけ新しい年への思いも強かったのだろう。

誰しもが新しい年に希望を託す。
なのに年明け早々、ビックリぽんな出来事が続いた。
北朝鮮の水爆実験にベッキー不倫騒動、廃棄物業者の
不正転売、スキーバスツアー転落事故。「えっ、うそ」 と目を
丸くした。世代を越えた人気グループSMAPの解散騒動。
 破壊でしか見出せない、未来の世界を愛せないよ~。
あの 「紅白」 でSMAPはこう歌っていた。胸中いかがばかり
だったことか。とはいえ世の閉塞感は昨今もなかなか強く、
年明け早々啄木にならって 「今年はよい事あるごとし」 と
希望を持ちたいものです。

先週21日は大寒だった。
これから立春までの一ヶ月が一年で最も寒い時期だ。
年末、スキー場のある温泉郷に出かけた。
今冬初の本格的な積雪と重なって、迎え出た宿の
人が 「やっと本来の風景になりました」 と満面の笑み。
暖冬と思われたが東京にも積雪があり、苦楽ない
交ぜで冬は冬らしいのが自然。「雪がないと気持ち悪い」
と宿の女将がいう。漠とした不気味さは、確かにある。

天気のよい日は朝起きてさんさんと輝く朝日に向かい、
一日の無事を祈り大きく深呼吸をすれば、何やら明るい
希望の兆しがゆらぐ心地になってくる気がします。
つつがなく元気で暮らせることの幸せを秘めながら、
今年は悪いことは 「さる」 年にしたい。

おとそ気分で新年会に突入、そのまま心地よい気分を
満喫して いたらすっかり忘れていました、ブログの事。(笑)
・・・・ と言い訳をして、今年もよろしくお願い申し上げます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

「最初のペンギン」


「朝の空を見上げて、今日という一日が、
      笑顔でいられるように、そっとお願いした~」。

AKBのさわやかな歌声で始まるNHK朝の連続テレビ
小説 「朝が来た」。職場の新年のあいさつで社長が、
この 「朝が来た」 のドラマを話しながら 「最初のペンギン」
という話をされました。

主人公のあささんのモデルは、明治に実在した女性
実業家 ・ 広岡浅子さんという方です。何不自由なく
育ったお嬢様が、たよりない夫の先に嫁ぎ一念発起。
炭鉱、銀行、生命保険会社と次々に事業を起こし成功。
教育の面でも日本初の女子大学設立に尽力した人です。

さて、その朝ドラ。
主人公あさを五大友厚が 「ファースト ・ ペンギン」 と称賛し、
また励ます場面があります。政府官職として横浜に異動と
なった五代でしたが、大阪に戻るために退官してしまいます。
五代は大久保利通から官職に復帰するように説得されますが、
これを固辞します。九州の炭坑へと顔を出した五代友厚は、
彼女のことを 「ファースト ・ ペンギン」 だ、と表現します。

「ファースト ・ ペンギン」 とは、そもそも集団の中で最初に
海に飛び込み安全を証明する勇気ある 「ペンギン」 のこと
だという。 新しいことに挑戦すれば、大きな危険が待って
いるかもしれないが、多大なる利益を手にできる可能性
は増える。ビジネスの世界で 「先行者利益」 について
語る時に使われる言葉だと話されていました。

ペンギンには面白い習性があって、群の中の一羽が海に
飛び込まないとみんな氷上に留まったまま動かないそうです。
どんな危険があるか分からない海の中に最初に飛び込むのは
とても勇気のいることで、餌となる魚がたくさんいるかもしれま
せんが、シャチなどがいて喰われてしまうかもしれません。
そのペンギンの習性が転じて、英語で 「ファースト ・ ペンギン
(First Penguin)」 という と 「リスクを恐れずに勇気を持って
新しいことにチャレンジする人」 のことを言います。

広岡浅子さんについて、ビジネスに限らず女性の生き方
としても、従来の考えにとらわれない、柔軟な生き方を
する点で 「ファース ・ トペンギン」 と言われているようです。
このドラマでは、あささんだけでなく、登場人物が哲学で
いうところの 「生成変化」 をしているのが頼もしく見て
いて気持ちが良いとも話されていました。

我々と違って見どころが違うなあと感心しきりだったが、
主人公あさを五大友厚が 「ファーストペンギン」 と称賛し、
また励ます場面があったことを思い出しました。
それまでとは異なる状況になったら自分の方で変化し
ていく。そこでいつまでも悲観にくれていないで、新しい
幸福を得ようとする姿勢。「生成変化」 する者を励まして
くれるドラマだと思います。

この、ハイリスク ・ ハイリターンの関係は人間の世界にも
言えることで、今まで、誰も足を踏み入れなかった世界に
リスクを恐れず飛び込んでいく開拓者。この時、自分を信じ、
リスクを恐れずに真っ先に足を踏み出した人たちが、今や
世界のトップレベルのアップルやマイクロソフト、グーグル
といった世界的企業を作ったのでしょう。

女性が社会の表舞台に出ることは極めてまれな時代に、
七転び八起きを超える 「九転十起」 を座右の銘とし、次々と
新しい世界に飛び込んでいく彼女は、まさに 「ファースト ・
ペンギン」 だったのですね。私たちも常にチャレンジして
いく精神を持ちたいものです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

   神田神社(神田明神) 2016

BB4337.jpg
良い年にしたい、誰しもがそう願って正月三が日、各地では初詣
客で賑わったようだ。私は毎年、 大混雑の日を避けて、1月末頃
に職場の仲間と明治神宮へお参 りします。一年という筋目をつ
けることで人心を新たにしたい。 今年は 「明神さま」 の名で親し
まれている神田明神へ同僚と出かけてきました。参拝がてら散
策してきましたので紹介します。

BB4291.jpg 
BB4285.jpg BB4288.jpg
神田明神は、JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩5分、湯島聖堂の東側
にあります。本郷通りから見た神田明神の鳥居です。(下左) 以前
に某有名ドラマでも登場したことがあるので、行ってみると 「あ~っ
!」 と思うかもしれません。鳥居の前で一礼して参道を進む人、退
出する人など礼儀正しい若者が多く興味津々でした。礼儀をもって
心穏やかにゆったりと参拝する。古くから多くの人々が訪れてきた
ことを感じさせてくれます。

古来、鳥居は神領とその中でも特に貴重な聖域の入り口に立てら
れ、標縄が掛けられるのが普通でした。神田明神の入口は、都内
では珍しい青銅製の鳥居で皇居の方向、南西に向かって鳥居が
立っています。 「神田明神」 の鳥居は、一番上の横木が反ってい
る 「明神鳥居」 のようです。扁額 (下右) は、建物の内外や門 ・
鳥居などの高い位置に掲出される額、看板であり、書かれてい
る文字はその建物や寺社名であることが多いです。

BB4297.jpg 
「随神門」
大鳥居をくぐり、坂を上っていくと、正面に立派な門が見えます。
それが 「随神門」 です。朱塗りの門は総檜の入母屋造りで、彫刻
が装飾されています。 このような門がある神社は、江戸時代に武
家との関わりが深かった神社に多いようです。 今までに行った中
では、根津神社や日枝神社にもありました。子どもの頃、参拝した
時に、おう、この豪華な宮殿、まるで竜宮城みたいと思ったものです。
竜宮城、行ったことないけど・・・・・。(笑)

普通神社には、参門の中央の足元に30センチぐらいの高さの敷居
があって、それをまたいで神社に入ります。この時に高い敷居をまた
ぐために自然と下を向いて (=頭を下げて) 神社に入る様になって
います。 しかし、ここ神田明神ではバリアフリーの観点から、あえて
敷居が無い参門になっています。ですので、近所にお住まいの方々
は参門を通る時に、ちゃんと一礼してから通る人が多いのです。

BB4301.jpg 
BB4299.jpg BB4300.jpg BB4298.jpg
昭和天皇御即位50年の記念事業として新たに再建された参問。
二層建て、屋根は銅板瓦棒葺。 各所に配した文様は伝統的なテ
ーマをもとにしつつ、オリジナルなデザインを使用。外回りには四神
(朱雀・白虎・青龍・玄武) 、内側には 「因幡の白兎」 など、だいこく
様の神話をモチーフにした彫刻を飾っています。 (下中) 正面に
隨神像を配し、右側に豊磐間戸神、左側には櫛磐間戸神が安置
されています。裏側両サイドには、神馬一対を配しています。

「豊磐間戸神の随身像」 (下左)
随身は背後の神域を守る守護神で、左側の随身像は、御門の神と
されている豊磐間戸神 (とよいわまどのかみ)。悪さをするとすぐに
射られそうです。
「櫛磐間戸神の随身像」 (下右)
右側の随身は、御門の神である櫛磐間戸神 (くしいわまどのかみ)
で、豊磐間戸神と櫛磐間戸神は二神一体。こちらはご年配で、ここ
ぞという時に立ち上がりそうな感じでした。

BB4310.jpg 
BB4275.jpg BB4308.jpg
さて、随神門 (下右) を潜ると本殿前の広場にでます。(上)
参拝前に、左手にあるお決まりの龍がいる 「手水舎」 へ。(下左)
ここの水は人を感知して新鮮な水を出すという優れものだそうです。
頭上には、厄年についての掲示がされていて、数え年なので、これ
を見て気づく人もいるわけです。礼拝の作法に従って清め、濡れた
手は持参したハンカチ・・・・を忘れたことに気付く。冬の自然乾燥は
辛いです。(笑)

龍の口から湧き出る水を柄杓に受け両手と口を浄めて、柄も洗って
柄杓を戻していたら、後から来た着飾った中年婦人が無作法に騒が
しく手を洗い最後には 「この水飲んでいいの」 と仲間に訊いている。
気になったのでお清めの作法を紹介します。まず、右手でひしゃくを
持って半分ほど水をとり、左手にそそぎ清め、次に左手に持ち替えて
右手にかけて清めます。次に口をゆすぐためもう一度右手に柄杓を
持ち替え、左の手のひらに手水を溜めて口に含みます。音を立てず
に口をすすいで清め、水を吐き出し、ひしゃくを立てて残った水で柄
を洗ってもとの場所に伏せて返します。ここで清めをして始めて拝殿
に赴くことができるわけです。ひしゃくに直接口をつけるのは 「杓水」
といい無作法とされます。

BB4311.jpg
「御神殿」
随神門を通って境内に入ると、正面に巨大な銅張り屋根を持つ
御神殿がそびえています。神田明神は、江戸時代には幕府に
より社殿が造営され、江戸の守護神 「江戸総鎮守」 として篤い
崇敬を集めました。

神田明神は、約1300年の歴史を持つ江戸東京の神社の中で
最も古い神社のひとつです。はじめは現在の千代田区大手町の
将門塚周辺に鎮座していました。 その後、延慶2年 (1309) に
平将門公を祭神としてお祀りしました。 慶長8年に、徳川家康公
が江戸に幕府を開き、江戸城を拡張する際、社地を江戸城から
表鬼門の位置にあたる現在の地に遷し、造営しました。

BB4305.jpg
伝統と創造を併せ持つ、これらの町々を常に見守り続ける明神様。
そんな明神様を慕い敬う参拝者で、境内は毎日賑わいを見せて
います。 しかし、平将門を祭神に祀る神田明神へ参拝してから
成田山新勝寺に参拝すると、将門の祟りによって災いを招くと
伝わり、古くからタブー視されいるようです。

神田明神の創建は、奈良時代の730年に、出雲氏族の真神田臣が
出雲大社の祭神でもある大己貴命を祭神として祭ったことに始まる
のだそうです。鎌倉時代に平将門命を祭神に加えたことで、少彦名
命に続いて、三柱の神をまつることとなったようです。ご祭神は、大
己貴命 (おおなむちのみこと) ・ 少彦名命 (すくなひこのみこと) ・
平将門命 (たいらのまさかどのみこと) と、聞き慣れない名前です
が、それぞれ、だいこく様 ・ えびす様 ・ まさかど様の名で親しまれ
ている神様。だいこく様は縁結びの神、えびす様は商売繁昌の神、
まさかど様は除災厄除の神なのです。 国土開発、殖産、医薬・医
療に大きな力を発揮され、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様と
して崇敬されています。なんとも心強い頼もしい神社といえそうです。

BB4312.jpg 
BB4313.jpg BB4314.jpg
毎年30万人以上の初詣客が訪れるという 「神田明神」。
神田明神の呼び名で広く親しまれているが、実は正式名称は神田
神社です。何気に見過ごしているが、言われてみれば扁額も石柱
にも神田神社の文字を見かけます。 地元で明神様として親しまれ
ており、神田 ・ 日本橋 ・ 秋葉原 ・ 大手町など都心108町会の総
氏神様となっています。明神 (みょうじん ) とは、日本神道の神号
の一つだそうです。

神田明神は、日本中に数あるパワースポットの中でも、特に強い
パワーを得られる地として名高い神社です。江戸時代から、庶民に
愛されてきた神社で、中でも縁結びの神様は、男女の縁だけでなく、
商売繁盛の神様でもあることから取引の成功や社運隆盛を願って、
有名企業の社長や会社で参拝する人も大勢い訪れるようです。

BB4316.jpg 
BB4334.jpg BB4335.jpg BB4336.jpg
「鳳凰殿 (ほうおう)」
拝殿左手にある鳳凰殿は、お札やお守りなどの授与品をお渡し
する神札の授与所も兼ねており、初詣の際にはこれだけ窓口が
あっても大混雑となるようです。他に何ヶ所もお守りなど販売す
る場所があります。なんとここには、60種以上のお守りがそろっ
ているとか。

パワースポットとしても有名な神田明神のお守りは、ご利益が高い
と人気です。参拝を終え立ち寄ったのは、お守りを授与してくれる
「鳳凰殿」。「勝守」 (下左の左側) は、取引・勝負・入試などに御
神徳をいただけるそうです。これがあれば、天下分け目の戦いで、
勝利を勝ち取った徳川家康のごとく、大切な取引やプレゼンなど、
難しい仕事にも、果敢に挑めるはず……! 右側は 「IT情報安全
守護」。秋葉原電気街を氏子にもつ、神田明神ならではのお守り
です。思わず笑顔になってしまう、こんなお守りも並んでいました。
黒い 「屹度叶守 (きっとかなうまもり)」。(下中) 右は、カエルのイ
ラストが可愛い 「無事かえる御守り」 と、「んのお守り」。 「んのお守
り」 は、強い運=んに恵まれるようにとの願いが込められていると
のこと。柔軟性のある神田明神ならではのお守りです。
江戸っ子は粋でいいね。

BB4321.jpg
神田は、江戸っ子たちの血を受け継ぐ町々。日本橋は老舗が集まる
江戸の衣食住の文化を伝える町々。秋葉原は世界が注目する最先
端のITの宝庫、またサブカルチャーの街々。丸の内は日本を代表す
る大企業がひしめくビジネスマンの街々。築地は東京人の食を支え
続ける市場。伝統と創造を併せ持つ、これらの町々を常に見守り続
けているのが明神様です。

江戸開府以前に、徳川家康公が石田光成との天下分け目の関が原
の戦いに臨んだ際、神田明神の神職に戦勝祈祷をお願いしたという。
すると見事に勝利し、さらに勝利した日が九月十五日 (現在5月) と
いう神田祭の日にあたったということで、家康公は非常に喜ばれ、江
戸開府以後、神田明神は江戸幕府に厚く崇敬されるようになり 「江戸
総鎮守」 として称えられるようになったそうです。「勝守」 は江戸時代
のそうした出来事にあやかったお守り。 勝負事はもちろんのこと、商
談成立、学業成就の強い味方となってくれます。神田明神は幕府や
江戸庶民から崇敬を受け、現在も都民に親しまれています。

BB4281.jpg 
BB4282.jpg BB4283.jpg
「獅子山」
社殿右側に、岩石を積みあげた築山があります。その一番上には
獅子 (下左) の石像が置かれてあり、その下から渓流に見立てた
水が流れ落ちて、下の方には獅子の子の石像もあります。(下右)
「獅子の子落とし」 の作り物のようです。神田明神は昔から武士が
多く参拝したということですが、「獅子の子落とし」 がそれら信徒に
アッピールしたのでしょうか。

獅子山に乗る石獅子は名工石切藤兵衛が生涯でわずか3つしか
造らなかったものの中の1つと伝えられ、能の出し物 『石橋』 にち
なみ、親獅子が子獅子を谷底に突き落とし、はいあがってきた子を
はじめて我が子とするという内容を造形化したもので、江戸期の石
造物の一つであり、関東大震災により崩壊し子獅子を紛失、今上
天皇陛下ご即位を奉祝し子獅子を新調し新たに 「獅子山」 として
建立されたものだと、子どものころ神田明神を訪れたとき父に教え
てもらった記憶があります。わが子に厳しい試練を与え、その器量
を試すことで一人前に育てることができるということを伝えたかった
のでしょうかね。 「親の甘いは子に毒薬」 の言葉もあります。

BB4225.jpg 
BB4224.jpg BB4223.jpg
「だいこく様尊像」
随神門を潜って左手に大きな大黒さまが迎えてくれます。 石像は、
高さ6.6メートル、重さ約30トンの巨大な 「だいこく像」 です。 七福
神の一人で、普通は頭巾をかぶり、右手に打ち出の小槌を持ち、左
肩に大きな袋を担いで、米俵の上にどっかりと座っています。問題は、
担いでいる袋の中身。一体何が入っているかというと、人間にとって
最も大切な七つの宝物である、七宝が入っています。 七宝とは、物
質的な宝物ではなく、寿命、人望、清麗、威光、愛嬌、大量の意味を
表す七つの精神的宝物の事です。 日本の将来を、見据えているか
のようです。 大勢の人が列をなし参拝待ちでした。(下)

大己貴命 (おおなむちのみこと) が 「だいこく様」 です。
大国主神は、出雲大社に祀られているので有名ですが、国づくりの
神で、国土経営 ・ 夫婦和合 ・ 縁結びの神様として親しまれています。
あの世を守護する神とも言われているようです。インド密教の神様大
黒天は、日本では因幡の白兎神話で知られる神道の神様大国主と
習合し、大きな袋を背負った 「大黒様」 の姿になりました。

BB4221.jpg 
BB4220.jpg BB4222.jpg
「少彦名命 (すくなひこなのみこと) ・ えびす様尊像」
境内の鳳凰殿隣りにご祭神 『えびす様』 のご尊像があります。
えびす様は正式の名前を 「少彦名命」 といいます。青い波間より
イルカやマグロにフグ、ヒラメ等といった海の仲間たちに守られて、
その中に小さく鎮座している珍しい像です。(下左) 少彦名命は、
一寸法師の原型とも言われ、見た目もとっても愛らしいです。

「少彦名命」 は、日本に最初に生まれた神様の一人である高皇産
霊神の子供で、手のひらに乗るほどの小さな姿ながら知恵に優れ、
だいこく様と一緒に国づくりを行った神様です。神話では、木の実
を舟にして海の彼方にある常世から来訪され、小さな姿ながら大き
なだいこく様 (大己貴命) と力を合わせ、この日本という国をお作り
になったため 「国土開発 ・ 事業繁栄」 として仰がれ、病人に医薬
の道を教え、酒造りなど豊かな知恵を人々に授けられた福の神で
もあります。神話のワンシーンを知ることで、神様がより身近に感じ
られますね。

BB4260.jpg BB4258.jpg
BB4259.jpg BB4261.jpg
神田明神は、日本橋の地を発祥とする現在の築地の守護神である
魚河岸神社など社殿を中心に9つの神社に囲まれています。境内
にいくつもの鳥居が並んでいるのも神田明神ならでは光景です。

「三宿稲荷神社 ・ 金刀比羅神社」  (上左)
三宿神社のご祭神は宇迦之御魂神で、江戸時代より神田三河町二
丁目の守護神として信仰されていました。 金刀比羅神社は、かって
は隅田川の船人たちの守護神として信仰され、その後、町の発展と
共に商家、特に飲食業や遊芸を職とする人々の厚い信仰を集めま
した。三宿稲荷神社とともに御鎮座されています。
「祖霊社」  (上右)
神田明神を尊崇なさった氏子 ・ 崇敬者の先祖をお祀りするお社。
「合祀殿」  (下左)
籠祖神社 (猿田彦神、塩土老翁神) をはじめ、神田明神本殿に合
祀されていた八幡神社 (誉田別命) や富士神社 (木花咲く耶姫命)、
天神社 (菅原道真命、柿本人麻呂命)、大鳥神社 (日本武尊)、天
祖神社 (天照大御神)、諏訪神社 (建御名方神) を合祀しています。
「末廣稲荷神社」  (下右)
宇迦之御魂神、級長戸辺之命、級長津彦之命を祀っていた旧社で
元和2年の頃の社で極めて古く、昔から庶民信仰が強かったようです。
末廣稲荷神社の名は他にも多くあるが、分霊社ではなく末広がりの
縁起が良いというものからきていると思われます。

BB4267.jpg BB4264.jpg
BB4266.jpg BB4265.jpg
本殿の脇や裏手には、たくさんの神社があります。ひとつひとつの
神社のエネギーの違いを感じてみるのも、おすすめです。

「水神社 (魚河岸水神社)」  (上左)
境内の一角に、朱漆塗りの小さな神社がありました。近寄ってみると、
「水神」 と書かれた額がかかっていました。江戸時代には、江戸の中
央を流れる神田川が水運、給水の中心でした。その神田川に洪水な
どの災害がないようにと、水神社を設けて祈ったのでしょう。築地魚市
場にも水神社があり、市場に関わる人々の篤い信仰に支えられている。
「江戸神社」  (上右)
江戸最古の地主神として今もなお崇敬され、太田道灌公ら関東の武将
たちも信仰されていたようです。慶長10年に初めて神輿渡御が行われ、
以後 「神田際」 として神輿を据えて神事も行われた。江戸神社の神霊
の千貫神輿を奉安し社殿として正式に鎮座し現在に至っています。
2年に一度の神田祭の時に、江戸神社千貫神輿が宮入しています。
「小舟町八雲神社」  (下左)
この神社は江戸城内吹上御苑より神田神社と共にこの地に遷座された。
小舟町で神輿が渡御されたことから小舟町の天王と称された。江戸全
町域の疫病退散の為、江戸城内 ・ 北奉行所 ・ 日本橋橋上に神輿を
奉安し、祈祷が行われています。
「大伝馬町八雲神社」  (下右)
この神社は江戸時代以前に祀られていたと伝えられ、江戸時代には他
の天王様と共に大変な賑わいの一つで人々の篤いご信仰があったよう
です。東京の風物詩 「べったら市」 も神田神社兼務社日本橋宝田恵比
寿神社で諫鼓会の人々により祭礼伝統文化行事として継承されている。

BB4319.jpg
神社の見どころといえば、江戸三大祭、および日本の三大祭に数
えられる、「神田祭」 もそのひとつ。とくに、神田 ・ 日本橋 ・ 大手町
・ 丸の内 ・ 秋葉原を神輿が巡行する 「神幸祭 (しんこうさい)」 と、
100基もの氏子町神輿が宮入参拝する 「神輿宮入」 が行なわれる
2日間は、多くの人でにぎわいます。本祭のない年も、御輿行脚な
どがなされ、大いに神田の町を活気づけてくれます。 これはぜひ
一度、生で見ておきたいものです。

特に昨年は、江戸時代に徳川幕府によって、神田明神が江戸城の
表鬼門除けに現在の場所に移設され、江戸総鎮守として鎮座して
から丁度400年の節目でした。「遷座400年奉祝の年の神田祭」
として、気合の入れ方が違っていました。

BB4214.jpg 
BB4215.jpg BB4216.jpg
「銭形平次の碑」  (上) 
社殿を右側に回ったところに、捕物帳で有名な銭形平次の石碑が
ありました。平次親分の右手には 「八五郎」 通 称 「がらっ八」 の
小さな碑も建てられています。野村胡堂の原作では、岡っ引の銭
形平次親分は神田明神下お玉ヶ池のほとりに恋女房お静と住み、
日夜江戸市民をおびやかす悪漢どもを取り締まったとされます。
架空の人物にもかかわらず、こうした碑があるのも面白いですね。
「国学発祥の碑」   (下左)   
江戸時代の国学者である荷田春満が、京から江戸に来て初めて
国学の教場を開いたのが、神田神社内の芝崎邸です。有名な赤
穂事件のとき、当時吉良邸に出入りしていた春満が、赤穂浪士た
ちにひそかに情報を提供し討入を助けたというエピソードがある。
「水の年方顕彰碑」  (下右)
江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師。美人画
や歴史風俗画を得意とし、「都の花」 などの挿絵を描き、明治の
新聞挿絵に一生面を開いた。水野年方を顕彰するために弟子に
よって境内に建立したもの。岡倉天心に認められ天心が創立した
日本美術院に審査員として招かれるも43歳の若さで没した。

BB42191.jpg 
BB42171.jpg BB42181.jpg
「小唄塚 ・ 小唄作詞塚」  (上) 
神田明神の祭礼 (神田祭) は江戸っ子自慢で、小唄の中に多く
取り入れられ、“粋” と “いなせ” の象徴である。この情景を小
唄の作曲に取り込んだ大正・昭和の吉田草紙庵を顕彰し、小唄
塚が建立されました。その後に小唄塚の隣りに、小唄作詞塚が
建立され、曲と詩の両方を顕彰するようになりました。いまどき、
小唄をやる人も少なくなり、若い人は、“ 小唄 ” って何? 
チョイと悲しいですね!

「角田竹冷の碑」  (下左)
代言人 (今の弁護士) をつとめるかたわら、俳人としても名の知れ
た人物。尾崎紅葉らとともに秋声会を結成し正岡子規の日本派と
並んで俳句革新運動を展開。「 白うをや はばかりながら 江戸の
水」 という俳人 ・ 角田竹冷の俳句が刻まれています。 お~、懐か
しい~。角田竹冷の句だ~。かつて将軍様も茶の水として召され
た、白うおも泳ぐほどの、江戸の名水じゃ~というような意味です。

「力石」  (下右)
かつて若者達が力試しに用いた大石。力石とは、若者たちが 「力く
らべ」 に使った2~30貫くらいの石のことで全国各地の神社仏閣
などにあったという。神田明神の力石は直径80cm、短径67cm で、
文政5年 (1822) に神田仲町の柴田四郎右衛門が持ち上げたもの
と言われています。江戸の若者たちの生活・娯楽を垣間見られま
すね。文化財に指定されているようです。

BB4236.jpg 
BB4242.jpg BB4239.jpg
「おみくじ」
神田明神といえば、目にも鮮やかな総朱漆塗りの美しい社殿がよ
く知られていますが、見どころはそれだけではありません。神社に
つきものの 「おみくじ」。至る所におみくじが設置されていて、境内
を歩いていると、思わず引きたくなってしまう 「おみくじ」 もあります。

最近は、いろんなおみくじが神社でも見られるようになりましたが、
このおみくじはエンターテイメント性が抜群の 「獅子舞みくじ」。(上)
200円を入れて、4つのボタンを選んで押します。すると、お拍子に
合わせて獅子が踊りだします。そして、ポンとおみくじが出てきます。
内容は特別なものではありませんが、そのロボットの前に来ると、足
を止めてしまいたくなる存在感です。外国人観光客の方などに人気
があって、楽しんでいる姿が境内でも見受けられました。おみくじは
ふつうの方式、みこさんがいて、カシャカシャ振って筒から出た棒の
番号を見て出してくれるものが一般的です。(下左) 「扇子おみくじ」
には興味津々。小さな扇子型のおみくじで、とってもカワイイです。
カワイイ巫女さんに聞いたら、「扇子おみくじ」 の販売は、お正月
だけのようです。 (下右)

BB4244.jpg BB4241.jpg
BB4238.jpg BB4237.jpg
おみくじは、読んだあとは境内の木の枝に結ぶのもアリだが、家に
持って帰って何度も読み返し、自分自身の行動に照らし合わせて
みるのがオススメだという。どうしても納得いかない場合は、後日改
めて! 境内の至る所におみくじを結ぶ箇所がありました。新年らし
くどこも一杯におみくじが結ばれています。(下右) ハート形のオブ
ジェが人気のようです。(上左) 扇子形のおみくじも吊るしてありま
した。小吉には不満足だったのでしょうか。(上右)

私もいわゆる普通のおみくじを引いてみたのであります。
ガラガラ、と8角形の筒を振って・・・「12番」 が出ました!!!!
結果は 「吉」。 「わが心奥までわれのしるべせよ、わが行く道は
われのみぞ知る」。上を見ても下を見てもきりがなく、貧富の差の
あるも当然。金銭的に恵まれずとも心は豊かでありたい。理想の
ない人生は無意味、理想をもち夢におぼれず邁進せよ。さらば
何事も成功する、とのお言葉が。とにかくどの神様からも先走り
がちな性格を心配される私。(笑)

BB4247.jpg 
BB4245.jpg BB4338.jpg
 「絵馬掛」  (上)  「絵馬」 (下)
絵馬は神社やお寺に祈願するとき、あるいは願いが叶ってお礼を
するときに奉納します。かつては本物の馬を奉納したようで、それ
が板に描いた絵に替わって奉納したのが、現在の絵馬の起源と
されています。 江戸時代頃からは現在のような実利的な願いの
ため、絵馬を利用して祈願する風習が広まったようです。困った
時の神頼みとはよく言いますが、神様という存在は尊いものです。
その神様にお願い事をするのですから、自分の意志の強さと、神
様への礼儀。この2つにしっかりと思いを込めて願い事をすると、
きっと神様も聞き届けてくれるのではないでしょうか。

個人で奉納するための絵馬は、関東は五角形 (家型 ) の物が多く、
これはかつて板の上に屋根をつけていた名残だそうです。関西では
四角型が主流だが、京都は横長の板に額縁のように枠を付けたも
のが多く、奈良では縁を黒く塗って枠に見せたものが多いようです。
地方によって絵馬の形も違うんですね。

BB4254.jpg BB4342.jpg 
BB4248.jpg 
BB4343.jpg BB4340.jpg
「痛絵馬」
遷座400年を迎える江戸の総鎮守 ・ 神田明神に 「異変」 が起き
ていました。(笑) こちらの絵馬掛けの一角は、人気アニメの絵馬
があふれています。いわゆる 「痛絵馬」 です。アニメや漫画などの
舞台として登場した神社や寺院を 「聖地巡礼」 の一環として、作品
に登場するキャラクターを描いたり、キャラクターの口癖や語尾を
願い事に絡めたものを痛絵馬というんだそうです。訪れたファンが
痛絵馬を描いて奉納し、それらの痛絵馬を見る目的でさらにファン
が訪れるという二次的な効果が生じ、神社に縁遠かった若い人が、
作品に登場し 「聖地」 となった神田明神にはファンが続々と訪れ
ているんだそうです。それにしても皆さん絵が上手で驚きでした。

アニメ 「ラブライブ!」 (中央) は、神田明神に近い東京・秋葉原
周辺が舞台。廃校の危機を乗り越えようと、9人の女子高校生が
アイドルになる物語で、漫画やゲームでも人気。作品中に神田明
神がたびたび登場し 「聖地」 となっているようです。由緒ある神社
とアニメのコラボに仰天する人もいるでしょうが、この包容力こそが
神田明神のエネルギーの源と考えれば、抵抗感なく受け入れられ
るのではないでしょうか。明神様は私達より実に寛大です。

BB4226.jpg 
BB4228.jpg BB4227.jpg
「天野屋」
神田明神を参拝するなら、是非立ち寄りたいのが甘味処 「天野屋」。
鳥居の横にあり、江戸の庶民に愛された 「明神甘酒」 が飲めるお茶
屋さんです。江戸時代は、アルコールを含まない健康的な飲料として
人気があったそうです。俳句では、夏の季語とされるほど、冷やした
甘酒は夏のエネルギー源としても有名です。寒かったので熱い甘酒
を一杯頂きました。美味しく、ほっと一息落ち着けました。(下右)

天野屋の創業は江戸後期の弘化3年 (1846) で170年近くもの間、
神田明神をお参りする人を迎えてきました。濁酒の製造をはじめた
初代が後に、糀、甘酒、納豆、味噌の製造も兼ねるようになりました。
江戸時代には、神田明神から湯島天神にかけて、糀屋、味噌屋が
十数軒あって天然の地質を利用して、地下6mの糀むろを築き、糀
の製造の盛んな所でした。「明神甘酒」 は人々の評判はつのるばか
りで 「富士山に肩を並べる甘酒屋 」 と句に詠まれるほどでした。
甘酒の他に柴崎納豆と久方味噌も名物です。

BB4333.jpg
この神田明神独特の雰囲気は、昔から神社で守ってきたものと
いうよりは、近代に神田明神に誕生したもののように思われます。
それが、境内の歴史ある文化財とマッチして、多くの人に楽しまれ
ている姿に感銘を受けました。古きよきものを大切にする事を忘れ
ずに、また、現代も進化し続ける事を忘れない神社。 後世に神社
という存在を残すために挑戦し続けている神社だなと思いました。
東京の街を守ってきた神社だからこそ、この場所を残していくこと
を真剣に考えている。そんな印象を受ける神社でした。






未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
08 ⇔ 2017/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する