一ヶ月に2回満月を迎える月を「ブルームーン」という。 そのブルームーンを見ると願い事が叶う・・・・。
      furin_anime09.gif48036.jpg 

              aisatu10_20100424143608.gif 皆さまも楽しい夏休みを!!
               家族サービス&夏休みのため旧盆を挟んで
           8月10日から8月20日 頃まで、このブログをお休み致します。
               どうか、ご了承ください。熱中症にはくれぐれも注意を!

いつも訪問して頂きありがとうございます。


「良い」 と 「悪い」 はお隣同士

...2019/08/04 09:22...

八月 (葉月・はづき) になりました。
葉が紅葉して落ちる月 「葉落月」 から 「葉月」 といわれる
ようになったいう説があります。葉が落ちるのは秋では? 
と思われるかもしれません。旧暦では8月は秋なんですね。

梅雨が明けたとたんに連日の猛暑に閉口します。
異常なほど熱中症に注意のニュースで、8月になった
ばかりなのに、もう早く秋が来てほしいと思うほどです。
今朝も東京は、太陽の本気度が伝わる暑さです。
猛暑が影響してか、激辛のラーメンを食べて、
たっぷり汗を流し、暑さを吹き飛ばそうと知人が
とんでもない事を言い出した。が、無視した。(笑)

ピーポーピーポー、
今日も救急車のサイレンが聞こえます。
熱中症? それともご病気でしょうか、事故でしょうか、
どうぞご無事で!

さて、8月6日は 「広島原爆の日」。そして8月9日は
「長崎原爆の日」 です。更に8月15日は終戦記念日です。

EE179873.jpg EE179870.jpg
広島や長崎に原爆が投下され尊い命が失われ、今もたく
さんの被爆者の人が苦しんでおられます。唯一の被爆国
である日本は、後世に原爆の恐ろしさ悲しさを伝えて行か
ないといけない。そして戦争は二度してはいけないことも。

CC20858[1] CC20871[1]
広島の平和公園にある原爆慰霊碑には、「安らかに眠って
下さい、過ちは繰返しませんから」 と刻んである。多くの犠
牲者で生まれた今の平和を、過去からもらった平和を
未来に繋ぐ為に・・・・・。

八月は 「平和を願う」 日にしたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

「良い」 と 「悪い」 はお隣同士

知り合いの弁護士から伺った話ですが、
揉め事の仲裁で大切なことは、双方の言い分をしっかり
聞いたうえで、「揉め事に対する客観的な意見を言えるか」
ということだそうです。それによると、当事者は自分こそが
正しいと言ってなかなか譲らないものだが、多くの場合
「良い」 「悪い」 の判断は、自分の経験という主観に
基づく判断を客観的な判断と捉え、客観的に見て
自分が正しいと頑張ってしまうという。

しかし、それは主観的客観性を持った意見であり、
客観的な意見とは言い難いことも多いという。
本当の意味での客観的な意見とは、自分の主観を超え、
今の環境や情勢をしっかり再確認したうえで、冷静に
判断されたことに基づく意見、すなわち客観的客観性
を持った意見のことであり、それを、ていねいに説明
できるかどうかが揉め事解消の秘訣だそうです。

同じような話として、江戸時代の曹洞宗の僧、
良寛の詩に次のようなものがあります。
昨日之所是   昨日の是とせしところを
今日亦復非   今日 亦復(また)非とす
今日之所是   今日の是とせしところも
安知非昨非   安 (いず) くんぞ 昨の非にあらざるを知らん
是非無定端   是と非と定端なし

この詩の意味は 「昨日は良いことであったものが、今日には
悪いことになる。今日は良いことであったものも昨日には悪い
ことであったかもしれない。良いも悪いも基準はないものだ」
ということだと思います。つまり、「自分中心に物事を判断して
は駄目ですよ。まわりの状況や周囲の環境の変化をしっかり
把握して、自分の考えを整理することが大切なのですよ」 と
いう教えではないでしょうか。

「相手が自分に怒りをぶつけたり、自分が相手に怒りをぶつけ
ようとした時は、まず、自分に過ちがないか見つめることが
大切ですよ」 ということだと思います。自分中心に物事を
見るのではなく、まず自分のことを見つめなおしてみる。
これが、人間関係を円滑にする最大の秘訣かもしれません。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「アオノリュウゼツラン (青の竜舌蘭)」
  ~30年から50年に一度しか咲かない貴重な花~

EE178826-1.jpg
今、東京で密かに話題になっているのが、「アオノリュウゼツラン
(青の竜舌蘭)」。30年から50年に一度しか咲かない貴重な花と
いう。職場でも話題になっていて、女子社員が撮った写真を見な
がら話が盛り上がるしまつ。 そんな頻度でしか咲かないのなら、
その花を見られるのってもしかして一生に一度あるかどうかくら
いのレベルなのでは・・・・。 これは見に行くべし! ってことで
有楽町へ出掛けた帰りに、花が咲いているという日比谷公園に
立ち寄ってみました。さっそく紹介します。

EE179790-1.jpg 
EE179773-1.jpg EE179769-1.jpg
「日比谷公園」
明治36年 (1903)、日本で初めての洋風公園として開園した日
比谷公園は、東京都千代田区日比谷に位置し、約162㎡に及ぶ
面積を持つ、官公庁や皇居付近のオフィス街の緑のオアシス的
公園です。所管は東京都建設局で、都立の公園で無料です。

この公園は幕末までは、松平肥前守などの屋敷の土地でした。
明治時代に陸軍練兵場となった後、19世紀当時、都市公園の先
進国であったドイツの公園を見本として、15年の歳月を掛けて公
園として作られました。開園時の日本は、日本庭園式の公園が主
流だったため、園内に遊歩道や芝生のあるこの日比谷公園は、
近代的な公園として当時たいへん話題となりました。公園のほぼ
中央を通る遊歩道は、現在、霞が関と繋いでいます。立地から、
子どもの姿が極端に少ないことも、この公園の大きな特徴です。

EE178742-1.jpg 
EE179751-1.jpg EE179766-1.jpg
日比谷公園と言えば、噴水のある広場の方を想像しますが、「アオ
ノリュウゼツラン (青の竜舌蘭)」 が咲いているのは、どうやら第一
花壇のペリカン噴水前のようです。(下)  噴水のある広場の方は、
イベントが行われていて大変な賑わいでしたが、こちらは静かです。

この公園は、園内にいくつか見どころがあり、中でも第一花壇の北
側にある、くるんとした可愛らしい目を持つペリカン噴水は人気です。
園内にあるいくつかの噴水の中でも、両側にこのペリカンを配した
噴水は観る人の足を止める癒しのスポットになっています。確かに、
芝生を背景としたこの二羽のペリカンのくちばしからほとばしる水滴
はインスタ映えも間違いありません。平日の昼間の昼食時にはサラ
リーマン、サラリーウーマンたちで溢れ、あちらこちらがドラマのワン
シーンになりそうです。

EE178828-1.jpg 
EE178813-1.jpg EE178870-1.jpg
まだ、どんな花かも知らない。見つからなかったらどうしよう・・・と
思っていたら・・・・・えっ!? なに、あの妙なかたちをした巨大な
植物は?? 見つからないどころか、遠目に見ても明らかに目立
ってるし、周辺の植物とは一線を画す雰囲気を醸し出しているで
はありませんか。高さは5メートル以上はありそうです。これがあの
「アオノリュウゼツラン」 ですかね。「青の竜舌蘭」 という名前から、
青い花なのかなと思っていたら黄色い花でした。しかも、なんだか
蘭っぽいのかと思ってたけど全然イメージしてたのと違ってました。

     EE179862.jpg 
かなり高いところに、黄色い小さな花がびっしりと咲いていました。
茎はかなり太くてゴツイです。これだけの高さの花を支えているだけ
のことはあります。なんでも30年から50年に一度しか咲かない貴重
な花らしい。何十年かに一度、こんなふうに枝を伸ばして花をつける。
アオノリュウゼツランは、青空にそびえたつように見事でした。

「アオノリュウゼツラン (青の竜舌蘭)」 はメキシコ原産で、リュウゼツ
ラン (竜舌蘭) の葉に黄色い斑が入っていない、灰緑色のキジカクシ
科リュウゼツラン属の多肉植物です。 普段は花を咲かせず、肉厚で
鋭い棘のある大きな葉のみが叢生します。数十年に一度、花茎を出
しその先端から複集散花序を伸ばし何百もの薄黄色の筒型の花を
咲かせ、結実後に枯れてしまいます。

EE178874-1.jpg 
EE178817.jpg EE178878.jpg
何十年かに一度、こんなふうに枝を伸ばして花をつけています。
この枝は五月の初旬からのびはじめ、一日に10センチの割合で
のびつづけ、今では8 メートルもあるそうです。下から順番に開花
していくようです。青空にそびえたつように見事です。(上) 「アオ
ノリュウゼツラン」 の花は、薄黄緑色の花を咲かせ、花の中央か
らは黄色のおしべの葯 (やく) を伸ばします。(下) 花期が過ぎ
ると、上部の花の一部が結実して本体は枯死するようです。植え
たのは三十数年前ということなので、花が咲くまでに30年以上
かかっていることになりますね。何十年もかけて一度だけ花を
咲かせて死んでいくとは、なんてドラマチックな植物でしょう。

EE178827-1.jpg EE179861-1.jpg
EE179315-1.jpg EE179743-1.jpg
アオノリュウゼツランの葉っぱの部分は、巨大なアロエみたいな
感じで、とても肉厚で硬いです。先が鋭く尖り、縁にとげを持つ厚
い多肉質の葉からなる大きなロゼットを形成する。茎は大半の種
では短く太いため、根から直に葉が生えているようにも見えます。
「マスト」 と呼ばれる背の高い花茎が伸び、その先に短い筒状の
花がたくさんつくわけです。葉が竜の舌の形をしていることから日
本では 「竜舌蘭 (龍舌蘭)」 と呼ばれているようです。もし竜とい
うものが実在したら、竜の舌はこんな感じじゃないでしょうかネ。
中国でも龍舌蘭という呼び方はするようですが、「万年蘭」 とか
「世紀樹」 という呼び方もあるようです。

EE179438-2.jpg
反対側にも 「アオノリュウゼツラン」 がありましたが、こちらは通常
の姿のままで何十年も存在感を示しています。でも、花が咲きそう
な気配はありません。(笑) 日比谷公園に 「アオノリュウゼツラン」
が4株あり、このうち1株の茎が5月中旬から伸び始めて成長し、
7月18日頃に花がぼつぼつ咲き始めたという。気候や土壌にもよ
るが一般に成長は遅く、花を咲かせるまでに数十年を要するものも
多いという。100年 (1世紀) に一度開花すると誤認されたことから、
英語では、「century plant (センチュリー・プラント、「世紀の植物」)」
という別名があるようです。 まさに、「世紀の植物」 ですね。

EE179768-1.jpg
後日、再び訪れたら支柱が出来上がっていました。まわりに立っ
ているのは竹の棒で、棒の間に糸を張って花が折れないように
守っているのでしょう。 アオノリュウゼツランって、もっと小さい
愛らしい花かと思いましたが、まるでキリンですね。(笑)

「アオノリュウゼツラン」 は、リュウゼツランの一種で、本来、植物
の基本は葉に斑が入っていない物を指すため、リュウゼツランは
この 「アオノリュウゼツラン」 のことを指すようですが、斑入りの品
種が日本に先に輸入されてしまい、斑入り品種が 「リュウゼツラ
ン」 という名前を先に付けてしまったため、基本種である斑なし
品種があえて 「アオノ」 を前につけた呼び名となったという。
我が国では繊維をとるために輸入されていましたが、メキシコ
ではテキーラなどの蒸留酒の原料として用いられます。

EE179865.jpg 
EE179864.jpg EE179763-1.jpg
数十年をかけ成長したのちに1度だけ花を咲かせ枯れてしまう。
よく見ると下の方の花は枯れ始めています。(下左) ちょうどこの
日、日比谷公園の園長さんがいらっしたので聞いてみました。「花
が咲いた後は、どうなっちゃうのかな?」。花後には、株元から枯
れてしまうというので、子孫を残しているのか質問したところ、子株
が既に育ち始めているとのことです。確かによく見ると、すでに子
株が芽を出していました。(下右) その生命力の強さに驚き。

EE179869.jpg EE179754-1.jpg
EE179331-1.jpg EE179332-1.jpg
ひょろひょろと愛嬌のある木に咲いた花。可愛らしい花が咲き終わ
ると花茎とも枯れてしまうそうで、その前に子株にして子孫を残す
そうです。 一日に何回か花の咲いている場所に来て、園長さん
(上右) は見学に来た方々に説明をしているようです。連日、暑
いのにご苦労さんですね。花は高いところに咲いているので、
どんな花か直接見られる様に落下した花を展示しているという
ので、早速、日比谷公園サービスセンター (上左) の方へ。
花の姿を間近で見ることが出来ましたが、こちらもすでに枯れ
かけていました。(下) 残念!

EE179834-1.jpg 
EE179735-1.jpg EE179759-1.jpg
アオノリュウゼツランは、花が咲き終わると栄養を使い果たし、枯れ
てしまうという。おしべが枯れ始める頃 (下左) には、クリーム色の
めしべが伸び始め、実が成長するようです。白っぽいのが、どうや
らめしべのようです。(下右) 枯れ出し、もうその兆候があらわれて
いるのかも知れません。間もなく30年ぶりの花も見られなくなる。

青空に聳え立つビルは、最近出来た 「日比谷ミッドタウン」 です。
おしゃれなお店を覗きながら、6 階のガーデンテラスから都心なの
に緑豊かな日比谷公園や皇居の森を眺めることができます。その
隣の尖がった塔のあるビルが東京宝塚劇場です。 さらに隣の茶
色いビルは、格式高いあの帝国ホテルです。映画に登場しそうな
立派なその外観は格式に満ち、ハイヤーが次々と止まる正面玄
関の雰囲気には、つい萎縮してしまいそうになります。一度は泊
ってみたい気もしますが、先立つ金がありません。(笑) 

EE178861-1.jpg 
EE179860-1.jpg EE178833-1.jpg
連日の暑さにもかかわらず、入れ替わり立ち代わりにと見学客が
押し寄せていました。「何十年に一度しか咲かないのはどうしてな
のかな?」 「それがよくわかんないのよね。メキシコって国は、暖
かくて乾いたところだから、植物がゆっくり育つのかもしれない。
大人になるまで時間がかかるんじゃないかな?」 。等々、話なが
ら貴重な花を、皆さんは写真に納めていました。ほとんどの方が
ニュースで見て駆けつけたという人ばかり。テレビの影響って、
すごいなと思いますね。「人生で一度だけのチャンスかもしれない。
花も見応えがある」 と喜んでいました。

EE178834-1.jpg
何十年かに一度、ニョキニョキと枝を伸ばし、次々に花を咲かせて
枯れてしまう 「アオノリュウゼツラン」。花の命は短くて・・・・・である。
それにしても、たまたま聞いた話でこんな貴重な花を見ることが出
来て、本当にラッキーでした。またいつの日か、この貴重な黄色
い花を見られる日が来るといいなと思う。

30年に一度咲く花が咲いた夏。次咲くのは、2049年以降か?
30年後、この世界はどうなっているのだろう。平和であってほしい。
私はどうしているのだろう。孫が居たとしたら、同じように写真を撮っ
てみせてくれたら感動しちゃうな・・・・・。数十年に一度しか咲かない
「アオノリュウゼツラン」。その花を見た人は幸せになれるという。





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |


      furin_anime09.gif48036.jpg 

              aisatu10_20100424143608.gif 皆さまも楽しい夏休みを!!
               家族サービス&夏休みのため旧盆を挟んで
           8月10日から8月20日 頃まで、このブログをお休み致します。
               どうか、ご了承ください。熱中症にはくれぐれも注意を!

いつも訪問して頂きありがとうございます。


「唯我独尊」

...2019/07/28 14:05...

昨日、27日は土用の丑の日でした。
昔から一番暑くなる土用の丑の日には、精のつくうなぎ
を食べると良いと言われてます。丑の日に 『う』 の字が
附く物を食べると夏負けしないという風習もあったとされ、
鰻以外には、梅干や瓜などを食する習慣もあったようだ。

EE177295.jpg EE177297.jpg
土用の丑の日の前でしたが、混雑しないうちにと、うなぎ
大好きな上司の誘いで行って参りました。二百年の伝統
をもつ鰻の老舗 「五代目 野田岩 銀座」。店内は先客が
何組かと空いていました。もっとも予約の札が置いてある
席が多かったので満席のようでした。

焼き上がるまで雑談していると、鰻好きらしい外国の方が
隣の席に座りました。軽く解釈すると 「お邪魔します」 ときた。
最近、礼儀正しい外国の方が多い気がします。

待ちに待ったうな重の登場です。堂々たる迫力。蓋を開けた
瞬間、目の前に広がるのはご飯いっぱいに敷き詰められた
見るからに柔らかそうな鰻。その存在感にうっとりしつつも
口に運ぶと、ふっくらとした鰻にほんのり甘いたれが絶妙で、
思わず笑みがこぼれます。あまりの美味しさに箸が止まらず、
アっという間に完食した。

さすが老舗! 野田岩の鰻はやっぱり美味しいです。
貫禄があり至福のひと時でした。鰻を食べたことだし、
この夏も無事に過ごせそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

「唯我独尊」

職場の研修で僧侶の方の講演を聞いたことがある。
この唯我独尊という言葉、一般には、独善的な独りよがり
を多少の皮肉を込めて表現する時に使ったりします。
お釈迦様も生まれて早々凄いことを言うものだなと、
何となく第一印象として感じますが、これは実は
なかなか味わい深い言葉なんだそうです。

日本では古来、和を持って尊しと為す。
という聖徳太子の言葉が示すごとく、社会全体の調和を
重んじる文化を培ってきました。この様な文化の中では、
個の意見や主張はどうしても軽視されがちです。
しかし、人間は社会の構成員であると同時に一個の考え
や感性を持った存在です。自らが社会の構成員であること
を理解し、そのルールの中で行動することが出来るのも、
一個一個の個人が自ら感じ、考え、それを実行することが
出来るからだという。なるほど、個がしっかりと機能してこそ、
全体の社会もうまく動いてゆきます。

釈尊は、生まれてすぐに七歩歩いて 「天上天下唯我独尊」
と言われたと伝えられている。この言葉の意味するところは、
唯だ 「私だけが尊い」 という意味をあらわしているのではない
のです。ふだん私たちは、これこれの財産があるからとか、
名誉や地位があるからといったことによって、自らを他と比べて
立派だと思いこんでしまう。「家柄がいい」 とか、相手よりも自分
の方が知能が優っていると無意識に考えることがあります。

しかし、この釈尊の言葉は、人間は何らかの条件によって尊い
のではなく、人間のいのちの尊さは、能力、学歴、財産、地位、
健康などの有無を超えて、何一つ付加することなきままで、尊い
「私」 を見出すことの大切さを教える言葉であるといいます。

他人は自分と違った感じ方、見方をするものであり、自分が
正しいと思うのと同じ程度に、相手も正しいと思っているの
だと認識すればこそ、話し合いが大切になってくるのです。
人それぞれ個性も違い、役割も異なる。いろいろな個性、
役割が存在を認め合うことで、多様な世の中、豊かな
世の中が生まれます。

自分の力がいかにちっぽけなものか、そのことを知って
はじめて、自分が周囲の多くの人に助けられ、知らない
間にたくさんのご恩を被 (こうむ) っているのだということを、
身にしみて実感できるようになるのです。この世の中で、
みんなそれぞれにお互い自分というのは、かけがえのない
尊い存在であり、かけがいのない尊い命であるということです。
お互いの違いを認め理解し合うことが大切ですね。

「 みんなちがって、みんないい 」


------------------------------------------------------------------------------------------------------

靖国神社 「みたままつり」  2019

EE177676-1.jpg
日本橋へ買い物に付き合っての帰り、三越前から半蔵門線で3駅
目が九段下なので靖国神社へ行くことにしました。 7月13日から
16日まで、東京はお盆です。その期間に行われるのが 「みたま
まつり」 です。若い人がトラブルを起こしたりと、一時、中止もあり
ましたが、ここ数年は本来のように穏やかに開催されています。
「光の祭典」 と呼ぶのにふさわしい東京の夏の風物詩です。

EE177666-4.jpg
東京 ・ 九段下の靖国神社では、終戦後の1947年から、 戦没者を
慰霊する夏祭りとして毎年7月13日~7月16日までのお盆の日に
「みたままつり」 が開催されます。東京のど真ん中で行われる夏祭
りとして 多く の都民に親しまれており、アイドルや若手芸能人が訪
れること でも知られています。 大小3万個を超える奉納提灯が彩
られ、 参道 には例年、阿波踊りや神輿振り、青森ねぶた奉納が
なされ、 約30万人が集う 東京の夏を代表する夏祭りの一つです。
提灯や雪洞の明かりが九段の夜空 を美しく彩る様子は、まさに
圧巻の美しさがありました。

EE177367.jpg 
EE177355.jpg EE177353-1.jpg
まずは拝殿前に出向いて参拝をすませなければ・・・・・と、大鳥居
から長い距離歩くこと700メートル。 やっと拝殿前に辿りつき、丁
寧に二礼二拍一礼し英霊にご挨拶。 英霊への感謝と平和な世の
実現、二度と戦争の悲劇を起こしては ならないと誓います。拝殿
の奥が本殿で、246万6千柱の神霊が 祀られております。本来
の意味に立ち返って、心静かに手を合わ せる人が多かったです。

「靖国神社」  (上) 「神門」 (下左)
靖国神社は、明治2年 (1869)、当時長州藩の医師であった大村
益次郎の案により、戊辰戦争での戦死者を慰霊することを目的に建
立された。東京招魂社が始まりで、明治12年 (1879) に 「靖国神社」
と改称されて今日に至っています。 靖国神社には現在、幕末の嘉永
6年 (1853) 以降、明治維新、戊辰の役 (戦争)、西南の役 (戦争)、
日清戦争、日露戦争、満洲事変、 支那事変、大東亜戦争などの国
難に際して、ひたすら 「国安かれ」 の一念のもと、国を守るために尊
い生命を捧げられた246万6千余柱 の方々の神霊が、身分や勲功、
男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊 (靖国の大神) とし
て斉しくお祀りされています。吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡
慎太郎など教科書に出てくる幕末志士も合祀されています。そして
太平洋戦争のA級戦犯も、 殉難者として祀られているので 「靖国
問題」 として政府閣僚が参拝したなどとマスコミが騒ぐわけです。

EE177408.jpg 
EE177827-1.jpg EE177372-2.jpg
「みたままつり」 の期間中は、みこし振りや青森ねぶた、特別献華
展、各種芸能などの奉納行事が繰り広げられるほか、光に包まれ
た参道で催される盆踊りや、夜店の光景は、昔懐かしい縁日の風
情を今に伝えています。参拝を終えたら黄色い声が聞こえてきた。

「大妻女子大学 ・ 神輿」 (上)
大鳥居から拝殿前までの参道を練り歩く神輿振り。赤い半纏姿は
大妻女子大の神輿振りです。大妻女子大の高張り提灯を先頭に
オールチアリーディングカンパニー、バスケットボール部、バレー
ボール部、ラクロス部の 学生およそ70名が威勢の良い掛け声を
響かせながら神輿を担ぎ、多くの人出でにぎわう靖国神社境内
を練り歩きました。学生さんたちは、とにかく元気。それに結構
可愛い子が大勢いる。例年、楽しみにしている方もいるようです。
みこし振りの奉納後は、拝殿前で感謝状が送られ学生さん笑顔。

「子ども神輿 ・ 山車」  (下)
可愛い子ども神輿もありましたが、注目は山車の奉納。祭りの山
車と云うのは普通は、天孫降臨時に天上界から天照大神の子孫
を地上界に案内した猿田彦大神の人形が鎮座するのですが、
靖国講の三番町の山車にはなんと、東郷平八郎の人形でした。
東郷平八郎は日露戦争で、強国ロシアのバルチック艦隊に極東
の弱小国の日本が勝利した時の日本海軍の司令官です。

EE177346-1.jpg 
EE177834-1.jpg EE177347-1.jpg
「屋台」
近年では祭りに予想を超える人が集まり、露店で狭くなった参道は
危険性が増していること。また、祭りに集まった若者が遅くまで酒を
飲んで騒いだり喧嘩をしたり、周辺にごみを散らかすなど、若い女
性からは 「しつこくナンパされる」 といった声もあったという。 近隣
の住民から苦情も寄せられ、2015年からすべての夜店 ・屋台の
出店は中止となっていました。御創立 150年記念事業の外苑整
備工事などの見通しが立ったため、外苑の大村益次郎銅像周辺
での出店が再開されました。参道の横の広場付近なので、参道は
スムーズでしたが、店の周りは人で大混雑。子ども向けの露店な
ど約50店舗が出店されていました。「祭り」 には露店が付き物。
以前の雰囲気が戻った感じです。若者 のモラルは果たして?

EE177909-1.jpg 
EE177907.jpg EE177908.jpg
「盆踊り」 (上)
夏を先取りして、千代田区民踊連盟主催の盆踊り大会が、参道の
中ほど大村益次郎像周辺で、夕方から開催されています。東京音
頭など、浴衣姿の客や外国の方が見よう見まねで、ぎこちなく踊っ
てました。都内で一番早い盆踊りで、例年、賑やかです。私たちも
2曲ほど踊りの輪に入り楽しみました。エッ! わたすぃ σ(・д・*)
江戸っ子ですから東京音頭は子どもの頃から踊ってます。(笑)
♪ ハァ 踊り踊るなら チョイト 東京音頭 ヨイヨイ
            
「奉納行事」 (下)
期間中は能楽堂で、昼夜と各種芸能などの奉納行事が行われます。
古武道や日本舞踊に奇術、民謡 ・ 浪曲など。この時は、奉納演奏合
唱団 ・ 国民歌劇団有志の年配の方たちによる唱歌・寮歌などを合唱
していました。海行かばとか異国の丘など知らない歌ばかりでした。(笑)

EE177305-1.jpg 
EE177307-1.jpg EE177309-1.jpg
神門の中央の二つの扉には、直径1.5㍍の菊花の紋章が取り付け
られています。(上) 七夕飾りは、宮城県護国神社から奉納された
もののようです。七夕の吹き流しが風に揺られて素敵です。(下左)
みたままつりが終わった後は、神門から取り外され、8月上旬に開
催される 「仙台七夕まつり」 に飾られるようです。

靖国神社というと、テレビや新聞の報道のせいでマイナス的なイメー
ジを持っていませんか? しかし、実際に行ってみるととても静かで
心が落ち着く場所です。実はみたままつりは、光の祭典ともいわれ
ますが、若者の間ではナンパ祭りとしても有名だったようです。それ
と芸能人の出没も多く、みたままつりと麻布十番祭りは芸能人の目
撃確率が高いようです。プライベートで遊びに来ている芸能人の方
は、そっとして置いてあげて欲しい気持ち半分、めったに会えない
芸能人を一目みたい気持ち半分と複雑ですね。(笑)

EE177638-1.jpg
参道に入ってまず多くの人たちの目を引くのが黄色い提灯。参道
の両側に、ずらーーっと提灯が飾られていて圧巻です。靖国神社
の正面玄関にあたる大鳥居から拝殿までは、約700m の距離に
明るい黄橙色の提灯がずらりと装飾されています。靖国神社の夜
を彩っていて、なんとも幻想的です。

日が落ちると、遺族らから献灯された提灯が 「英霊のためのみあ
かし」 として点灯され、青いサーチライトに照らされ境内は幻想的
な光に包まれます。提灯の数も半端じゃない。なにせ3万個です。
「昼みたいに明るい」 とまでは言えないが、オシャレなカフェバー
よりは明るい。(笑)  普段とは異なる幻想的な雰囲気です。

EE177681-1.jpg 
EE177646-1.jpg EE177648-1.jpg
この先は、第二鳥居から神門、さらに奥の拝殿は聖域の場所です。
内苑は飲食持ち込み禁止なのです。にも拘らず祭りの雰囲気で、
飲食を持ち込もうとする人が多く、係りの方に注意さrている方の多
いこと。この場所から雰囲気も変 わり厳かになります。外苑と違っ
て、英霊を参拝する方達が一礼してから厳かに進みます。祭りの
雰囲気が一変する場所でもあるのです。

第二鳥居は、明治20年 (1887) に建てられた青銅製の鳥居 とし
ては日本一の大きさを誇ります。 「神門」 は昭和9年 (1934) に
建てられたもので、高さ6メートルの檜作りの門です。奥にある神門
の奉納七夕飾りも立派なものです。(下左) 七夕飾りも夜になると
昼と違って雰囲気が変わります。境内での酒宴も禁止です。

EE177640-2.jpg EE177639-2.jpg
EE177642-1.jpg EE177847-1.jpg
「大型献灯」
みたままつりは、献灯 (みあかし) が靖国神社境内にたくさん掲
げられることから、光の祭典とも言われています。参道の両側は、
「びっしりと」 ちょうちんの壁が設置されています。 三万個とも言
う献灯の洪水をご覧下さい。(上) 御霊よ安らかにの願い を込
めた献灯の数々。この付近の提灯には、著名人・ 芸能人等の
名前の入ったものも多くありました。いつも元首相小泉純一郎氏
の大型献灯もありましたが、最近は息子さんの小泉進次郎さん
の献灯になっていました。時代が変わったのでしょうかね。(下右)

EE177816-1.jpg 
EE177745-1.jpg EE177815-1.jpg
「小型献灯」
みたままつりのシンボル、宵闇に浮かぶ提灯。境内内苑に掲げられ
る約2万灯の 「小型献灯」 は、慰霊 ・ 鎮魂の行事として昭和35 年
(1960) に、遺族・戦友・崇敬者の方々のご奉納によってはじめられ、
今日まで毎年大切に続けられてきました。

御神門をくぐれば、おごそかな雰囲気と静けさが漂います。本殿前に
来ると違った種類の提灯がたくさん並んでいます。「みたままつり」 の
献灯は、英霊への感謝と平和な世の実現を 願って掲げられるもので、
どなたでも申し込むことができます。 一般の方も献灯すれば、名が記
載されます。 ちなみに小型献灯 (1灯) は、3.000円からのようです。
九段の夜空を美しく彩り、「光の祭典」 と呼ぶにふさわしい佇まいを
見せてくれます。

EE177819-1.jpg 
夕刻になると、すべての提灯に明かりが灯り、境内は幻想的な光
に包まれます。数え切れないほどの提灯の明かりが幻想的で人々
は興奮気味。 境内中が光の波また波~、暖かな灯火に目を奪わ
れます。みたままつりが光の祭典と云われる所以です。

ここは独特の雰囲気に包まれています。 掃き清められた境内は、
張り詰めたような雰囲気が漂っていました。 明らかに威圧感にも
似た 「とても強力な何かが存在する気配」 を感じるのです。滅多
に霊的な存在を感じることも無かった自分としては、何とも落ち
着かない、不思議な場所でもあるのです。幕末の志士から先の
大戦までの戦歿者ら246万6千余柱を祀っているのですから。

EE177774-1.jpg 
EE177776-1.jpg EE177773-1.jpg
神社の内苑に掲げられている小型の提燈は、当日その場で申し
込んでも、掲げて貰うことができるようです。参道脇にある小型献
灯案内所で受付中です。また、「みたままつり」 にあわせて、靖國
神社献華協会の方々が拝殿前の華席に生け花を奉納されます。

本殿では毎夜、英霊を慰める祭儀が執り行われます。
この靖國神社には、明治維新のさきがけとなって斃れた坂本竜馬、
吉田松陰、高杉晋作といった歴史的に著名な幕末の志士達をはじ
め、沖縄戦に動員された 「鉄血勤皇隊」 の男子学生や 「ひめゆり
部隊」 の女子学生、従軍看護婦なども含まれ、学童疎開船 「対馬
丸」 の死没者も合祀されているようです。さらには当時は日本国民
だった約5万人の台湾・朝鮮出身の軍人・軍属など、その他、境内
には戦争で使った軍馬や軍犬、軍鳩の慰霊塔もあります。

EE177565-1.jpg 
EE177584-1.jpg EE177843-1.jpg
「懸ぼんぼり ・ 献句ぼんぼり」
みたま祭りと言えば、各界の名士達が書や絵を寄せるこの 「懸ぼ
ん ぼり」 という行燈も名物です。四角い紙製の行燈の外側に墨や
絵の具で書かれたものを内側から照らしだします。 400点ほどが
本殿 敷地内に掲げられて、今年も見ごたえたっぷりでした。著名
人の メッセージやイラスト入りの行燈は、眺めているだけでも面白
です。また著名人の献句・全国から献句され選ばれた預選句など
の 「献句ぼんぼり」 も掲げられています。

EE177599-1.jpg 
EE177528-1.jpg EE177485-1.jpg
「鈴木基水 (書家)」 (下左)
「人を知る者は智、自ら知る者は明なり。人に勝つ者は力あり、自ら
勝つ者は勇なり」。他人のことをよく知っている人は、確かに頭は良
いかもしれないが、自分自身のことを知っている人のほうが、より明
晰である。他人を知ることより自分を知ることのほうがずっと難しい。
また、他人に勝つ人は、確かに力は強いかもしれないが、自分自身
に勝つ人のほうが、より勇敢である。他人に勝つ以上に自分に勝つ
ことのほうがずっと難しく、勇気もいるということです。
「百地章 (法学者)」  (下右)
伴林光平作 「君が代は 巌(いわお)とともに うごかねば くだけて
かへれ 沖つ白浪」。伴林光平は幕末の志士で、この歌は、京都に
て斬刑に処せられる際の辞世の歌とされる。「天皇國日本は巌のよ
うに不動であるから、日本を侵略する國々は沖の白波のように砕け
て帰ってしまへ」 といふ意です。天誅組の烈士たちの熱い祈りと行
動が、王政復古そして維新の原動力となった。天誅組の変は、幕末
に尊皇攘夷派浪士の一団 (天誅組) が決起し、後に幕府軍の討伐
を受けて壊滅された事件の事です。法学者の書は難しいです。(笑)

EE177579-1.jpg 
EE177483-1.jpg EE177479-1.jpg
ぼんぼりを見るとお盆だなぁと思います。中の光から浮かび上がる
絵は何を訴えているのでしょうか。最近は、見かけなくなりましたね。
「井上和彦 (ジャーナリスト)」  (下左)
「感謝」 は、人間関係を円滑にします。哲学者のアイリーン ・ キャディ
氏も 「感謝は、あなたが成長し、広がるのを助けます。感謝は、あなた
の人生に、喜びと笑いをもたらすだけでなく、あなたの周りにいる全て
の人々の人生にも喜びと笑いをもたらします」 と述べています。 本当
の感謝 (感謝力) を身につけることで自分と周囲を幸せにし、成功も
手に入れ、人生を楽しく生きていきたいですね。常に感謝を心がける。

「伊東四朗 (俳優)」 (下右)
「幼き日、母に背負われくぐった靖国の大鳥居。あれから八十年。
そっと手を触れたら、何か話しかけてくれるだろうか」。毎回、心に響く
言葉が綴られています。 「世界中の戦死したその当時の兵士、若者
達の中には、生きていれば本当はものすごい人類の文明に貢献した
人がいっぱいいたはずなんですよ。それが大勢死んでるわけです。
戦争というのは、未来を、自分の未来もつぶすわけです。争いあって
殺し合わなきゃいけないのは悲劇です。だから、私はいま地球上で争
っている場合じゃないと思います。其々のぼんぼりに感銘を受けます。

EE177477-1.jpg 
EE177844-1.jpg EE177845-1.jpg
「石坂浩二 (俳優)」  (上)
「飛鴻雪泥留指爪」 の 「雪泥鴻爪 (せつでいこうそう)」 は、 雪が
溶けた後の、泥の中にできた鴻 (ひしくい) の足跡という意味から、
転じて、跡形もなく消えてしまうこと。とくに、人の行いや世間の出
来事などが、後になって訪ねてもわからなくなっていることをたと
えていうこと。応( まさ) に  飛鴻 (ひこう) の雪泥 (せつでい) を踏
むに似たるべし、雪解けの泥に雁が舞い降りたようなものでしょうか。
「伊藤つかさ (俳優)」 (下左)
「望雲之情 (ぼううんのじょう)」 は、感謝 ・ 思いやりを表す四字熟語。
遠くの地にいる故郷の父母を思う心情のこと。唐の時代、狄仁傑とい
う人物が、大公山に登って、白い雲が流れるのを見て、あの雲の下に
父母がいると語り、長い間たたずんでいた故事から。仲良く寄り添って
歩く老夫婦を見て、父母を思い出し望雲之情があふれてきたって感じ。
「西原理恵子 (漫画家)」 (下右)
NHK朝の連続テレビ小説 「ファイト」 の挿絵を担当したり、『いけちゃん
とぼく』、『女の子ものがたり』、『パーマネント野ばら』 が映画化するなど、
高い評価を得ている一方で、荒い漫画が手抜きに見えて...好きでは
ありませんでしたが、美容整形の高須克弥院長との生活日記は、「ああ、
そうだったんだ」 と面白く読める作品でした。その情熱が、いわゆるバカ
ップルということなのでしょう。今後も連載を続けていただきたいですね。
隣りには西原さんのイラストで、高須院長のぼんぼりもありました。

EE177473-1.jpg EE177467.jpg
EE177481.jpg EE177471-1.jpg
「漫画家 ・ ちばてつや」 の 「奉納ぼんぼり」 は、特攻隊で命を捧げ
た少年マガジンに連載の 「紫電改のタカ」 の主人公、滝城太郎の
絵です。(上左) 自ら編み出した戦法で戦歴をあげていくが、戦い
をきっかけに、憎むべき敵にも家族があり、血も涙も持つ人間で
あることを知っていく。戦争の虚しさ、戦いの哀しさを悟りはじめた。
それを後に伝えることを夢見るが、彼らを待っていたのは特攻隊員
としての出撃命令だった。「おかげさまで日本の国は、今も平和が
続いています。有難うございます」。言葉に重みがありますね。

「わたせせいぞう (イラストレーター)」 と言えば、一世風靡した代表
作 「ハートカクテル」。(上右) シンプルで優しい線と柔らかな色使い。
そして夏。でも暑苦しくない。むしろそれを吹き飛ばす爽快感が、わた
せさんの絵にはあると思います。何でなんでしょうね。「何してんの」
感はあるが、気持ちのいい風が吹いていること請け合いの一枚。
「デヴィ夫人」 絵のタイトルは無かったのですが、 (下左) 結構、人気
で意外と絵も上手でした。(笑) 何を意味しているのか分からずです。 
「漫画家 ・ 松本零士」 のイラスト。(下右)
「命之誠」 は印象的な言葉ですね。松本さんはSF漫画を描く一方で、
戦争を題材にした 『戦場漫画』 と呼ばれるシリーズも描き続けてきま
した。作品に込めていたのはやはり 「命の大切さ」 でした。

EE177321-1.jpg 
EE177325-1.jpg EE177338-1.jpg
「神輿振り」
第一鳥居から拝殿まで神輿が練り歩きました。本来の神輿姿に周り
の参拝者も興奮気味、神門前は人でごったがえしていました。(上)
この後、厳かに神門から本殿前に進み、拝礼が行われました。(下右)
一般の神社は神輿渡御と言いますが、靖国神社の場合は神道の
神様を担いでいる訳ではないので、「神輿振り」 と云うようです。
拝殿前中門鳥居の左端に社頭前掲示板があります。英霊達の
手紙や遺書を提示されています。若き特攻隊員が出撃前に母
に宛てた手紙が表示されていました。読んで落涙。

謹啓 喜んで下さい、この程かねて待望しておりました大命を拝
しました。男子の本懐これに如くはありません。三十年の間、愛
をもって育てていただきまして、厚く御礼申し上げます。自分は
お母さんが本当に喜んでくださっておられると思います。自分は、
お母さんはじめ亡き祖先の志を心とし、心身一切の力を尽くし、
いよいよ奮励努力いたしまして、大東亜戦争完遂の一員として
頑張り抜いてまいります。どうか安心下さい。昭和十八年七月。

EE177728-2.jpg 
EE177719-1.jpg EE177720-1.jpg
以前に比べたら、参拝者が少なかったと思ったら、それなり時間帯
によって参拝者も多かったです。純真にお参りしようという方たちが
お訪れたのだと思います。寧ろ参道がスッキリとしていて清々しい
感じです。本来の 「みたままつり」 の魅力が見えたかもしれません。
ちなみに、みたままつりの 「みたま」 は漢字にすると 「御霊」 と書き
ます。国のために殉された魂を弔うお祭りでもあるということが提灯
からもわかりますが、お祭りの名前自体にもその思いが込められて
いるのです。

EE177438.jpg
「みたま祭り」。華やかさと静寂。賑わいと厳粛さのコントラスト。
おごそかな雰囲気もあり、静けさが漂います。提灯の明かりが幻想
的 で、九段の夜空を美しく彩り、静かに暮れゆきます。 この国を守
るために、尊い命を落とした人がいるからこそ今の平和な日本があ
るのだと思います。お国のために命を捨てる時代が二度と来ない
ように・・・・。ぼんぼりの 「今の平和をありがとう」 が心に残ります。





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |


      furin_anime09.gif48036.jpg 

              aisatu10_20100424143608.gif 皆さまも楽しい夏休みを!!
               家族サービス&夏休みのため旧盆を挟んで
           8月10日から8月20日 頃まで、このブログをお休み致します。
               どうか、ご了承ください。熱中症にはくれぐれも注意を!

いつも訪問して頂きありがとうございます。


「タラントのたとえ話」

...2019/07/21 09:58...

昨日は、大型の台風5号や高気圧沿いの
湿った空気の影響で、長崎県では50年に1度
の記録的大雨となった所があり、五島列島と
対馬に大雨特別警報が発表されていました。

全地域に避難指示とはただ事ではない。
年々増える異常気象に、心配が募るばかりです。
五島列島と対馬の方々は大丈夫だったでしょうか。

それにしても 「京都アニメーション」 の放火殺人事件。
多数の死傷者数となった大惨事に目を覆いたくなる。
異常ともいえるこうした事件、事故が多すぎる。
地球も世の中も病んでいるに違いない。

さて、社交的会話の話題に上げてはならない
ものの中に、「政治」 があるという。人により見解も
信条も異なり、楽しかるべき会話が論争になって
しまうのを防ぐためらしい。我々友人たちとの会話は、
社交になっていないようだ。 このところ話題の落ち
着き先は参議院選のことばかりだ。

消費税率を段階的に10%に引き上げることが
決まったのは平成24年。膨張する社会保障費に
対応するため、当時政権を担っていた民主党と、
自民 ・ 公明両党が合意して決まりました。
10月に現在の8%から10%に引き上げられます。

6年半におよぶ安倍政権の評価が問われた今回の
選挙戦では、年金制度や消費税率引き上げの是非、
それに憲法改正などをめぐり論戦が交わされました。
そして、与党側が安定的な政権基盤を維持できるのか、
それとも、野党側が反転攻勢に向け、勢力を拡大
できるのかが焦点となります。

民主主義の基本は、国民の声を吸い上げ、
国民の信頼に応える政治をする事だと思います。
選挙カーからボリュームいっぱいの 「お願い」 が
聞こえてくるが、この格差社会や不景気な世の中
を何とかしてくれと 「お願い」 したいのは、
こちらの方である。

今日は、その参議院選挙の日だ。
「政治家」 に惑わされずに、
しっかりと見極めての一票でありたい。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

「タラントのたとえ話」

12日、プロボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ
が行われた。見事WBA世界ミドル級王座を奪回した
村田諒太選手が、初めて長男を自らの試合に招待したという。
アマチュア時代に愛息が生まれると、世界選手権で初めて
銀メダルを獲得。長男の成長とともにオリンピック金メダル、
プロでの世界王者と快挙を成し遂げてきた。

先日、職場の休憩時間に村田諒太選手の話が話題になり、
タイトルマッチに臨んだ村田選手が、長男を自身の試合に
初めて招待。息子に宛てた手紙の話を同僚が語っていた。
確かに試合会場で父が戦う姿を初めて生で見た晴道君に、
その将来を励ます温かい手紙を送ったとして、
スポーツ紙がそのような記事を載せていた。

「試合会場で初めてパパのボクシングを観戦して、
どうだったかな? また感想を聞かせてね。」
で、始まるその手紙には、「少し前に話したと思うけれど、
新約聖書の話で 「タラントのたとえ」 の話は覚えているかな?」
と切り出し、「タラントのたとえ」 が綴られていた。
(中略)

「タラントは、持って生まれた人の能力のことだと思うよ。
晴道の爺には優しさのタラントがあるよね。やっぱり
パパはボクシングになるかな。晴道のタラントは何だろう?
パパは今日、タラントをたくさん使ったと思う。これからも
ボクシングを頑張るから、晴道も自分のタラントを
見つけていこうよ・・・・。」 こんな感じだったと思う。

ミッションスクールに通う近所の高校生に聞くと、
比較的有名な聖書のお話で、入学式や卒業式の時に
用いられることが多いと話していた。タラントは通貨の
単位で、英語の 「talent (タレント)」 の語源となって
いる言葉のようで、能力や才能の事をいうらしい。

話の内容は、旅に出た主人が3人の僕 (しもべ) に、
自分の財産をそれぞれの能力に応じて、5タラント、2タラント、
1タラントずつ預ける。5タラント、2タラントを預けられた僕2人
は、それぞれ商売をし、5タラント、2タラントを稼ぎ、財産を
2倍に増やす。一方、1タラントを預かった僕は、失うことを
恐れて地中に埋めてしまう。

旅から戻ってきた主人は、預けた財産を2倍に増やした
僕たちを 「忠実な良い僕だ」 と褒めた。しかし、1タラントを
地中に埋めて何もしなかった僕は 「怠け者の悪い僕だ」
と叱咤し、持っていた1タラントまで、財産を増やした僕に
与えてしまう。このたとえ話を 「神さまは与えられた 『賜物』
を、それぞれどのように使うのかを見ているという話。

私達は、様々な能力や才能を与えられて、
この世に生まれてきます。生まれた時の能力はゼロではなく、
両親の形質を受け継いでいる部分、プラスから出発します。
でも、その内容を知りません。ただ小さな社会である家庭から
更に大きな社会へと成長していく中で、芽が出て育っていきます。
それを使い続けていくと、年を重ねるごとに増え、死ぬまで更に
増えていくと言われています。残念ながら、皆が皆、
強い意志を持っているわけではないので、結果は自ずと
違ってくるかもしれないのです。

たとえ話では、失敗を恐れて何もしなかった僕を叱っています。
それでは、どのように振る舞えば良かったのでしょうか。
恐らく、失敗をしても、もう一度やり直して、信頼に応えよう
とするならば、忠実な僕と呼ばれていたのかもしれません。
  
単純に 「失敗を恐れるな」、「期待に応えなさい」
という教訓話では、狭い解釈になってしまいます。
人生は長いのです。ここは、「失敗しても取り返すことが
出来る」、「そこからでも磨けば、更に多くのものが与えられる」
と解釈した方がよいかも知れませんね。

自分の人生は自分のものです。恐れや不安はあるでしょう。
でも、私達は完全ではなく、不完全な存在なので、失敗は
付き物なのです。でも、その後をどのように生きるかによって、
その後の人生は変わってきます。もっと豊かな人生を
望むならば、今からでも遅くはありません。
自分を更に磨き続けていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

「伝承遊びベンチ」

EE175362.jpg
先週は 「思い出ベンチ」 を紹介しましたが、別の公園で見かけた
のが、ただの椅子ではなく、子供達を楽しませるための工夫を施
している椅子。そして椅子の座る部分に文字や絵を描いている。
そう、座る部分に絵を描いているのは、昔、懐かしい 「伝承遊び」
が描かれているのです。多分、伝承遊びシリーズで作られている
椅子なんだと思います。子どもの頃に遊んだ 「伝承遊び」 を紹介。

EE177221-1.jpg 
EE177202-1.jpg EE177217-1.jpg
ここは何処にでもある街の角の小さな公園です。藤棚が日陰の役
割をしていて、その下に石のテーブルと椅子が設置されています。
丸イスは、ただの白いイスではなく、各々の上には、童謡や昔から
の伝承遊びが描かれていました。(下) そのイスには 「げんこつ
やまのたぬきさん」 等が、かわいいイラストと共に描かれています。

伝承あそびは、昔から受け継がれてきた日本古来の遊びです。
この伝承遊びには、楽しみながら自然と知能が鍛えられる遊びが
たくさんあります。幼稚園や小学校の授業でも、そして友だちと遊ん
だという方もいると思います。「勝ってうれしい はないちもんめ~
からはじまる、お馴染みのわらべうたあそび! メンバーを選んだり、
選ばれたりするドキドキがクセになる?! シンプルながら何度も
繰り返したくなる、昔懐かしいあそび。皆さん、覚えていますか?

EE177212-1.jpg 
伝承遊びのよさには、身体を使った遊びが多くあります。遊びの中
で知らず知らずのうちに、身体能力が鍛えられたり、根気や集中力
が培われたり、バランス感覚が養われたりします。例えば、けん玉
は一見手先だけを使っているようですが、実はひざの屈伸を使い、
全身でバランスを上手くとらなければできません。こま回しも、硬く
ひもを巻きつけたコマを投げて回したり、それを手のひらに乗せた
りするには、じっくり長い時間をかけて取り組まなければいけません。
また、伝承遊びは世代を超えていっしょにできるので、世代間の交
流を図ったり、近隣のお年寄りを招くことで地域の交流を図ったり
することもできます。

EE175379.jpg 
EE175386.jpg EE175369.jpg
「あがりめ さがりめ」
『あがりめ さがりめ (あがり目 さがり目)』 は、作詞 : 水谷まさる、
作曲 : 中山晋平による日本の童謡 ・ 唱歌です。 原曲の歌詞は
「ぐるっと回って猫の目」 だが、現在では 「ぐるっと回ってニャンコ
の目」 と歌われることが多いようです。なお、作曲者の中山晋平の
童謡には 「兎のダンス」 や 「蛙 (かはづ)の夜回り」 のようなピョン
コ節がかなりあり、俗に 「晋平節」 とよばれ親しまれています。

「あがりめ さがりめ」 は手遊びです。
 あがりめ さがりめ
    ぐるっとまわって 猫の目 (ニャンコの目)

 あがりめ (人差し指で目じりを上に上げます)
 さがりめ (人差し指で目じりを下に上げます)
 ぐるっとまわって (目じりを回します)
♪ 猫の (目尻を内側に寄せます)
 目 (目尻を外側に広げます)

「あがりめ さがりめ ぐるっとまわって たぬきのめ」 とか 「あがりめ
さがりめ ぐるっとまわって うちゅうじん」 もありました。子どもたち
は緊張すると表情がかたくなりがちです。緊張しているときにこの
手遊びをして表情を柔らかくしたり、リラックスするのにシンプル
だけど効果がありそうです。全力でやるとウケますよと、保育士が。

EE175384.jpg 
EE175366.jpg EE175360.jpg
「おさらじゃないよ」
ご覧のように 「おさらじゃないよ」 という絵描き歌になっております。
完成するとカッパが描かれますが、事前に完成図を知らなければ、
歌詞だけでカッパの絵を書くのは難しいかもしれませんね。歌詞
は地域によって若干バリエーションがあるかもしれません。

   「おさらじゃないよ」
♪ 「おさらじゃないよ はっぱだよ。
    はっぱじゃないよ かえるだよ。かえるじゃないよ あひるだよ。
       あひるじゃないよ かっぱだよ」。

絵の描き方を歌詞にして、指示通りに描いていくと、自然と絵が完成し
ているといったもの。有名なものとしては 「ぼうが一本あったとさ (俗称
コックさん)」 がある。似た遊びとしては 「へのへのもへじ」 などの歌わ
ずに文字で絵を書く 「文字絵」 もあります。このように絵描き歌で絵を
描き続けると、いろいろな絵をたくさん描けるようになると、自信がつい
てどんどん表現豊かになっていきます。

EE177213-1.jpg
昔の遊びは 「伝承遊び」 とも言われ、こまかなルールが記された
本などがなくとも、人伝えで代々受け継がれてきた遊びのことです。
最近では 「現在の遊びにはない楽しさがある」 と注目されて、この
ような公園の椅子に描いて楽しんで貰おうと言うのでしょうかネ。

そうした昔の遊びは、いくつかの特徴を持っています。ひとつめは、
空き缶や紐など身近にあるものを遊び道具として利用することが
多いという点。ほかにも友達と一緒に遊ぶものがほとんど、という
ことも特徴です。現在の遊びの代表とも言えるゲーム機を使った
遊びは、1人でもできます。しかし昔の遊びの多くは、相手がいて
こそ成り立つものと言えます。子ども同士で会話が生まれ、コミュ
ニケーション能力が自然と身に付くと言い替えることもできそうです。

EE175376.jpg 
EE175375.jpg EE175374.jpg
「げんこつやまのたぬきさん」
この 「げんこつやまのたぬきさん」 は、NHKの 「おかあさんといっ
しょ」 で放送された簡単で楽しい手遊びです。私が子供の時もや
ってたので、ずいぶんと長い間親しまれていますよね。ミルクを飲
むしぐさも抱っこや寝んねも、子どもにとって体験済みのことです
から、表現しやすい。また、よく知っているものを少し発展した形は、
知っている安心感と新しいものへの好奇心を両方もたせてくれます。

 「げんこつやまの たぬきさん おっぱいのんで 
     ねんねして だっこして おんぶして またあした」

♪ げんこつやまのたぬきさん (両手をグーにして、上下を替え
ながら7 回打ち合わせる) おっぱいのんで (両手を口のそば
にもっていき、指を2 回パクパクする) ねんねして (両手の平
を合わせて、左右1 回ずつほおにつける) だっこして (両手を
胸で合わせて、だっこするしぐさをする) おんぶして (両手を後
ろに回して、あかちゃんをおんぶするしぐさをする)  ♪ またあし た
(両手をグーにして、胸の前で上下にぐるぐる回し、じゃんけんをする)

最後にじゃんけんをして、勝った方がおんぶしてもらったり、負け
た方が背負ってみたりするのも面白いと思う。実際に抱っこしたり、
おんぶしたりすると、こどもは喜びます。なにより、「またあした」 
にぴったりな光景が嬉しいですネ。

EE175382.jpg 
EE175368.jpg EE175381.jpg
「おちゃらか ホイ」
「おちゃらか ホイ」 は、二人組みで向かい合って遊ぶ遊び歌です。
まず向かい合って両手をつなぎ、「セッセッセ~の」 で上下に3 回
両手を振って、「ヨイヨイヨイ」 で両手をつないだまま交差させて上
下に3 回両手を振ってから始めます。その後、左手を上に向けて
相手に差出し、「おちゃ」 で自分の左手を、「らか」 で相手の左手
を叩く。これを3 回繰り返します。

おちゃらか おちゃらか おちゃらか ホイの 「ホイ」 で、じゃん
けんをして勝ったほうが 「おちゃらか勝ったよ おちゃらかほい」 と
言いながらバンザイをする。負けた方は 「おちゃらか負けたよ おち
ゃらかほい」 と言いながら両手をついて頭を下げる。あいこの場合
は同時に、「おちゃらかあいこで おちゃらかほい」 と言いながら腰
に両手を当てます。勝ち負けの判定は、じゃんけんの勝敗ではなく、
一連の動作が正確にできたか否かで判断する。相手が失敗する
まで、徐々にスピードを上げながら繰り返していく。

 セッセッセーのヨイヨイヨイ
  おちゃらか おちゃらか おちゃらか ホイ
  おちゃらか かったよ おちゃらか ホイ
  おちゃらか まけたよ おちゃらか ホイ
  おちゃらか あいこで おちゃらか ホイ

EE177294-1.jpg
昔から、遊びにつながるわらべうたは、私たちのまわりには、たく
さんありましたが、今の子には古くさくて喜ばれないと思われるせ
いか、それとも大人自身、すでに手遊びやわらべうたを楽しんだ
経験がない世代がふえているのか、そういう遊びを見かけること
が、めっきり少なくなりました。

手遊び歌の決まり文句の 「せっせっせーの よいよいよい」 は、
手遊び歌 「アルプス一万尺」 や 「おちゃらかほい」 などの最初に
歌う決まり文句。「せっせっせ」 の意味としては 「いっせーのーせ」
などと同じく、これから歌う手遊び歌について相手とリズムを合わ
せる際の掛け声と解釈され、「よいよいよい」 については、これは
「東京音頭」 の 「ヤーットナー ソレヨイヨイヨイ」 や 「木曽節」
の 「ヨイヨイヨイ」 などと同じく、語呂を整えるための囃子詞の
一種と考えられるようです。

EE175378.jpg 
EE177292-2.jpg EE175370.jpg
「かごめ かごめ」
「かーごめ、かごめ」 「後ろの正面だーれ?」。独特のメロディー
と、不思議な歌詞がクセになる、昔から親しまれている伝承あそび。
あそんだ覚えがある人も多いのでは? 幅広い年齢で、少人数~
大人数まで楽しめるこが、この 「かごめ かごめ」 あそび。

 「かごめ かごめ」
「かーごめ かーごめ かごの中の鳥は いついつ出やる 
  夜明けの晩に 鶴と亀がすべった 後ろの正面 だーれ?」

数人で遊ぶ遊びで、じゃんけんをして1人の鬼を決めます。鬼は目を
つむってしゃがみ、鬼以外の人は、鬼を中心にして手をつないで輪
になります。「かごめかごめ」 の歌を歌いながら、鬼の周りを回ります。
歌が終わったところで、鬼が自分の後ろに立っている人の名前を言い
当てます。名前が当たった場合は当てられた人が次の鬼になり、はず
れた場合は鬼が続行します。昔から子供達が 「かごめかごめ」 を歌う
時、みんなで手をつないで輪になったのも、もしかして、大切な何かを
「囲む」 という意識が芽生えた結果なのかもしれません。目隠しされた
鬼を子供たちが 「囲み」、鬼の背後の友達が誰であるかを言い当てる
ことです。それ故、「カゴメ」 という言葉には、大切なものを囲み、それ
をみんなで守るという意味が含まれていたのではないでしょうか。

EE175377.jpg 
EE175371.jpg EE175373.jpg
「なべなべ」
「なべ なべ」 は、「かごめ かごめ」 のように手をつないで輪を作り
ながら遊ぶ子供の遊び歌。二人でも三人でも遊べるが、大人数で
やると雰囲気が変わって、また違った楽しさがある。幼稚園とか小
学生の頃によくやってたわ~という方もいると思います。3人以上
になると体の向きを変えるのに結構ハードル高いけど、また非常
にシンプルで楽しい遊びでした。

 「なべ なべ」
「なべなべ がちゃがちゃ そこがぬけたら かえりましょう」
「なべなべ そこぬけ そこがぬけたら かえりましょう」 

遊び方としては、二人の場合は、向かい合って手をつなぎ、「なべ
なべそこぬけ」 と歌ったあと、「そこがぬけたら かえりましょ」 と
歌いながら、手を放さないように二人同時に反り返り、背中合わせ
の状態で手をつないだままおろす。「かえりましょ」 の意味は、「帰
りましょ」 ではなく、「体が後ろに反り返る」 意味の 「かえりましょ」
を表しています。体育の時間にも休み時間にもやった。授業でや
る時はまずは二人一組でやって一回ごとに近くのグループと合体
して最後はクラス全員で一つの輪になって裏返す。人数が多くな
ると 「そこが抜けたら」 の部分のタメが長くなり楽しかった。

EE177219-1.jpg
子どもの 「意欲」 「興味」 「関心」 「やる気」 などを育てるためには、
日々の生活の中で、お母さんやお父さんが子どもと一体となり、
「発見したり、驚いたり、楽しんだり、疑問に思ったり、考えたりする」
ことが、この時期の子ども達には一番の教育ではないでしょうか。
子どもは、物事への集中力 ・ 粘り強さ ・ 思考力 ・ 記憶力 ・ 社会
性 ・ 生活力・・・・などと、たくさんの力をその中で蓄えていきます。

昔ながらの手遊びは、みんなで声を合わせているだけで楽しい
気持ちになれるもの。手と手を触れ合わせる心地よさも感じられ
ます。ちょっとしたすきまの時間や、子どもが飽きてしまったとき
に、気を紛らわせるのにも役立ちます。また、お手玉を握ったと
きのふんわりした感触や、中身のじゃらじゃらとこすれ合う音は、
なんとも心地よく、懐かしい気持ちになるもの。投げ上げて受け
止めるという単純な動作が、器用さや集中力をはぐくみます。

EE175351.jpg 
EE175365.jpg EE175364.jpg
「茶摘み」
八十八夜というと、子どもの時に習った唱歌 「茶摘」 の 「夏も近づ
く八十八夜~」 という歌詞が、頭をよぎる方も多いのではないでし
ょうか。2人が向かい合って行う、「せっせっせーのよいよいよい」
で始まる手遊び歌としても有名ですが、この手遊びはお茶の葉を
つむ手つきを真似たものとも言われています。年配の方なら一度
はやったことがあるんじゃないでしょうか。今でもできますか?

「茶摘み」
 「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘ぢやないか  あかねだすきにすげの笠」

遊び方は、手遊びの定番、「せっせっせーのよいよいよい♪」 と手を
握り合って軽く振ってから歌を歌います。夏も近づくの歌詞の前に自
分の両手を1回叩き、夏の 「な」 で相手と自分の右手を、続く 「つ」
で自分の両手を叩きます。この動作を左右と繰り返して、八十八夜
の後に2拍子分止まるので、相手と自分の両手をトントンと叩きます。
後は続きの歌を歌いながら一連の流れを繰り返します。手遊び歌
として世代を越えて歌い継がれる数少ない歌ともいえます。

EE175383.jpg 
EE175361.jpg EE175367.jpg
「あんたがたどこさ」
「あんたがたどこさ」 は、熊本市船場地区を舞台とした日本の童歌。
古くは女の子の手まり唄 (まりつき唄) として歌われていました。

「あんたがたどこさ」
♪ あんたがたどこさ 肥後 (ひご) さ 肥後どこさ 熊本さ
   熊本どこさ 船場 (せんば) さ  船場山に 狸がおってさ
   それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ
   それを木の葉でちょいとかぶせ

遊び方は、4拍子のリズムでボールをついて、歌詞の 「さ」 の所で
まりをついた手とまりの間に足を通す。また、最後の 「ちょいとかぶせ」
では、まりをスカートで覆って隠す。まりがスカートから転がり出してし
まったら失敗となる。子供の頃、遊んだ懐かしい遊び。今、自分が親と
なってみて、昔口ずさんだ歌がよみがえる方もいるのではないだろうか。
 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉で ちょいとかぶせ
の 「木の葉でちょいとかぶせ」 たのはウンチでしょうかネ。(笑)
こんな風に遊んでた事を見える形で残して置くと、公園に遊びに来た
時、おばあちゃんなどが子供に遊び方など教えて会話が弾むといい
ですね。このようにしないと、消えてしまうのでしょうかね?

EE175316.jpg
触れ合って人間関係の基礎を学ぶ、それが伝承遊びです。
最近の子どもは、おもちゃやゲーム機などでひとり遊びすることが
多くなりがち。でも、大人や友達と、体を使って遊ぶおもしろさを体
験すれば、すぐに夢中になります。 そしてそのことは、子どもの発
達にとてもよい影響があるのです。遊び歌のように、リズムに合わ
せて一緒に唱えたり、体に触れたりする遊びは、肌のぬくもりや同
調していく心地よさを感じられるものです。そうやって「安心できる」
と感じる体験を重ねることは、人間への信頼感をはぐくみ、子ども
の健やかな成長につながります。「もっと楽しく遊びたい」 と一生
懸命に取り組むことを通して、自然と集中力が育ちます。その力
は、大きくなって、やりたいことに挑戦しようとするとき、必ず役に
立つのだと思います。

EE177220-1.jpg
昔から伝わる遊びながら歌えるわらべうた。歩くのが楽しくて仕方
ない1 歳児が、大人から、「まて、まて」 と追いかけてもらいたがり、
幼児たちがくすぐりっこや鬼ごっこが大好きだったり・・・・・。子ども
たちはもともと、身体と身体をふれあい、声を出し、五感を総動員
して楽しむような遊びが、ごく幼いときから大好きです。
子どもたちにも伝えたい伝承あそびでした。

 勝ってうれしい はないちもんめ
     負けてくやしい はないちもんめ
懐かしい昭和の時代を思い出しました。(笑)

【おまけ】
EE175395.jpg 
EE175392.jpg EE175391.jpg
公園と言えば、昔はすべり台やブランコなどが定番でしたが、最近
は犬の散歩だったり、思い出ベンチだたり、はたまた伝承イスと随
分風変りしてきているようです。私もジョギングでよく利用するので
すが、先日、こんな器具を見かけました。遊具だけではなく、健康
器具が設置されている公園もあるんですね。健康器具とは、遊び
感覚で楽しみながら元気で健やかに生きていくための体力づくり
を目指すための器具の事です。

「腹筋ベンチ」 (上)
腹筋運動はひざを曲げて行うのが正しい姿勢です。このベンチでは、
足掛けと、ひざ上げ用のパイプを利用することによって、正しい腹筋
運動ができるようです。パイプに足をかけて気軽に腹筋ができる。
腹の筋肉が鍛えられるとともに、持久力を養います。またベンチと
して休むことができます。

EE175389.jpg 
EE175390.jpg EE175388.jpg
公園などでよく見かけるストレッチ ・ 健康器具。平行棒やベンチ、
平均台のようなシンプルなものから、「これは、いったいどうやって
使うの?」 と疑問に思えるものまで、大小さまざまな形の器具が
存在するようです。こうした器具は、高齢者などが健康促進のた
めに使用しているイメージが強いかもしれません。しかし、実際
には、使い方によって筋力アップなど、効果的なトレーニングに
も活用できます。

「あん馬ベンチ (足上げベンチ)」 (上)
普通のベンチとあまり変わらないのですが、リング型の肘掛けが
付いたベンチ。ベンチに座って両サイドのバーを握り、両腕の力で
お尻を少し浮かせるように、身体を持ち上げます。腕立て伏せや
足を水平に上げる運動 (体操のあん馬) などを行います。腕を屈
伸して、腹筋・腕力のトレーニングが行えます。定期的に活用すれ
ば、腕や脚の筋肉の強化に効果がありそうです。

EE175396.jpg 
EE175394.jpg EE175393.jpg
この他にも、複数の機能を1台に集約した複合機能系もあるそう
です。いずれも健康器具を見かけたら、適当に使うのではなく、
効果 ・ 安全の両面から、まずは正しい方法を確認して活用する
ことが大事です。近所の公園に、散歩やランニングがてら立ち寄
ることも多いはず。ふと見つけた際に試してみると、思ったより
良い運動になるかもしれません。

「パラレルハンガー」 
懸垂運動やぶら下がり運動ができる高さのバーと、平行棒を組み
合わせた小型ながら、複合機能を備えたぶらさがり系健康器具。
ぶらさがリ、懸垂、足上げ、および平行棒を利用した各種の運動
が可能で、各部のバーをうまく使うことにより運動に幅が出ます。
1人でも気軽に、誰かと一緒ならば楽しく、体力づくりが行えます。
かつて 「ぶら下がり健康器」 が流行りました。家にあったという
方も少なくないですね。いつの間にやら洗濯物がぶら下がって
たりして・・・。(笑)





未分類 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |










CALENDER
07 ⇔ 2019/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AquariumClock 2
プロフィール

Author:takasan
ようこそ!

ちょっとした幸せな風景
あたたかな気持ち 
風船に乗せてとばします
拾ってくれた人の心に
ほんわかと届きますように。

ライブカメラ
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する